2008年02月11日

タイ・ラオスへ 11

タイ・ラオスへ 11

14日、ゲストハウスを後にして、ウドーン・ターニ行きのミニバスが出る場所に着いた。

私は、夏大島を着た。更に、単の紺の大島の、羽織である。
全くの日本人である。
夏大島は、白であるから、目立つ。
ゲストハウスの、清掃のおばさんが、すぐに見つけて、近づき、オー、オーと、声を上げていた。

この地に、着物で来る日本人は、いないだろう。

ミニバスだと、思っていたが、普通の乗用車であった。
お客が、三人であるからだろう。
私たちの他には、黒人のおじさんが一人だった。

Pm3:15に、出発した。
それが、また、早い。スピードを出すのである。
15分程走ると、検問のようなものがあり、車が、止められた。
警官もいる。
女の子といえるような、年齢の子が、何かを運転手に話ている。
運転者が、それに、答えた。
意味は、全く、解らない。
すぐに終わり、再び走り出した。

それが、きっかけで、皆で話合うようになった。
野中が、どうしたんですかと、訊いた。少し、タイ語が解るが、内容まで、解らなかったのである。
運転手が、一ヶ月の給料を、訊かれたと言う。
私が、エッーと、声を上げて、英語で、いくらですかと、尋ねた。
6000バーツだった。約、2万円である。

今度は、黒人の携帯電話が鳴った。
その会話を聞いて、私は、野中に、何語なのだろうと、言うと、フランス語かなーと、言う。そして、私に、訊いてみたら、と言う。
それにしても、フランス語の語感が、感じられない。

私は、英語で、どちらからですか、と尋ねた。
すると、黒人は、コートボワールというではないか。アフリカである。
エッー、私は、声を上げた。

黒人の方は、私に、ジャパンと、訊く。
イエスと言うと、握手を求められた。
英語で、話出した。
日本にも行く、これから、中国に行きますと。
私は、どんな仕事をしているのですか、と、中学二年生程度の英語で、訊く。

彼は、何と、商人である。
中国でも、商売をしていて、色々と見て周り、新しいビジネスを、探していると、言う。
ヘェー、私は、声を上げた。
そして、更に、英語で話し出した。
よく解らないから、野中にバトンタッチである。

半年後に、日本に行くので、私に、電話番号を教えて欲しいと言う。
野中が、すぐに、携帯の電話番号を書いて渡した。

その内に、彼の電話が鳴る。
話の内容から、相手は、女ではないかと思えた。
さらに、また、電話である。
英語や、母国語、色々と、混じる。
続けて、電話が多かった。

今夜は、バンコクに泊まるということが、解った。そして、女と会うことも、解った。
私たちは、日本語で、色々、女いるね、と話した。
中には、家族からではないかと、思える電話もあった。

それにしても、身軽である。
小さな、バッグ一つである。
野中の分析は、要するに、ビップなのだという。ホテルも一流に泊まり、余計な物を、持ち歩かないのだと。
携帯電話は、二つある。

私は、とんでもない人に、会ったのかもしれないと、思えた。

車は、猛スピードで、道路を走る。高速道路並みである。

対向車線の、間にあるスペースには、一定間隔で、国旗と、王旗が、たなびく。
本当に、タイの国は、その、旗を多く見る。
至る所に、掲げてあるのだ。

王室のマークも、覚えてしまった。
王様の、Tシャツを着ている人も、ひと目で解る。
さすがに、ノーン・カーイでは、他の土地より少ないが、着ている人がいた。

私は、国旗と、王旗を見るたびに、いつも、タイ国民の心意気を感じるのだ。
私たちは、タイ国民ですという、意思表示である。

国民の、95パーセントが、国王支持であるから、驚く。

現在の、プーミポン国王は、ラッタンナコーシン朝の第9代の国王である。
ラーマ九世とも、呼ばれる。
2006年六月に、在位60周年を迎えた。
その式典の日に、私は、バンコクにいた。
人々が、皆、国王の黄色のTシャツを着て、バンコクが、黄色に染まっていたことを、思い出す。

空港に着いて、飛行機が、三時間遅れであることを知り、愕然として、空港の中を、ブラブラして、私は、外に出て、タバコをふかし、出入り禁止の扉から、出入りしていた。
警備の男たちと、仲良くなったせいもあり、誰も、咎めないのである。

