2015年04月10日

玉砕19

1938年、ドイツのヒトラー政府は、ヨーロッパの新秩序という方針で、オーストリア、チェコスロバキアを併合した。
その後、ポーランドをうかがう構えを見せた。

それは、昭和13年である。
更に、翌年にかけて、ヒトラーは、幾つもの外交攻撃をかけている。

イタリアの間に、軍事同盟を結び、三国防共協定を、更に軍事色の濃いものにし、アメリカ、イギリスを仮想敵国とする、三国同盟に格上げしたいと、日本に要求してきたのである。

ヒトラーは、執拗に、三国同盟を要求し、その一方では、ソ連と、不可侵条約を結んだ。
ソ連とは、お互いに、軍事的侵略は、行わないということである。

ただし、それは、すぐに破られることになるが。

その、ドイツがソ連と不可侵条約を結んでいる最中に、関東軍とソ連軍が、衝突を繰り返し、以前に書いた通り、昭和14年、1939年、大規模な衝突を行なった。
それが、ノモハン事件である。

このドイツと、ソ連の不可侵条約を、時の首相である、平沼首相が、欧州の天地は複雑怪奇と言い、内閣を投げ出した。
それ程、ヒトラーの作戦は、狡猾で、意味不明に思えたのである。

ヒトラーの真意を測りかねる・・・
政策を進めることが出来ない。

そして、日本では、一時的に親英米派が、力を盛り返したが、これもすぐに、消える。

ドイツは、ソ連と不可侵条約を結んだ、一週間後の、1939年9月に、ポーランドに進駐し、軍事力で、ヨーロッパを席巻することを、内外に宣言した。

これは、イギリス、フランスへの、敵対行為であった。
それぞれの国は、9月3日、宣戦布告して、軍事的対決の時代に入ることになる。

この日から、第二次世界大戦が、始まる。

そして、日本が敗戦する、1945年8月15日まで、続くのである。

さて、日中戦争は、終わっていない。
蒋介石の率いる、国民党軍と、毛沢東が率いる、共産党軍が、抗日反日の戦いをしていた。共に、敵同士だが、抗日反日では、同じである。

日本は、国民党の幹部を引き出し、傀儡政権を成立させようとしたが・・・

その中国側の背後には、アメリカ、イギリスの援助がある。
つまり、すでに、英米は、日本を敵にしていたのである。

その魂胆は、簡単である。
中国の利益を、自分たちも、求めていたのである。
これが、国際社会の複雑さである。

満州国を認めないが・・・
それは、自分たちの国益のために、欲したと考えるといい。

国益とは、実に単純なものである。
だが、そのために、複雑怪奇なことを、仕出かすのだ。

当時の日本国内では・・・
昭和20年、尽忠報国、挙国一致、などいう言葉が、現れた。
つまり、膨大な軍事費のせいで、国民の生活が苦しくなっていたのである。
だから、苦しみに耐えるということが、美徳とされた。

その前に、昭和13年には、国家動員法、という法律が公布されていた。
戦争のために、国の経済、政治、文化、言論のすべてが、統制されるということだ。

議会の意向に関わらず、政府の勅命により、どのような政策も、可能になったのである。

そして、翌年から、政府は、次々と、統制法令を発していた。
例えば、賃金を抑える、賃金統制法である。
益々、国民の生活は、苦しくなる。

燃料の不足もある。

戦争の苦労を思い、威勢のよい、スローガンが叫ばれた。

統制経済とは・・・
極めて、洗脳的である。
だから、共産主義思想などは、受け入れられないだろう。

ここで、昭和15年の、皇紀2600年のことを、見る。
皇紀とは、天皇の歴史である。
そして、それは、日本の歴史でもある。

その祝いが、昭和15年に行われた。
ある著者が、昭和20年までは、天皇制国家だったと、書くが・・・

それは、誤りである。
天皇の存在しない、日本という国は、考えられないのである。

神話・・・
だが、神武天皇即位から、確かに、皇紀をもって、自国の歴史に思いをはせることが出来る。
神武天皇は、神話の中の、想像の人物ではない。
実在の人物である。

天皇は、制度ではない。
伝統である。

そして、神武天皇以前の、神話が存在する。
民族の物語が存在するということは、民族の共同幻想を作り上げることが出来る。

どんな民族にも、神話と、物語が存在する。
それによって、民族の共同幻想が、作られるからである。
それが、欠如すれば、民族感覚は、成り立たない。

確かに、明治以降の学校では、天皇を、現人神として、教えた。
それには、訳がある。

明治維新で、政治的権力を握った、長州などの下級藩士が、権力基盤を固めるために、国論統一の方法として、利用したのである。

歴代天皇で、自ら、我は現人神と仰せられた天皇はいない。
ただ、昔、宮廷歌人たちが、天皇を神として、歌うことである。
その神とは、上という意味であり、唯一絶対の神という、欧米の神認識ではない。

そして、この現人神という、天皇の神格化によって、玉砕が行われたといって、いい。
それは、軍部の洗脳である。





posted by 天山 at 07:11| 玉砕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。