2011年09月14日

天皇陛下について。88

昔の武将が武力で天下を平定し、日本における実力的絶対支配者となっても必ず天皇を仰いだのは、昔の人間が自主独立の精神がないために何かより以上の権威を必要としたからではなく、人間は古も今も社会生活国家生活に必ず権威を必要とする人間本来の性質に基づくものであり、そして、天皇を仰いだのは、天皇に日本民族社会の、日本民族国家の究極かつ最高の権威たる実質が見出されていたからである。
天皇とは何か 里見岸雄

もっと、な、説である。

敗戦後、占領軍の政策により、天皇打倒の運動を自由に出来るようになった時、共産党は、マッカーサー万歳を叫び、発狂せんばかりに、欣喜雀躍したという。

だが、その共産党は、権威を見ないか、といえば、違う。
最高幹部を、権威とし、それを中心に、やりたい放題の独裁的政策を、行う。そして、甚だしい場合は、虐殺、言論弾圧・・・
人権無視、人権侵害を平然として、行う。

その頃の、新聞も、それらにおもねるが如くに、書きつけた。

しかし、国民は、彼らの手には、乗らなかった。
何故か。
賢いからである。

天皇の権威を失った後の、茫漠たる社会を、想像できたのである。

更に、ロシア革命の共産党の、極悪さを、知っていた。

国民は、天皇を、国家究極の、最高の権威として、希求し、仰いでいたことは、何と、幸せなことであろうか。

唯一、日本のどこの場所にも、心を動かす、存在がある。

天皇に関する共産党の唯物史観的予言ほどあてにならないものはない。
里見岸雄

どの民族、国家も、絶対不可欠な存在として、権威ある者を、置くことである。

部族ならば、酋長であり、国家ならば、国王である。
西欧の権威は、ローマ法王だった。

必ず、その権威の下に、人々が、安定し、統一感を得たのである。
それは、国家幻想である。
その、国家幻想の無い国は、確実に、滅びる。

能力手腕を基準として個人に求めるか、連存する血統に求めるか、二つに一つしかない。しこうして日本人はそれを皇統に求めた。
里見岸雄

日本以外の、権威は、おおよそ、能力手腕である。
それらは、長くは続かなかったのは、歴史を見ての通りである。

武力政権、思想政権は、時代と共に、滅び去るのである。
だが、皇統、血統を選んだ、日本は、国家を安定させ、統一させた。

蘇我、藤原、平家、源氏、足利、織田信長、秀吉、家康・・・
その、武力政権は、すべて、終わりを迎えた。

更に、時代の変動する際に、天皇の存在が、大きく関与した。
それは、結果的に、すべて、うまく進んだ。

戊辰戦争の、幕を引いたのも、天皇あればこそ、である。

城を枕に、討ち死の覚悟の、会津藩も、王氏、天皇に逆らうことは、子々孫々までの恥であると、仙台藩に説得されて、恭順した。

それが、薩長連合の策略であっても、戦争の最後の悲惨さを、避ける事が出来た。つまり、無益に人を殺すことを、止めることが出来たのである。

涙を飲んでも、戦を止めることが、出来るのは、天皇の存在と、その権威である。

昭和天皇が、恐れたのは、その身危うければ、国内が、内戦状態になるということである。

天皇の自覚の、優れた昭和天皇により、日本は、内戦にもならず、敗戦後は、ひたすら、豊かさを求めて、国民が邁進できたのである。

そのお姿を拝していた、今上天皇は、また、天皇の自覚深く、国民の苦難を共にする。
災害被災地における、行幸は、多くの国民を励まし、希望を与える。

敗戦後は、サヨク系学者が、至らぬ妄想により、とんでもない、自説を披露していた。

簡単に言えば、日本は、駄目な国。
西欧に比べて、劣り、その歴史には、学ぶべきものなどない・・・
実に、軽率な言動を、繰り返した。

私が、札幌にて、文化教室を主宰していた時期、多くの留学生が、訪れた。
彼らを支援する、ボランティア活動をしている、友人が、いけばな、茶の湯に触れさせたいとの思いからである。