空港に入るのに、検査があり、出たら、再度、入り口から入るのである。が、私は、出口から、出入りしていた。
タイでは、禁煙政策が取られて、実に厳しい。

一人の、警備の若者に、ユー、ナイスガイ、本日は、バレンタインデーである。沢山、チョコレートを貰うだろうと、話しかけた。相手は、少しだけ、英語が出来るのが幸いした。
それで、色々とやり取りした。すると、警備員が、集ってきた。
兎に角、何でもいいから、話し掛けることである。

こちらから、飛び込んで行けば、相手も、胸襟を開く。特に、タイの人は、優しい。

一人の警備員が、俺は、一人もいない、という。ガールフレンドだ。
悲しいと、涙を流すまねをするので、私が、タバコを一箱上げた。
喜んだ。すると、色々と自分のことを、話す。この付近に住んでいるだの、家族のこと。ありったけの、英語で喋る。
よく解った。

ちなみに、タイでも、バレンタインデーは、お祭りである。
新聞には、この日の、男女間のセックス相談員の記事が載っている程である。

警備員とは、それで、仲良くなり、出口から、出入りして、時間を潰していた。

さて、搭乗時間、一時間前になり、私たちは、待合ロビーに入った。
その前で、検査がある。
ビーと、鳴る。
着物の袖のものを、すべて出す。
ペットボトルは、駄目なはずだが、検査官が、いいよと言う。
ビーと鳴る。
ああ、またかと、思った。
しかし、検査官は、丁寧に、私の体に、棒を当てて、検査した。何でもない。
オッケーである。

私が、特に書きたかったのは、ここからである。
待合ロビーには、テレビが何台か、つけてある。
六時になった。
その時。どこかで、聞いたことのある、メロディーが流れた。
すると、ロビーの雰囲気が、変わったと気づく。
それでも、私は、椅子に腰掛けていた。すると、野中が、私に、起立だよと言う。
はっとして、すぐに、起立した。
見ると、向こうの欧米人も、起立している。
国王の歌が、流れたのである。

ロビーにいた人々が、全員起立した。
国籍、関係なくである。

欧米人たちも、国家意識が強いから、こういう、作法を、当然だと思うだろう。
日本人は、私たち、二人のみである。

もし、ここに、日本の若者がいたら、何のことか、解らない。解っても、関係なと思い、平然として、腰掛ていたかもしれない。そういう、教育が、されないからだ。

タイでは、僧侶と、国王に対しては、特別の敬意を払うのが、当たり前である。
旅人でも、である。

国王に対する、不敬は、国民が許さないだろう。

日本の天皇に対する、作法が、こうでないことが、有り難いし、また、ある意味不幸なことである。国家意識の、希薄である。
国家の意識を持てないでいる、子供たちから、若者である。勿論、今では、中年、老年に至るまで。
ホント、幸せなことである。

国王は、タイの、民主化を推し進めて、象徴たろうとしている。
日本の天皇は、憲法で、象徴である。
タイの国王の歴史は、200年ほどである。日本は、2668年である。
世界に冠たる、天皇の歴史である。

大陸にあり、多くの国との、軋轢等々により、国家意識を、強く持つことで、歴史を作ってきたのである。当然の帰結で、国王を国として、置き換えて、敬意を払う。
真っ当な感覚である。

国家幻想の、一番良い方法なのではないかと、私は、考えている。
軍事政権の将軍より、遥かに良い。
ネパールのように、国民に、退位を迫られた国王もいる。余程、愚かだったのだろう。
国家幻想に、象徴がある方が、安定するのである。

物ではなく、人間が、介在した方が良い。

遅れていた飛行機の時間だが、その時間より、40も早く、機内に入ることが、出来た。
私は、座席に座り、そのまま、寝てしまった。
目覚めると、もうすぐ、バンコクだった。


posted by 天山 at 12:26| H20.02 タイ・ラオスへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

タイ・ラオスへ 12

バンコクの空港で、約、八時間を過ごさなければならない。
何という、接続の悪さか。
しかし、私たちのような人が、大勢いた。

一階のロビーに降りて、そこに荷物を置く。
館内の冷房がきつくて、外に出た。荷物も、持ってである。
ベンチを一つ占領して、そこに、陣取る。

外だと、タバコが吸えるし、暖かい。夕方から夜は、涼しく、実に過ごしやすい。
何度も、眠った。
ベンチで寝るという、経験は、格別である。
旅をしているという、気分が、最高潮に達する。

