2008年08月28日

性について 28

人間の性の大脳化に関して、書き続けてきた。
まだ、それは、足りないが、またの機会に、それを、書きつつ進める。

さて、もう一つの、性の見方は、進化の過程である。

祖先たちは、地球環境の厳しい中を、種の保存を図るために、様々な繁殖の過程を、経てきている。

例えば、350万年前の、女である、ルーシーは、身長一メートル、体重27キロ、二十歳。
月経の血を垂れ流していたであろう。
衣服をまとい、排卵を隠蔽するようになるには、数百万年を要したはずである。
進化は、緩やかに、行われた。

その、350万年間に、50パーセント、アップするという、進化である。
それは、厳しい冬を、生き残るために、体積を大きくしたといえるのである。
体積が大きければ、体表面積対、体積の比は、小さくなる。
耐熱放射や、放散を小さくすることができる。

そして、厳しい環境で、一番弱いのは、子供である。
そうして、母と子が、生き延びるためには、オスとの、共同生活である。
それも、特定のオスとの、関係が、重要になる。

オスに取り入れられるということは、生存する確率が高くなるということ。
子供が、生まれた後で、特定のオスを、引き止めておく必要を、感じた、メスは、どうするのか。
更に、外敵から、子供と、身を守るために。

食べ物を得るためにも、オスは、必要だった。
メスは、生存するために、オスよりも、試行錯誤を繰り返したというのが、私の考えである。

要するに、メスは、賢いのである。
賢くなければ、生きられなかった。それが、今も、メス、女たちに、遺伝によって、受継がれていると、考える。

女が、アホなら、子供は、育てられないのである。

オスが、狩りに出掛けた時に、他のメスのところに、立ち寄られて、そこに、いついてしまえば、元もこもない。
オスが、戻ってくるためには、今の言葉で、言えば、性的魅力が、なければならないのだ。

媚を売る。
メスは、最初、オスに媚を売ることで、その子供と、我が身を、生存させてきた。

オスとは、メスさえその気なら、いつもで、交尾が出来るという、不思議な、体質になっていた。

他の、動物にはない、性交の欲望である。
何故、そのように、進化したのかを、どんな学者も、言わないのである。

精子は、常時作られている。
いくら交尾をしても、枯れることはない。
何故か。

これが、メスに悲劇になったと、私は言う。

つまり、いつでも、交尾が出来るオスに対処しなければならなくなったのである。
排卵期とは、別に、季節も、問わず、子育て中でも、メスは、オスが、求めれば、それに、応じなければならない。
メスの、不運である。

オスは、いつも、精子をばら撒くチャンスを、狙う。
この生理的欲求を、何故、オスは、身につけるようになったのか。
大脳化である。

サルの場合は、大脳化の発達が、遅れて、オスが、その気でも、メスは、撥ね付けることが出来る。人間だけが、撥ね付けることが、出来なくなった。

大脳化は、進化の過程でも、重要である。

メスが、オスを、常時、受け入れるという事態になると、それに対応した、脳の発達が必要となった。

後で、男の脳と、女の脳の違いについて、検証するが、脳が、巨大化するにつれて、快感という、感覚も、発達したといえる。

単に、生理的欲望を、満足させるというだけではなく、幻想的、欲望というものが、芽生えてきたと、思える。
大脳化、脳の巨大化ゆえである。

更に、進化は、今まで、背面にあった、性器が、前面に移動したということである。
これは、実に、大きな進化である。
性器を、互いに、見ることができるという、状態である。
その、性器を、見るという行為に、人は、オスとメスは、欲望を燃やすことになったといえる。

更にである。
体が、巨大化すると共に、性器も、巨大化してきたのである。

オスは、ペンシルタイプのペニスを支えるために、必要だった、小さな、陰茎骨、バクラムが、消滅する。
それゆえ、ペニスが、膨れるようになったのである。

この過程で、直立二足歩行が、定着し、性器が巨大化して、対面性交が可能になり、単純だった、オーガズムが、複雑に多様化していった。
そして、オスの性感にも、影響が、現れた。というより、性感を、高めていったといえる。

繁殖戦略の、要に、メスがオスを、選ぶことにより、オスとの間に、血縁関係を作るということである。
番、つがい、という関係である。
母と子のように、純粋に、生物的絆で、結ばれてはいないが、子供の父としての、文化的意識の芽生えが、生ずる。

