2015年11月10日

玉砕81

サイパン島守備隊が、玉砕したのは、昭和19年、1944年、7月7日である。

斎藤義次第四十三師団長が、サイパンに着いて、その防備が進んでいないことに、唖然となった。
勿論、防備の貧弱さに驚いたのは、斎藤一人ではない。
先着の各指揮官も、同様であった。

サイパン島の最高指揮官は、南雲忠一中将であったが、陸上作戦指揮は、陸軍が担当という、協定が決められていた。

その第三十一軍が採用していた作戦は、水際撃滅戦法である。

サイパン島の東海岸は、断崖が続いていて、上陸するとしたなら、西海岸しかなかったのである。
その点は、陣地構築に、迷うことはなかった。

だが、艦砲や空襲に対抗するためには、海岸に防御線を敷くより、山、谷を利用して、縦深陣地を構築しなければならなかった。
軍としては、分りきっていることだが、セメントその他の資材は、水際の陣地を作るにも足りず、大部分は、素掘りの、タコツボを作るしかなかった。

サイパン、つまり、マリアナ方面の防備が遅れたのは、大本営の敵情判断の誤りである。
大本営は、敵の主反攻線は、マリアナではなく、ニューギニアから、フィリピンが、確実とみていたのである。

ダグラス・マッカーサーが、フィリピン進攻を主張して、内紛があった末に、米軍のマリアナ攻略は、三月の半ばに決定した。
実施の時期は、秋ごろである。
しかし、それが、六月の半ばに繰り上げられた。

何故か・・・
マーシャル、およびトラックに対する、機動部隊による空襲の結果、日本軍の基地航空部隊の戦力が、意外に弱いことが分ったからだ。

更に、マリアナ攻略の決定要素は、空の要塞といわれる、ボーイングB29の完成である。

第二次世界大戦に出現した最大の、長距離爆撃機は、四トンの爆弾を積んで、約2800浬を飛ぶことが出来た。

それを持って、サイパンを基地として、日本の首都東京を爆撃しても帰還することが、可能になったのである。

さて、大本営海軍部が、直轄部隊として帰隊を寄せていた、角田中将の基地航空部隊は、決戦を前にして、すでに壊滅状態となっていた。

それは、西ニューギニア・ビアク島方面に、敵上陸の報告を受けた、連合艦隊司令部は、「コン」作戦を発動していた。
角田中将以下の、二十三航戦は、すでに濠北方面にあり、続く、二十二、二十六航戦も、480機を「コン」作戦支援のかたちで、ビアク方面に派遣した。

結果、空戦による損耗のほかに、搭乗員たちの技量未熟と、基地の未完成などのために、移動中事故が頻発したのである。
加えて、パイロットの多くが、熱帯病にかかるなどのアクシデントが続出し、角田部隊は、戦力として、存在するのを、止めていた。

トラック諸島、グアムなどにある飛行機をかき集めても、総勢二百数十機である。
サイパン、テニアン周辺では、わずかに、三、四十機を残すのみである。

決戦を前に、制空権は、すでに敵の手にあり、更に、潜水艦が、跳梁跋扈するようになっていて、制海権も危うい状態である。

そのために、民間人のサイパン脱出も、思うようにはかどらない。
島民約4000名を含めて、一般市民は、約25000名とみられていた。
つまり、大量の市民を巻き込んだ、太平洋の最大の、戦場と化す可能性があった。

サイパンに対する、米機動部隊の空襲が開始されたのは、6月11日であった。

グアム島東方200浬付近に現れた、敵機動部隊は、数群に分かれて、サイパン、テニアン、グアムに対して、同時攻撃をはじめた。

翌日12日も、同様の空襲を続行し、サイパンに来襲した敵機は、延べ500機にのぼった。

現在、グアム、サイパンは、観光地として、多くの日本人が出掛ける。
しかし、玉砕の島であることを知る人は、少ないだろう。

13日は、空襲と併行して、戦艦八隻、巡洋艦三隻、駆逐艦約三十隻が、サイパン島に、接近した。
そして、猛烈な艦砲射撃を始めた。
14日には、前日の作戦を繰り返し、舟艇を繰り出して、島の西岸の偵察を始めた。

敵の上陸企図は、明らかである。

内地にあった、豊田副武連合艦隊長官は、小澤空母部隊と、角田基地航空部隊に対し、「コン」作戦の中止と、「あ」号作戦用意を下令した。

しかし、頼みの角田部隊は、疲弊して、戦力としては、期待出来る状態ではなかった。
一方、小澤部隊は、待機していたフィリピン南西部タウイタウイ泊地から、飛行訓練のために、中部フィリピンのギマラに向けて移動中、敵機動部隊来襲の報告を受けて、サイパン方面を目指した。

6月15日、未明、敵輸送船約40隻が、サイパン西岸沖に姿を現し、空襲、艦砲射撃の援護のもとに、西海岸南部に、上陸を始めた。

この朝、小畑軍司令官は、ヤップ島に滞在していた。
井桁軍参謀長は、小畑軍司令官の名をもって、第四十三師団および、第五根拠地隊に対して、敵上陸の壊滅を命じた。
その後、サイパンの、陸上戦闘の総指揮は、斎藤師団長に委ねられる。

豊田連合艦隊長官は、小澤部隊に、「あ号作戦発動」を電令し、サイパン島上の南雲中将は、敵上陸の模様を、刻々と、東京に打電した。

だが、これから、サイパンの悲惨、悲劇の玉砕が始まる。
市民も巻き添えになり、阿鼻叫喚の様である。

サイパンの悲劇の場所のひとつ、バンザイクリフ・・・
市民が、崖から身を投げるという。
それを見た、米兵は、銃を持ったまま、呆然と眺めたという。





posted by 天山 at 06:44| 玉砕2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。