水がなくなり、上の階に買いに行く。
二階にも、売り場があったので、そこで、7バーツの水を求めた。
すると、40バーツと言われた。
四倍以上の値段になっている。
約、130円である。日本より、高い。

怒りようがない。
しょうがないのである。

野中と、一度、食事に、三階に上がった。矢張り、料金は高い。
丁度、その頃になると、私の腹は、複合的に、食あたり状態になりつつあり、食欲があまりないので、飲み物だけにした。

日本に戻り、その食あたりの状態は、三日続いた。
下痢と、発熱である。一時的に、38度以上の熱も出た。
風邪でも、そんなに熱を出すことは無い。
風邪用の、抗生物質を貰っているので、それを飲む。

帰国の翌日は、コンサートで、歌ったから、私も大したものである。と、自画自賛する。

さて、旅行記の最後に当たり、タイ国王のことを、少し書いておく。

国王は、民主化を進めて、政治的発言を控えているし、極力、関与しないようにとの、行動であるが、政変がある度に、その調停の様が、世界に報道される。
国王の政治的影響力を無視出来ないのが、タイという国柄である。

1993年の、五月の暴虐では、国王の前に跪く、スチンダー首相と、チャムローン反スチンダー派代表の姿が、世界中に、報道された。
流血の事態を、調停した、国王の権威が、示されたのである。

2006年の、反タクシン運動の発生と、クーデターでも、調停役として、国王に注目が、集まった。

実は、これは、新しい伝統なのである。
国王に対する、国民の敬愛と言う、形である。

1932年の、立憲革命は、絶対王政に反対する国民の不満からの、ものである。
その際に、国王、王室の、権威は失墜させられたのである。

しかし、前回書いた、ピブーン首相時代の、ナショナリズムにより、歴代の王に対する、認識が高められた。

歴代の国王の像が、各地に、建設されたのである。

その後、更に、国王に対する、権威高揚が、図られた。
それには、共産主義思想に対する、牽制もあった。

現国王の、プーミポン王は、若い頃から、その政策に、積極的に参加した。
そして、国王一家は、頻繁に、地方行幸を行い、国民の辛苦を見て、慰めと、励ましの言葉を送った。
国王自身、僻地の地域開発に、関心を示し、具体的な、施策を提言した。
更に、国王が、行幸しなかった地域には、新聞、テレビが、国王の動向を伝えた。

現在も、夜八時からは、各局が、王室関係のニュースを流している。
その日の、王族の、公務が、報道されているのである。

こうして、国民の王と王室に対する、敬愛の情を深めての、現状なのである。
新しい伝統と、言える。

立憲革命以後は、基本的に、国王の政治権力は、無いのであるが、どういう訳か、ここ一番という時に、国王の言動が、大きな影響を与えるのである。

それは、国民の信頼ゆえのものだろう。
国王が、善しと言えば、国民も善しとする。否と言えば、国民も、否とするのである。

ただ、国王自身は、政治権力を求めてはいない。
中立的な、存在としてあろうとするのである。
その意思が、国民に見えるというのも、特徴である。
だから、こそ、国民も信頼するのだろうと、私は思っている。

日本の天皇が、国民の祈りの存在でありたいと、仰せられるように、タイ国王も、国民の平和と、幸せを祈る存在でありたとの意思であろう。

国王は、また、熱心な仏教徒でもある。
若い頃の出家の写真が、タイの至るところの、寺院に、飾られてある。
勿論、国王夫妻の写真も、至る所に、掲げられてある。

国政は、タクシン派の政党が、首相を選出した。
その、政策も、タクシンの、政策を継ぐものに、見える。

高齢の国王の存在が、タイの自制心である、とみる。
次の時代を、どのように、拓くのかは、未知であり、それは、世界も同じである。

タイが、好きで、これから、タイでの活動を考えている私には、国王の存在は、実に良き存在である。
私もタイ国民と、共に、国王の長寿を願いたい。

また、日本の高齢者が、これから、益々、タイにお世話になることと、思う。
相互扶助の精神で、タイの人々と、共存出来れば、素晴らしいことであると、思っている。

日本が、苦境に立たされた時に、助けてくれる国の一つであると、私は思っている。

朝、四時に、搭乗手続きである。
何度も、寝たので、元気だった。

一月の、チューク諸島の慰霊から、一週間後のタイの旅である。
矢張り、少し疲れたようである。

飛行機が、飛び立つ前に、私は眠った。
目覚めた時は、機内食の時間だった。
不味い機内食である。辛いだけの、焼き飯である。しかし、残すことなく、食べた。贅沢を言える身分ではない。