実際は、オスとメスは、他人であるが、子供を通して、血縁という意識と、親という意識、それは、文化的意識であるといえる。それが、芽生えてきた。
ただし、以前、紹介した、トリブリアンド島の、原住民のように、性交と、妊娠出産に、因果関係を、認めなかった民族もいるということである。

父と、子供は、他人であるという、実に面白い、報告だった。

現代日本社会も一時期、父親の復権などと、言われていたが、さて、どうなったのか。
父と子供の、付き合いが、著しく低下し、父親不在の家庭が、当たり前になっていた時期がある。

特に、都会では、それが顕著である。
つまり、いよいよ、家庭というものが、新しい時代に適応する、新しい家庭の、あり方を模索する時期に入ったということである。

例えば、父子家庭というのが、多くなったことは、あまり知られてない。
女性の自主独立の求めから、母親が、子供を夫の元において、家を出るというもの。

連れ子を持った同士の、結婚、更に離婚から、友人同士が、子連れで一緒に生活する、更に、父子家庭の、父親が、子連れで、一緒に生活するなど、あらゆる、家庭の形が、表れる時代になってきた。
もう一つ、オマケに、同性婚のような、家庭。
何でも、ありである。




posted by 天山 at 00:00| 性について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

性について 29

オスが、人間の男という、概念、また、メスが、人間の女という概念を、持つに至るには、長い年月が、必要だった。

オスが、男に、メスが、女に限りなく近づくのである。
それは、つまり、性差というものを、獲得してゆくことなのである。

この問題を、真っ当に論じたものは、実に少ない。
男や女が、はじめから、男や女ではなかったということである。
これが、現代の、トランスジェンダーの問題や、同性愛の問題に、つながってくる。

それは、いずれ、徹底的に書くことにする。
面白い、論文が出た。
福岡伸一 できそこないの男たち、である。
この方は、理工学部化学・生命科学の教授であり、専攻が、分子生物学である。
実に、有意義な、男女についての、考察をしている。いずれ、取り上げる。

さて、体型の性差が、顕著ではない、霊長類は、乱交型である。
人間も、例外ではない。
古代史を見ても、乱交が行われていたことは、事実である。

精子をばら撒く男は、いつも、姦通の危険性というか、チャンスを、狙っている。
そのために、生きているといってもいいような、男もいる。

女の方も、母性と共に、男を、曳き付けようとする、娼婦性のような、媚が必要になった。

女が、子供を育てる時、母性が先行するで、娼婦性が、退く。
かつては、月経血を流していたメスは、女へと進化するに従って、排卵を、隠蔽するようになる。

排卵期が、わからないと、今、女の腹にいる子が、誰の精子によるものなのかが、解らない。
隠蔽排卵は、実に、父性の不確実性という、不確実さを、男に与えた。

それで、男となった、オスが、考えたことが、女とペアになり、強固な絆、関係軸を作るということになっていった。
端的に言えば、女を、育児と、食事の世話などの、内向きの事柄に、閉じ込めようとするのである。

更に、観念というものを、創作するようになると、母性というものに、神話性を与えた。つまり、女を、支配するための、観念を創作してゆくのである。

今でも、それが、残り、女を男の支配下に置くというような、手段を取る。
勿論、そこに、宗教という魔物が、関わる。

女にとっての、娼婦性というものが、男によって、隠蔽、封鎖された歴史がある。
一部の女を、省いて、女を、男の支配の観念に、閉じ込めたのである。

貞操という、拘束である。
貞操観念という言葉が、男にとって、実に心地よいものになった。

更に、この貞操観念というもの、男には、当て嵌まらないのである。
男は、逆に、多妻である。
一夫多妻という観念は、如何なるものか。

更に、旧約聖書などによると、完全に女を男の支配下に置き、家畜のように、扱うという、極めて、異常な、女に対する観念を、作り上げる。
今でも、イスラム圏では、そのようである。

そこには、単純な動機がある。
つまり、自分の精子、種だけを持って、子孫を作るという、民族の根本原理のような、観念がある。
種族を増やすという、繁殖戦略である。

女も、長年そのように、扱われると、家庭のことさえ、してくれればいいと思う男の意識に支配され、男の不貞は、許されると、考えるようになる。というか、考えざるを得ない状況に、追い込まれた。
つまり、女に社会参加を認めないという、男社会が、現れた。