その、彼らの中には、イスラム、キリスト教は勿論、共産圏の学生たちも、多かった。
その彼らが言う。

日本の文化の深さに感嘆する、と。
更に、日本の文学である。
興味が尽きないらしい。

源氏物語を、万葉集を研究するという、学生も、多くいた。
日本人の寛容さが、計り知れないものだと、感じていた。

勿論、現在の日本人の多くは、白人を持て成す人が、圧倒的に多い。だが、私の所に訪れたのは、アジア人の学生が多かった。
アジア人留学生は、日本に来て、その差別意識に、愕然としたという。

更に、大学でも、アジア人を差別する、教授連中である。
大変傷ついて、帰国した留学生もいる。
更に、自殺まで、追い込まれた学生もいる。

島国・・・
そんなときに、その言葉が浮かぶ。

昭和天皇は、敗戦後、
特別な民族であるという意識を、持つ事無くと、語った。

素晴らしい権威者である。
天皇の行う、儀式を、神道という人が、今でも、大勢いるが、あれは、伝統である。
そして、伝統というものは、百年や、二百年では、出来るものではない。

賢い馬鹿たちは、単なる伝統ではないか・・・と言うが・・・
伝統になるということの、時間の推移を、無視している。

ローマ法王は、カトリックという、一つの宗教による、権威を持つものである。
しかし、天皇は、国家、更に、他国においても、天皇として存在する。

アメリカでも、イギリスでも、天皇なのである。

イスラムは、ローマ法王を認めるか。認めない。
しかし、日本の天皇を、認めるのである。

この違いは、大きい。




posted by 天山 at 13:43| 天皇陛下について2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

天皇陛下について。89

日本国民は天皇に奇蹟を期待しない。従って、ある天皇は英明であられ、ある天皇は必ずしも英明であられず、ある天皇は決断の性であられ、ある天皇はむしろ優柔不断である。また、族長時代には族長時代に、貴族時代には貴族時代に、封建時代には封建時代に、資本主義時代には資本主義時代に従われて、お考えになりご行動になられる天皇、つまり、人間であり、人間の歴史とともに在られる天皇の中にこそ、真の天皇を見出すのである。
天皇とは何か 里見岸雄

まさに、名文句である。

天皇自身は、天皇以外の何者でもなく、国民は、空気のように、感じて生きている。だが、その存在が、時として、必要不可欠な場合がある。

昭和天皇は、その意味では、象徴的である。

明治維新の、孝明天皇も然り。

融通無碍の存在にありながらも、日本の歴史を通して、天皇が、存在し続けたということを、否定する者はいないだろう。

天皇なくして、日本の歴史は、成り立たないのである。
その、存在観を確固たるものとして、私は、認める。

ただ、それも、ひとえに、国民の智慧であったと、いえる。

人間離れした智情意円満完備の天皇、全知全能の神―――ゴッド天皇はわれらの天皇ではない。
里見岸雄

天皇になるべく、教育を受けられる、皇太子。
それは、歴代天皇の、所作である。

ここで、一つ提案する。
天皇が、神道の祭祀の長であるという、見解は無理であること。

天皇の行為は、伝統であり、それは、何人も侵すことの出来ない、国民的所作の象徴である。
単なる、伝統という、馬鹿がいるが、伝統とは、百年、二百年で、成り立つものではない。千年、二千年を経て、成り立つものであり、瞬時にして、作られるものではない。

伝統を有する国か、否かは、国家として、重要、重大事である。

それを、鑑みても、天皇の存在は、世界に唯一の存在であり、日本国民として、誇りに足りる存在である。

我が日本には、天皇が、存在する。
天皇を戴く、伝統の国。それが、日本である。

宗教心、階級心により、理性を失う人でさえ、この客観的事態を評価しないものは、無いはずである。

敗戦後の、日本の歴史教育は、歪み、外れて、もはや、修復困難な状況に陥っている。
その、最もな、原因は、共産主義の、考え方であり、それらの、誇大妄想は、計り知れないものである。