ちなみに、アメリカの航空機である。
勿論、格安チケットである。

いずれ、バンコク空港の、顔馴染みになりたいと思っている。

日本の空港まで、足袋を履いているが、その後は、裸足である。
着物姿で、裸足。これは、一度で、覚えられる。

今回は、多くの歌を詠んだが、すべてを載せてはいない。
いずれ何かの機会に、書きたいと思う。

成田に到着して、それ程の寒さを感じなかったのは、ノーン・カーイが、寒かったからであろう。

雪が降ったようだったが、バスが走っているというので、バスにした。

次に、タイに行くのは、六月、チェンマイそして、追悼慰霊は、メーホンソンを計画している。
追悼慰霊と、児童の学習支援である。
残り少ない人生を、何かのために、生きたいと思う。しかし、それは、また、自分のためでもあるのだ。
千年の日本のためにと、大げさなことを言いつつ、我が身のためにしているということである。

尽くしては また戻り我 に賜る 行幸はそれ ただ有り難き

posted by 天山 at 12:27| H20.02 タイ・ラオスへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

タイ・ラオスへ 帰国してから

矢張り、胃腸の調子が、悪く、一週間ほどは、下痢を繰り返した。
帰国した、翌日は、熱も出たほどだ。

あれが、悪かったという、一つの食べ物ではなく、複合的なものだったと、思う。

水で洗った、生野菜、店先で焼いている肉など、そして、スープの水である。暫くの、沸騰だといいが、ある程度の、沸騰だと、菌が殺せない。
腸内細菌の、有り様が、あちらの食べ物に、負けるのだ。

長期滞在だと、それも、しょうがない。
あちらの、菌に慣れるのみ。

ただ、鳥インフルエンザが、人に、そして、人から人にと、新型インフルエンザが、世界的に広がるという、話である。
また、新しい病気が、増えた。

ただ、私は、バリ島や、タイで、放し飼いで、飼っている、鶏などを見ている。その命を、いただいて、命を繋ぐ。そういう、命の、交換の、有り様を見る。
子供たちも、生き物を食べて、生きるという、学びをする。日本には、無い、教育である。

放し飼い 鶏つぶし 食べるのは 命の教育 極まれるなり

生き物を 食べて命を 繋ぐなり それを忘れし 人は愚かと

その鳥から、異常な菌が出るとは、何とも、複雑な思いである。

そして、ラオスのことである。
見ないと、思い、入らなかったが、矢張り、支援をしたいと、次は、直接ラオス入りしょうと思う。
子供服のリサイクルである。

野中が、渡したという、皆々の写真を見て、矢張り、やろうと、決めた。
資金は、何とかなると、思うのみ。

原油高は、貧しい人を、益々、貧しくする。
ノーン・カーイでは、普通の店先に、ウイスキーの瓶に詰めた、ガソリンを売っていた。それも、半分程の量である。
走る分量だけ、入れるのだろう。

ラオスでは、廃車となる車を乗っているという。
さらに、酷い状況である。
車を使う度に、バッテリーに電気を入れるという。

勿論、それぞれの国のことは、その国の、政治の問題であり、関与できないことである。
ただ、言えることは、主義など、どこ吹く風である。
政治家は、支配者層に入り、一人勝ちである。
共産、社会主義も、幹部になれば、良い生活が出来る。
社会体制など、ナンボのものでもない。

兎に角、国民、民が、幸せであること。
広く、富が分配されること、これが、理想である。
しかし、それが、歴史のテーマでもあった。未だに、解決するような、思想は、生まれない。