だが、である。
産児数が、減り、女が社会進出をはじめた、現代では、女が、本来の能力を発揮するようになった。
内向きにされていた、多くの能力を、全開に出来る時代になったのである。

これには、男も、参る、困る、戸惑う。
何故なら、女の能力は、実に高いからである。

女は「月」から再び「太陽」となって自らが輝きはじめ、今度は男に貞操を求め、そうでなければ不倫をむさぼるようになった。
性は生なり 大島清

である。

私の住む、マンションの線路を越えると、新宿歌舞伎町に次ぐ、歓楽街がある。
そして、いわゆる、ラブホテル、ファッションホテル街である。

朝昼夜と、私、自転車で、用を足す。
その時に、見る光景である。

女に引かれて、男の子が、ホテルに入る。また、女に、引かれて、ホテルから、出る光景である。

出て来る時は、ホント気の毒な程、男は、しょんぼりして、女は、化粧もしっかり、堂々として出て来る。
そして、男の腕に、腕を、まわす。
いつからか、この光景が普通になった。

だが、驚くのは早い。
人妻の、乱交は、凄まじいものがある。
若い男の、精をしゃぶり尽くす勢いであるから、時代は、変わった。

私も、夫以外の男と、関係している、女たちの、多くの相談を受けた。
その、夫のいない暇な時間は、女たちの、セックス三昧の時間となるのである。
女は、性の快楽は、男以上にタフである。

社会進出した女に、傅き、妻は、若い男と、セックス三昧であれば、男は、男に愛情を、求めることになる。
それが、今、実証されはじめている。

女の、ソープランド、あるいは、性処理の楽園にも、男が、寄りつかないが、何と、男子を、売る、通常、売り専と、呼ばれる、商売が、上々の繁盛である。
更にである。
場所は、書けないが、レディボーイを買う男たちが、一気に増えているという。

日系ブラジル人、韓国人、中国人の、レディボーイたちが、荒稼ぎしているのである。
一日の、売り上げが、10万前後というから、驚く。
本当に、男、おじさんたちが、買うのかと、私は、疑問に思ったが、男であると、解って、買うのである。

具体的な内容まで、調べているが、今は、書かない。

更に、男の方がいいとも、言う。
女装している、男を買う程、男たちの、意識が、混濁してきたのである。
これも、進化であろうか。

しかし、分子生物学という、視点からみると、それが、理解できるのである。


posted by 天山 at 00:00| 性について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

性について 30

それでは、男と、女のルーツを、探る。

男が運ぶY染色体である。
一度に、数億個放出される、精子のうちの、半数には、Y染色体の写本が含まれる。
その精子が、卵子に飛び込んで、その受精卵は、男としての、発生の道を歩む。

そして、男は、成熟し、Y染色体の写本を、繰り返して、作り続けるのである。

Y染色体の、複製は、厳密に行われる。

だが、ごく稀に、異同が生じて、その校正の目を、すり抜けるものもある。
生じた異同、多型性は、Y染色体の、刻印として、父から息子に引き継がれる。

現在存在する、Y染色体の多型性の由来を、辿ると、男の系列と、その移動を再現するこが、出来るという。

写本に生じる多型性の出現頻度から、それがどの程度のタイムスパンで起こったことなのかを計算することができるようにもなった。つまり何千年あるいは何万年前にその写本の分岐が成立したのか、誤差を含むものの、おおよその推計が可能となった。
福岡伸一 できそこないの男たち

さて、女たちの方はというと、卵子から卵子に、母系でのみ、受継がれるミトコンドリアDNAの刻印を解析することで、得ることができるという。

ミトコンドリアDNAの分析は、80年代に、解った。
現在の世界にいる女性の、ルーツが、十数万年前の、アフリカで生まれた一人の女性であることが、解ったのである。

そして、Y染色体の多型分析も、解った。
世界に生存する、男性のルーツが、十数万年前の、アフリカで生まれた、一人の男性に由来すると。

だが、両者の関係性については、何も決定的なことを、示していない。
つまり、その男女が、人類の親であるというような、ことである。

女性の、ミトコンドリアと、男性のY染色体は、複数のパターンがあったはずであるが、その後、ほとんどの系譜は、途絶えた。現存していないのである。

女性の集団から、一つ、男性の集団から、一つと、ある系統だけが、生き残ったのである。

人類の、最初の集団は、家族、親族を中心とした、限られた、コロニーだったといわれる。
規模は、数十人程度。
環境に適応して、徐々に、人口を増やしていった。
それが、アフリカ人たちである。

