2010年06月25日

タイ・パタヤの闇 2

夕闇迫る頃、私たちは、昼間会った、足の悪い、女性の元に出掛けた。

彼女は、昼間の場所にいた。
更に、彼女と共に、二組の、親子連れがいた。
皆、カンボジア流民である。

早速、支援物資を出して、皆に、それぞれ、差し上げる。
今回は、女性物と、子供物を、厳選して、持参してきた。
それは、日本から、コータのところに、郵送したものである。

それぞれに、渡して、あなたたちの、友人はと、問うと、南の方向を示すので、そちらに、歩いて行った。

しかし、途中で、止めた。

後の、二泊をそちらにある、ゲストハウに泊まることにしていたので、道を戻り、いつも、支援していた、場所に向かう。

丁度、果物売り場の、広場がある、前の道に、何組か、いるのである。

矢張り、二組の、親子がいた。

早速、支援物資を出す。
少し、大きな子がいた。女の子である。
私は、衣服の他に、その子に、袋に入った、ハンカチを渡した。中を、見せてである。
とても、喜んだ。
そして、私を、じっと見詰める。

人通りが多く、中には、立ち止まり、私たちの行動を見ている人がいる。
一人の男性が、しばらく、見ていた。
私と、目が合うと、微笑んだ。

パタヤにて、このような活動をしている人は、いない。
更に、カンボジア流民に対して、何事かしている人は、いない。

私たちは、彼らが、どのようにして、タイ、パタヤに出て来たのか、知りたいと、思ったが、言葉が分からない。
そして、それが、秘密の事ならば、喋らないだろう。

どのようにして、入国して来たのか。
そして、パタヤの、警察は、何故、黙っているのか。

これは、想像であるが、日本の、ヤクザに似た、組織があり、その組織が、物乞い出稼ぎとして、連れて来ている可能性もある。

一度、タイの女性が、物は、上げてもいいが、お金は、上げない方がいいと、私たちに、アドバイスしたのである。
それが、そんな想像を、もたらした。

普通なら、強制送還される人たちかもしれない。
だが、そこが、タイの緩やかなところである。

適当なところと、言っても、いい。

陸路であるから、入国せずに、入るのかもしれない。

兎に角、それほど、カンボジアの国情が悪いということである。
貧しいのである。

プノンペンに出掛けたのは、今年の一月である。
地方からで出来た人々は、住む場所がないから、路上生活である。

街中は、まだ、何とか救いがあるが、地方に行くと、ど貧乏な生活であろうことは、想像に難くない。

街中でも、多くの孤児たちがいる。

地雷があるから、どこでも、行くことは、出来ないが、私は、地方に、出掛けたいと、思っている。

プノンペンの近郊から、シュムリアップ付近などである。
アンコールワットの遺跡に近い、地方である。
また、タイから、陸路で、入る事が出来る、場所である。

やることは、多々ある。
そのためには、資金が必要だ。
しかし、私は、多く、自腹で行う。

寄付や、支援金を御願いするが、真っ当に、それを、行動したことはない。

何故か。
単に、それが、嫌なのである。
人から、お金を貰ってするということが、嫌なのである。

更に、こういう、活動を始めたら、仕事らしいことは、あまり出来ない。
昔は、占いの原稿を多く書いて、生活していたが、一時期から、全く仕事がなくなった。
それから、そのままにして、仕事を得ることを、しなかった。

また、占い師生活で、仕事をすることも、なくなった。

コンサート活動では、利益を得ない。
だから、大半の、蓄えを、使ってしまった。

今は、全く、お金は、無い。
それなのに、このような、行動をしている。

お金を得るなら、所得税のかからない、お金が欲しい。
それは、限られている。
想像に、任せる。

人様から、お金を貰い、するべき、活動ではないと、思っている。
私が、すべて、私の自由で、行う行為であって、欲しいのだ。

勿論、寄付しますという、人がいれば、頂かないということはない。
だが、こちらから、御願いすることではないと、思うのだ。

何故なら、これは、私の道楽なのである。
であるから、賞賛される行為でもない。



2010年06月26日

タイ・パタヤの闇 3

パタヤに来た、翌日、外出禁止令が、出された。
パタヤの歓楽街も、夜は、十時までの営業となった。

その日暮らしの、体を売る、女や、レディボーイは、死活問題である。

彼らは、夜から朝までが、勝負である。

気の毒にと、私たちは、話し合っていた。

そして、私が寝ると、コータが、街の様子を見に出たようである。
勿論、私は、それを、知らない。
ドアを少し開けて。実に、危険である。
これが、高級ホテルなら、本当に危ないかもしれない。

矢張り、十時に、店が閉まったという。
ところが、歩いていると、閉まっている店から、呼び込みされたという。
つまり、建前は、閉めているが、内実は、営業しているのである。