教育者が、そうじて、共産思想を、奉じて、国家の歴史を歪めた。
先祖の因縁が悪いとしか、言いようが無いのである。

一部の思想や、史観を持って、過去の歴史を批判し、無価値、背徳であるかのように、指導したのは、全くもって、売国奴と呼ぶに相応しいものである。

今も、中国共産党から、資金を得て、のうのうとして、日本国民として、安住し、中国の思想教育を、学校教育の現場で、説く者がいる。

それも、皆、改竄の歴史である。

更に、政治家の中にも、どこの国の政治家か、解らないような者もいる。

愛国心など、説く必要は無い。
それは、自ら、求めて行くべき道である。

人から、愛国心を説かれて、はいそうですか、などという者は、まずもって、アホであろう。

歴史とは、我が内に存在するものであることを、教える教師、歴史学者を、私は求める。

ましてや、心の存在を知らない者が、心の教育を・・・などとは、笑わせる。
心とは、何ぞや・・・

教える者が、心の存在を知らない。

日本の文化は、心のみを、見つめて、扱ってきた。
その所作である。

手を、大和言葉では、たなこころ、と、読む。
手の、所作にこそ、心を、観たのである。
そして、心は、息遣いである。

息遣いを整えるのが、心の教育であることを、文化を通して、伝えていた。

武道も、芸道も、すべて、その所作から、心を観ていたのである。
そして、その、文化の、根底には、天皇の存在がある。

天皇存在するゆえに、日本の文化は、伝統として、伝え、統べてきたのである。

一つの例を上げれば、歌道である。
天皇自ら、歌詠みをし、更に、歌集の編纂である。

日本文化の、極みである、歌道を、天皇の存在が、支えていたのである。

世界最古の歌集、万葉集は、天皇から、乞食、遊び女などもが、歌を詠むという、証拠がある。

更に、驚愕するものは、歌の上では、天皇も、庶民も、その差別が無いということである。

世界に、そのような、文化があるだろうか。

王様と、同じ地位に就くという、行為があるだろうか。
日本には、ある。
それが、歌道である。

辞世の句も、詠めない人間は、日本人ではないと、言っても、いい。

舒明天皇御製から、今年、平成23年は、1383年を経る。
その、万葉集は、縄文期から、伝わる、心の所作が結実したものである。
一万年もの時間をかけて、練り上げられた、日本人の、心の所作である、歌道。

歌道は、天皇を、象徴とするものである。


posted by 天山 at 20:27| 天皇陛下について2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