そして、いよいよ、彼らの子孫が、世界に広がるのである。

遺伝子学から、人類の、発生を見ることで、それが、確実に解るようになった。

ここでは、専門的な、用語を使用しないで、その流れだけを、書くことにする。

一つの集団は、アラビア半島を経て、インドに到達した。しかし、定住は、しなかった。
その後、インドネシア、パプアニューギニア、オセアニアに、展開する。

更に、その集団から、分派して、インドシナ半島から、アジア大陸を北上し、バイカル湖付近に、達する。現在の、シベリア、東北アジア、トゥングース、モンゴルである。

それから、中央、東、東南アジアにも、広がる。
約2万8000年前のことと、推測される。
旧石器時代といわれる、時代区分になる。

シベリアに達した一部が、サハリン、カムチャッカ半島を経て、日本列島に入ってきた。

一方、朝鮮半島を経て入った者たちもいる。
旧石器時代、最も、早く、日本列島にやってきたといわれる。

また、その集団の一部は、ベーリング海峡を渡り、アラスカから、アメリカ大陸に達した。その人たちは、アメリカの原住民となる。

さて、もう一つの、集団である。
彼らは、アフリカに留まった者と、ヨーロッパ南部に向かい、定住した者たちがいる。

更に、一部の者たちは、立ち止まることをせず、東を目指した者たちがいる。
インドシナ半島に達した後、北上して、一部は、モンゴル、別の一部は、チベットへ、そして、最後の一部は、朝鮮半島から、日本の南部に到達した。
この、集団が、日本固有のタイプとされる。

この、タイプは、特に、アイヌ、東北、日本海、沖縄に多いといわれる。
彼らが、縄文時代の主要メンバーだと、言われている。


アフリカから、出た、三つの、集団のうちで、最後に分類される者たちは、世界に散らばり、最も多くの分派を生み出した。

それらは、主に、中東と、西アジアに展開する。

更に、東南アジア、中国に広がる。
そして、分派した者たちは、現在のヨーロッパ人となる。

アジアに展開した、男たちは、更に分派し、台湾、フィリピン、ジャワに住み着いた。
この遺伝子を持つ者は、朝鮮半島で多く、日本では、南琉球、八重山諸島に多い。
また、漢民族、チベット、満州、モンゴル、朝鮮と多い。
漢民族では、三分の二が、その遺伝子であるといわれる。

更に、その一部は、3300年前に、分岐し、移動を開始したのは、2800年前であり、渡来系弥生人として、日本列島に入ってきた。

遺伝子で、見る限り、日本は、人種の坩堝であるといえる。

この後、福岡伸一氏は、実に、面白い、議論を展開している。
次に、続ける。


posted by 天山 at 00:00| 性について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

性について 44

性教育という目的のもとに、マスターベーションについてもわずかなりとも言及した初めてのフランス語の文献は、おそらく、1939年に出版されたカルノー医師の「愛のために」であろう。
1968年を境にした、この件に関する見解の変化は、目を見晴らせるものである。それまで、多くの著者たちはそれを徹底的に断罪し、過ちや罪と見なしてきた。ありうべき一つのステップと考えられることはあっても、やがて乗り越えられねばならないものであった。1965年、アメリカで、ジョンソンが先陣を切って、十二歳の子供たちに向けてこう書いている。「マスターベーションは、身体に害になることはないし、精神病の原因になることもありません。それに、将来の結婚生活において性的な喜びを損なうこともありません」この時以降、それを全面的に断罪するものは皆無となり、不安は沈静化され、罪悪視に終止符が打たれてゆく。マスターベーションは、少なくても少年においては、正常な、普通のものと見なされる。少女たちに関しては、その統計上の数値は調査によって大きな隔たりがある。いずれにしても、時々の、過度のものでないかぎり、それは危険なものではない。
オナニズムの歴史 ジャック・デュシェ