パタヤでは、何の騒動も、なかった。

さて、私たちは、南のウォーキングストリート近くの、ゲストハウスに移ることにした。

まだ残る、支援物資を持って、ソンテウに乗り、移動した。
兎に角、暑い。

ソンテウを降りて、少し歩くが、汗が噴出す。
コータは、傘を差していた。
私は、面倒なので、そのまま、直射日光である。

市場の前を通り、大きな通りに出て、ようやく、いつもの、ゲストハウである。

皆さんと、顔馴染みである。

400バーツの部屋である。1200円。
とても、綺麗な部屋で、心地よい。
大きなベッドが、一つ。

お客は、日本人は、私たちだけで、黒人も、アラブ人もいた。

汗だくになった、衣服を脱いで、シャワーを浴びる。

そして、しばらく、エアコンで、体を冷やす。
そして、水を買いに出る。

そのついでに、通りにカンボジアの親子がいないかと、確認する。
矢張り、この暑い中、親子が、電話ボックスの陰で、物乞いしていた。

私は、一本のペットボトルの水を、上げて、後で、衣服を持ってくると、身振りで、伝える。
それが、伝わるのだ。

後で、持って行くと、非常に喜んだ。

だが、支援は、これからである。
まだまだ、いるのである。

そして、その人たちは、どこに、陣取るのか、予測がつかない。
また、同じ場所でも、別な親子がいる場合もある。

部屋に戻り、休憩する。
突然、コータが、カレーが食べたいと言う。

それでは、カレーを食べることにしようと、出掛けた。

インドカレーの店に行く。
何度か、行った店である。
非常に愛想が悪い、店である。
だが、味は、いい。

と、その店に行き、今通って来た、道に、もう一軒のインド料理店があると、知る。
それは、大きな勘違いなのであるが、そう思った。思い込んだ。

今日は、こっちに、してみようと、私が言うと、コータも、頷いた。

そして、席に着いて、メニューを見た。
カレー、カレーと、私がいうと、ウエイトレスが、カレーは無いという。
えっ、インド料理でしょう。
インドではないと、言う。
どこ
イラン料理です。
えっ、イラン料理。

だが、一度座って、出るわけにも、いかないと、思いつつ、コータにいうと、一度、食べてみようということになった。

私は、チキン料理で、コータは、牛肉の煮物である。

初めての、体験である。

出てきた。
チキンの、半身である。
そして、米が、タイ米とは違う。
細長い米である。
タイ米も、細長いが、それの倍ある。

そして、その米に、小さな、干しブドウのようなものを、振りかけ、更に、バターを混ぜて食べるのだという。

食べ始めた。
腹が空いていたから、最初は、美味しく感じられたが、徐々に、胸が、一杯になる。

食べても、食べても、減らない。

チキンは、何とか、全部食べたが、ご飯が、もう進まない。
腹いっぱいになってしまった。
コータも、同じく。

残すのは、勿体無いが、もう、駄目だと、二人で、食べるのを、止めた。

こんなものを、食っているんだから、相当、彼らは、タフなんだと、コータが言う。

コータは、おかずも、ご飯も、残した。

私は、夜のご飯を食べなかった。それほど、量が多かった。

ただ、米まで、イランから、運んでいると、思うと、大したものだと、感心したのである。

その夜は、インターネットカフェに行き、書き込みをして、終わった。
腹が、もたれるのである。

その夜も、コータが出掛けた。
今度は、レディボーイの、取材である。
私は、寝た。
今夜は、折角だから、どこかに、飲みに出ようと思うのだが、夜になると、気力が無くなるのである。