天皇陛下について167

日本人は、常日頃、天皇の存在を忘れている。
それで、当然のことと、天皇陛下も、思われているだろう。

更に、日本人が、天皇を意識する時は、歴史的に危険な時期が多い。
災害時などの、天皇のお言葉などは、国民に、多大な影響を与える。
それは、実に良い意味で。

敗戦後、日本人、中でも、識者に多く、皇室は、イギリス王室を見習う、見習えという、馬鹿馬鹿しい、お話が多く登場した。

イギリスを西欧民主主義の、お手本の国として認め、進んだ西欧、遅れた日本という、イメージを作り上げた。

しかし、よく考えれば、進んだイギリスに王様が存在すると言うこと事態が、おかしい。
民主主義ならば、王制は、いらないはず。

それなのに、イギリス王室を見習え・・・
更には、開かれた皇室を・・・
などという、馬鹿げた意見が出た。

その歴史は、全く違う。
その違いを、知らず、西欧かぶれの者どもは、イギリスを崇めた。いや、西欧を崇めた。ついでに、アメリカを崇めた。
つまり、欧米を崇めた。

そして、今の、へんてこな、日本が、出来た。

皇室が、西欧の王制を、手本にしたとは、一体、どういうことか・・・
全く、根拠がないのである。

昭和天皇は、確かに、当時のイギリス王との関係を、深く望まれたが・・・
イギリスの王を、見習うという意味はなかった。

日本の皇室が歴代ヨーロッパの王室を模範にしていたなどということが、はたして言えるだろうか。そんな歴史的事実を私は聞いたことがないし、第一、ヨーロッパ人がこれを聞いたらびっくりして目を白黒させるだろう。ヨーロッパ人が日本の歴史のなかで自分たちの歴史との相違性を感じる点はいくつもあるが、天皇制は紛れもなく彼らにとって最も説明のつかない、はかり難いものの一つなのである。
西尾幹二 ヨーロッパの王朝と日本の天皇制

事実認識の問題である。
西欧の王朝と、皇室は、類似のものという考え方に、同意しないはずであると、西尾は言う。

全く、その通りである。

西欧の王制と、皇室は、全く別物である。
その発生から、違う。

西欧の近代史は、16世紀から20世紀初頭である。
その頃の、代表的な王家は、ハブスブルク家である。
このオーストリア皇帝の一族は、西欧のあらゆる高貴な血を、自家の系図に統合した。

また、西欧の、ほとんど全君主一族の系図に、血統上の寄与をほどこした。

つまり、民族、言語によって、区別された近代国家の差異を、度外視して、王侯君主という、汎西欧的なひとつの、階級が存在していた。
それが、市民階級の上に、君臨するのである。

超民族的な支配力を持っていた。
つまり、インターナショナルである。

そこで、ハブスブルク家の人たちは、全く民族や地域の差異とは、関わりなしに生きたかというと、違う。
彼らの多くは、支配する土地の風習に順応し、言葉を学び、宮廷では、土着の貴族と、折り合いをつけようと、努力した。

更には、各国の国民意識を、最も理想的に代表する場合もあったのだ。

彼らは、所有する土地、民族の一員であると共に、その上に君臨する、超民族的な一家の成員でもあると、感じていた。

しかも、この意識は単に王族という、民衆からみて隔絶した支配階級にのみ限定的に授けられたものではなかった。
西尾

民衆から、隔絶された存在・・・

第一次大戦が起こった際に、オーストリア皇帝の諸軍団の中には、デンマーク人、スウェーデン人、フランス人の将校さえ、存在していた。
外人部隊ではない。
ハブスブルク家の軍隊は、兵士一人一人が、個人の意志に基づき、その忠誠関係によって、皇帝に結び付いていたのである。

戦争が始まると、祖国へ帰るか否かは、それぞれに任されたのである。

また、皇帝への忠誠は、強制されるものではなかった。

個を超えた普遍的価値へ、部分を超えた全体的統一体へ帰属するという、心安らかな意識を与えることに成功したのである。
西尾

それに比べて、皇室、天皇は、政治的機能だけではなく、祭祀的機能も、有していた。
更に、天上人と言われるが・・・
民衆と、隔絶した存在ではなかった。

民衆は、いつでも必要な時は、皇居に近づけたのである。
皇居には、敵の侵入を防ぐものは、一切無かった。

天皇は、武器を持たず、丸腰である。
斬ろうと思えば、いつでも、斬れる存在だった。
が、誰も、そんなことをする者は、いなかった。
その必要が無かったのである。

敗戦後に、変な思想に侵された者が、気が変になり、天皇を狙った者がいたが・・・

西欧の王は、宗教的情緒は、一切無い。
その権力は、あくまでも、世俗の権力である。
更に、伝統の権威は、皆無である。

西欧の宗教的権威は、ローマ法王庁である。
その前には、王たりとも、膝を屈するのである。

ローマ法王の権威に、頼らなければならなかったと、いえる。
だが、法王も、権力者であったのだ。


posted by 天山 at 06:10| 天皇陛下について2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。