ここまでに至る、道のりは、実に長かったのである。

それ以降、思春期、自分の体を意識し、発見する、性器的快楽を発見する過渡期としての、時期にあっては、それは、正常なことであり、罪悪感を持つべきものではない、そこから、解放されるものである、という、世論になっていったのである。

成人してからも、性的パートナーの不在を代替するものでなければ、何ら憂慮するものではないとなる。

それから、マスターベーションに関する、肯定的な、意見が、相次いだ。

例えば、生物学的に、マスターベーションは、緊張の放出であるというもの。
心理学からは、愛情コミュニケーションの練習であり、単なる、孤独な快楽以上のものである、など。

過去の、蒙昧さ、狂気さに、逆襲するかのような、発言が、相次いだようである。

そして、生物学者でもあった、アルフレット・キンゼイの、確かな統計方法に基づく、「男性の性行動」と「女性の性行動」が、注目された。

それぞれ、1948年と、1953年の出版である。

夢精と区別される、マスターベーションに関する数値を、上げている。
男性の、85パーセントは、思春期に、それを経験し、成人したのちも、継続して行う者がいる。

定義として、マスターベーションは、外的な対象を使わずに、もっぱら、自分自身の身体に依存して、満足を得るという、自己性愛的行動を意味する。
自己性愛的活動は、ほとんどの場合、性感帯への、身体の他の部分、つまり、手などの接触によるものである。

キンゼイによれば、二十歳前の少年の、95パーセントが、マスターベーションを体験していると、報告された。
女子の場合は、83パーセントである。

つまり、圧倒的多数が、それを、体験しているということだ。

ただし、女子の場合は、手による摩擦のみをマスターベーションと見なすとすれば、その数値は、低いものとされた。

いずれにせよ、この数値から、マスターベーションは、正常な行為であると、判定された。
つまり、多数である。多数が、行うことは、正常行為なのである。

その中で、罪悪感が伴うとした男子は、26パーセントである。更に、それらの男子は、治療が必要だとも、考えていた。

マスターベーション擁護の発言が面白い。
愛情コミュニケーションの練習である。
マスターベーションをしながら、セックスすることを何千回も夢見ている。
それは、他者への、欲望を育んでいるのだ。
マスターベーションは、あらゆる意味で、愛する技術への関与であり、その習得であり、単なる手による刺激には、還元しえないものである。

常にと言うわけでないにしても、純然たる排泄欲求であった初めてのマスターベーション行為もやがて、パートナーを思い描く想像力に富んだ行為となり、つまり、まさしく成人のセクシャリティと、それに結びついた快楽の習得のようなものと言えなくはない。とすれば、それはまぎれもない教育的役割を持つことになる。場合によっては、空想の中に同性愛的なものが含まれることがあり、そのことで不安を感じる若者もいる。しかし実際は、そうした空想はこの時期の初めにあっては、ほとんど正常なものと見なされうるのである。異性との交際の機会のない単一の性集団の中でしばしば見られる相互マスターベーションも、必ずしも同性愛的傾向の兆しとは限らない。
ジャック・デュシェ

思春期に、マスターベーションを経験しない者の方が、多数になり、過去とは、逆転の様である。
しかし、しない者が、病的という訳ではない。

更に、現在では、性感染症などの意味から、マスターベーションによる、性的解放が、実に意味深いものとなっている。

エイズ問題が起こった時、アメリカでは、互いのマスターベーションを見せ合いながらの、マスターベーションルームという場所が、出来たくらいである。

また、妊娠に対する、恐れからの、マスターベーションの推奨もされたのである。

それでは、簡単に、避妊具の普及、例えば、ピルなどの普及によって、マスターベーションの頻度が減ったのかととえば、それを示す、統計的数字は、存在しないのである。

性的に、成熟する、つまり、異性間にしろ、同性間にしろ、セックスパートナーがいても、心理的、情緒的なことにより、マスターベーションは、持続されるものであると、いえる。

更に、マスターベーションを、楽しむべくの、大人のオモチャの世界は、凄まじく、進歩、発展しているのである。

ジャック・デュシェは、マスターベーションによって、これといった葛藤もなしにオーガズムを得ることができるなら、それは言わば、性的成熟のステップとなる。との、言葉を、掲げている。

更に、現代の、マスターべーションに関する、様々な見解を見ることにする。


posted by 天山 at 00:00| 性について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。