更に、夜になって、暑いのである。
今時期が、一番暑いタイである。

ふっと、思う。
旅に出ると、本も読まない、物も書かない。何もしない。
だから、日本にいる時の、あの状態から、抜けて、気分転換をしていると、思う。

それが、癖になったのである。
一挙両得。
慰霊と、支援の旅に出て、それが、気分を一新させ、日本に戻ると、また、猛烈に本を読み、そして、物を書く。

ただし、お金儲けだけは、していない。
不思議だ。

2010年06月27日

タイ・パタヤの闇 4

昼間見つけた、カンボジア流民の親子に、夕方、支援物資を持ってゆこうと、思った。

そして、部屋で、休んだ。
コータも寝た。

私が、目覚めたが、コータが、まだ、寝ている。
コータは、夜起きているものだから、昼間よく寝る。

そこで、私は、一人で、すべての支援物資を持って、出掛けた。
最後の、支援物資である。

その親子のいた場所に行くと、すでに、いない。
矢張り、その時、上げなければ、チャンスを逃す。

暑くて、いられなかったのだろう。

夕方といっても、まだ、暑いのである。

私は、そのまま、ビーチに出た。

すると、目に入ったのは、物乞いのおばあさん、である。
更に、その隣に、親子連れもいる。

だが、カンボジア流民ではない。

皆、タイ人である。

親子連れに、早速、衣服を出した。
子供用である。
男の子が、とても、喜んだ。
すると、次から次と、人が現れた。
支援物資が、欲しい人たちである。

その辺りは、観光客が多く、更に、夜のバーが始まる前の、お姉さんたちも多い。

子供がいるという、女が、来た。
指で、子供の年齢を示すので、その年齢に合った、衣服、ズボンを取り出す。
それが、また、次から次と、現れる。

今までは、そんなことが、なかった。
そこは、ストリートチルドレンがいる、場所である。

女物の、衣服を出てきた。
すると、最初に見たおばあさんが、欲しいと、言う。
子供に渡して貰った。

更に、それを、見ていた、タイの青年に、写真を撮ってもらう。
ストリーチチルドレンも、現れたので、ティーシャツ、ズボンを出す。

あっという間に、支援物資がなくなるのである。

丁度良い、時間帯だったのだ。

写真を撮ってくれた青年に、コープクンカップといって、別れた。
その後で、子供たちも、写真を撮りたいと、言う。
そこで、カメラを渡して、皆で、写真を撮った。

ただし、どのように写っているのは、解らない。
コータが用意していた、カメラで、簡易カメラではない。

お金を欲しがる人もいたが、お金は、上げない。
それをはじめると、終わらなくなるからだ。

すべてを、上げて、ゲストハウスに戻る。

ウォーキングストリートに、入った時、コータが、やって来た。

もう終わったよと、私がいうと、コータは、実に、残念な顔をした。
写真を撮るために、準備していたのだ。

あの親子は、いなかった。
その時じゃあなければ、駄目だ。

起こしてくれれば、いいのにと、コータが言う。
私は、優しいから、そんなこと出来ないんだよと、言う。

本当は、とんでもなく、激しい感情家である。

コータとも、よく、激論する。
周囲の人が、驚くことも、多々あるほど、激論する。

しかし、激論できる相手だから、こそ、一緒に行動できる。
激論が終われば、それまで。

私も、よく、謝るようになった。
つまり、成長した。

ただし、追悼慰霊や、支援物資を、差し上げている時は、決して、そんなことはない。
激論している暇は、無い。

夜である。
パタヤの最後の夜。
それでは、飲みに出掛けるかと、思うものの、体力と、気力が尽きた。

私は、もう、ご飯も、食べないよ・・・

コータは、一人の、レディボーイを見つけて、色々と、話を聞いているようだった。
明日、コータがバンコクへ戻り、私は、もう一日を、パタヤで過ごす予定である。

ということで、コータが出掛けた。
私は、寝る。

翌日、コータが、戻らない。
だが、明日から、授業がはじまるから、今日は、バンコクへ戻らなければならない。

そして、私も、一緒に、バンコクに戻ることにした。

支援物資もなく、きっと、夜になると、体力、気力が尽きて、どこへも、出掛けないだろう。
それでは、パタヤにいる、必要は無い。

コータに、電話した。
私も、バンコクに戻るから、12時までに、帰って、おいで。

30分おきに、バンコク行きの、乗り合いバスが出る。
それで、戻ることにする。
一人、250バーツである。

段々と、賢くなって、タクシーなどは、使わなくなる。

タクシーだと、千バーツ前後の、料金になるのだ。

そして、バンコク騒乱も、終わりを告げていた。
タクシン派の幹部が、投降したという、ニュースである。

60数名の、死者を出した騒乱も、終わった。
タイは、これから、まだ、混乱が続くだろう。

東南アジア、アセアンでは、最も、優秀な国である。
とても、残念だ。
更に、国王は、入院している。

民主化を目指す国王だが、矢張り、タイ国民には、国王からの、メッセージが一番である。

タクシン派と、反タクシン派との、利権を巡る、対立から、更に複雑化した、状況になってしまった。

民主主義というより、日本のように、立憲君主制が、最も、タイには、相応しい。
国に、唯一、無私の人がいるという、誇りは、変え難い。

タクシン派は、その背後に、中華系がいる。
中華系は、その背後に、中国がいるということだ。

中華系の、ゴキブリを、許して置けは、母屋を取られる。
日本も、注意、注意である。

バンコクに、戻り、帰国まで、コータの部屋で過ごすことにした。

コータが、学校に行っている間は、私の勝手な時間である。
スーパーに買い物に行く。
そして、驚く。
日本の食材が多くなった。

刺身セット、寿司セットもある。
更に、日本の、キノコ類である。
どんどんと、日本製品が入ってる。
価格は、少し高いが、日本製は、信頼がある。

通りで、一本、12バーツの、茹でとうきびを買い、一つ10バーツの、果物類を、買う。
スーパーより、安いからだ。

売り子さんたちとも、顔見知りである。
もう、三度目くらいであろうか。
マンションアパートの、従業員とも、顔馴染み。

そこにも、居場所があるような、気持ちになる。

食堂の、不機嫌なおばさんも、私には、微笑む。

そして、帰国の日。
夜、空港に向かう。
朝、3:30から、搭乗手続きがはじまる。

乗ったタクシー運転手が、暴走族上がりのようで、カーチェイスのような、運転に、わくわくする。
そして、メーター料金通り。
私は、50バーツの、チップを渡した。
いかつい、お兄さんは、それで、笑顔になった。

どこにも、人というものがいる。民族対立なんてーーーと、思う。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。