富を独り占めする者たちとの、戦いである。

生き物の化石の、石油で、溢れるはがりに、金を得ている人々がいる。
ドバイを聞くが、どれほど、持つだろう。
石油の権利を有する者、王だというから、呆れる。

アラブの金持ちに、憧れることはない。

地獄とは、この世のことである。
格差甚だしく、世界の七割が、飢える。

GMP二位の日本が、十二位になった。
貧しいインドも、日本より、長者が多い。

誰も、日本の貧しい子供たちのためにと、世界から、ボランティアに来ることはない。
しかし、インドの貧しい子供たちのためにと、日本人が、ボランティア活動をしている。
矛盾である。

格差といえば、インドの格差は、天文学的格差である。
最も、ヒンドゥーは、金持ちに生まれるのは、前世の行いが良かったからであり、貧しいのは、前世の行いが、悪かったと、単純に考える。
だから、貧しい人を見ても、平然としている。

インド独立の、ガンジーは、立派な人であるが、彼は、また、仏教徒を、最低最悪の、環境に置いた。
カーストにも、入らないという、最悪の身分を得ている。

マザーテレサも、尊敬される、行動を起こしたが、何一つ、インドの考え方に、影響を与えなかった。
キリスト教世界に、大きな影響を与えたが、それならば、詮無いことである。

マザーテレサが、宗教ではなく、人道として、人類愛の行為として、語れば、もう少し、世界に影響を与えた。
神様のために、素晴らしいことをと、言い、逃げてしまった。
キリスト無くして、彼女の行動は無い。

どんな理由であれ、良いことをするのだから、いいのだと言えば、それで、終わりである。

NPOヤクザというものがいる。
善を成しているという、前提の元に、私腹を肥やすという、輩だ。
どんな理由であれ、良いことをするのだから、いいとは言えない。

寄付商売というものがある。
それは、また、乞食商売とも、言う。

説明するまでもない。
私も、その一人である。
その自覚を、持っている。
支援を受けて、行動する。
自分を律する力が必要である。ゆえに、私は、法人を取らない。あくまで、個人活動である。興味があれば、私と、一緒に行動すれば、いいのだ。

私が、何をしているのか、その目で、見ればいい。

何を言うのかではなく、何をしているか、それが、問題である。

ラオスに、野中一人を送り、支援の子供服を、配らせた。
野中が言う。
偽善的行為のように、思えて、本当に、勇気がいたと。
しかし、それをして、皆の顔を見て、偽善的行為でも、何でもいい、皆が、喜んだ。そして、それは、日本の、皆から、貰ったものである。
単に、自分は、橋渡しをしているだけだ。
更に、村の人々が、野中を仲間のように、扱ってくれた。
村を案内された。
友人になった。
私は、それで、いいと、思う。その他に、望むことはない。

布教でも、主義でも、主張でもない。
ただ、友人としての行為である。それで、いい。

偽善か、否かは、私の心一つの、問題である。

ある有名、カトリック作家は、ヤクザからでも、寄付を貰うと、言った。お金は、使い方であると。
あえて、カトリック作家というのは、彼女が、それを望むだろうと、思うからである。

善と偽善の間にあるものは、私一人の心の、問題である。

野中は、以前の自分ならば、鼻で笑った行動であったという。

つまり、多くの人は、鼻で笑うのであろうと、思う。
しかし、やらないより、私は、やるのである。それは、私だからである。

追悼慰霊行為というのは、誰も、理解できない行為である。
つまり、それは、目に見えない世界を扱うからである。
そして、理解されることは、皆無に近い。
そのついでに、私は、支援活動を行うのである。

その程度の行為である。

恥ずかしき その行為でも やらぬより やることを取る それ私ゆえ

中学三年の冬、私は、募金活動をしていた。
突然、その時、顔から、火の出るような、恥ずかしい思いに、とらえられた。
それから、ボランティア活動を止めた。

ただし、頼まれると、引き受けていたが、私が積極的にすることはなかった。

ボランティアは、ラテン語の、ボルンタスという語から出た。
意味は、生きる意味意識である。

その行為は、生きる意味意識を得ることなのである。

それでは、人生、ボルンタスである。
すべてが、それである。

私は、精々、殺されぬ、程度の行動を、心がけて、やることだと、思っている。

勿論、後は野となれ山となれ、野垂れ死にを、希望の人生であるから、どうでも、いいのだが、まあ、その程度だと、言う、つもりである。

それにして、日本は、良い国である。
安心して、水道の水を飲める。
水を飲んで死ぬことがない。

水は、命である。
posted by 天山 at 12:28| H20.02 タイ・ラオスへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。