2008年02月03日

タイ・ラオスへ 3

メコン河の流れは、雄大である。
たゆたう、如くに流れている。
向こうには、ラオスが見える。

8日、私は、野中をラオスの、国境まで送った。その足で、ノーン・カーイの町を巡った。といっても、トゥクトゥクの男が、回ると言うのだ。
観光見物は好きではないが、連れまわされた。

市内見学を終わると、二時間が過ぎていた。
本当は、一時間のはずである。
すると、トゥクトゥクの男が、二時間だから、一時間、200バーツで、400バーツだと言う。
その通りであるが、私の約束したのは、一時間である。

相手が、確認しなかったことも、悪い。また、私が、一時間を過ぎたことを、言わなかったことも、悪い。

私は、男に、譲らず、あなたの、ミステイクだと、繰り返した。
相手も、よく解らないと、英語で言う。

最後に、私は、200バーツを出し、そして、100バーツを、チップだと言って、渡した。
男は、どうしても、400バーツが欲しいらしいが、私は、平然として、ゲストハウスに入った。
暫く、男は、留まっていたが、そのうちに、エンジンを掛けて、行った。

こういう場合は、相手の言いなりになるという、方法もあるが、私は、これからのために、妥協しなかった。
実際、私は、市内見学は、ほどほどで、良かったのだ。
日本人の悪い癖で、ついつい、相手に、乗ってしまう。

トゥクトゥクとは、バイクの後部に、二人用の座席を作って、お客を乗せるものである。
男は、街中の人ではなく、観光客専門の者だったと思う。
つまり、20バーツや、30バーツの、仕事はしない。大物を狙うのだ。

それっきり、その男には、会わなかった。

ゲストハウスで、過ごす一人の時間が、始まった。

まず、食べ物を、どこで食べるかである。
ゲストハウスの付近には、多くの食べ物屋がある。
地元の人を対象にした、食堂、欧米人向けの食堂、レストランである。

私は、地元の人の行く、食堂に出掛けることにした。
メコン河沿いにある、オープンハウスの食堂である。

店先で、鶏肉、豚肉、ソーセージ、その他を、焼いている。
ここ、ノーン・カーイは、鶏肉の産地であるという。

私は、もち米と、サラダを頼んだ。
と言っても、言葉が通じないから、指で指して、欲しいものを、言う。
もち米は、竹の米びつを指し、サラダは、店先にあったものを、指した。
この、サラダが好きになる。名前を、後で知る。

もち米は、日本の赤飯を食べる感じに似る。もち米だけ食べても、十分だ。

食べ終えて、清算すると、45バーツである。約、150円。

夜のために、店先で焼いていた、鳥のモモ肉を買う。
ついでに、豚のソーセージも買う。手作りである。

一度、部屋に戻り、体を横にする。
食べた後は、休むに、限る。

実は、私は、タイパンツと、Tシャツで、過ごしていたが、何となく、寒く感じていた。
それで、注意深く考えてみると、この地の、気候が、今までにない、ものだと気づく。

つまり、24時間のうちに、日本の四季があるのだ。信じられないようだが、まさしく、そうなのだ。

明け方の寒さは、冬である。そして、次第に、春に向かう。正午を過ぎると、夏になるのである。そして、夕方は、秋である。

その証拠に、人々の服装を見る。
一番、手っ取り早いのは、子供たちである。
皆、てんでに、季節の服装をしている。
ある子は、夏服、ある子は、冬服というように。

翌日の、朝は、格別に、寒かった。
Tシャツで、下に降りると、ゲストハウスのオーナーが、防寒服を着ていた。そして、私に、そんな格好で、大丈夫かと言うのである。

タイという国は、どこもかしこも、暖かい訳ではない。

時間差によって、温度の幅が、実に大きいのである。

ここは、ラオスとの国境に、位置する、タイ東北部、イサーンである。
風の強いのは、川風のせいである。

他のタイの人は、イサーン人を、やや軽蔑するように、イサーン人と呼ぶ。
これには、長い、物語がある。
18世紀末から、20世紀初頭にかけてのことである。

最初に、インドシナ半島で、植民地化を進めたのは、イギリスである。
次いで、フランスが、東から、半島を狙った。フランスは、アヘン戦争後、中国と条約を結び、中国進出を本格化させる。そのための、拠点をベトナムに求めた。
1847年、逮捕された宣教師の釈放を求めて、ダナン港を攻撃する。さらに、ダナンの割譲を求めて、1856年以降、断続的に、攻撃が続く。
ついに、1862年、フランスは、コーチシナを獲得する。これが、フランスのインドシナ植民地化の、第一である。

さらに、フランスは、メコン川を通り、中国に進出するルートを確保することを、画策する。さらに、そこから上流は、カンボジアである。
カンボジアと、1863年に、保護条約を結ぶ。
しかし、タイ側は、カンボジアの宗主権は、タイにあるとして、保護条約に反発する。
だが、フランスは、ベトナムが、カンボジアに持つ、宗主権を根拠に、タイに譲歩を求める。これにより、1867年、タイ仏条約が結ばれ、タイとカンボジアの保護条約の破棄と、フランスのカンボジア支配権を、認めることとなった。

カンボジアを手に入れたフランスは、さらに、ベトナム全土を、保護国化したのが、1884
年である。

ベトナムを確保すると、次は、メコン河流域の、ラオスである。
紆余曲折を経て、1888年国境画定交渉を行い、タイの属国の、ルアンプラバーンの支配下にあった、シップソーンチュタイが、フランス領となる。
タイ族の居住地であったものの、バンコクとは、今まで関係が無かった土地である。

フランスは、さらに、メコン河の左岸(東側)の全域確保に進み、1893年、メコン左岸から、タイ軍を撤退させるよう、要求したが、タイが拒否したため、フランスは、軍事行動を起こす。
パークナーム事件と、呼ばれる事態である。

結果、タイ側は、フランスの要求を全面的に、受け入れる。
300万フランの賠償金と、メコン川左岸と、メコン右岸25キロ地帯と、カンボジア北西部の、非武装化と、徴税権喪失である。
これにより、メコン河左岸は、すべて、フランス領となり、メコン河が、国境線としての、機能を持つことになる。

ただ、フランスは、これだけに、留まらなかった。本当は、タイ全土を、植民地化したかったのである。
しかし、1886年に、ビルマ全土を植民地化した、イギリスがいる。
両国は、1896年、英仏宣言を発表して、チャオプラヤー川流域を、緩衝地帯とする。
この、緩衝地帯は、バンコクから、北部タイまでは、含まれていたが、メコン河流域の、東北部、マレー半島は、除外された。

東北部と、マレー半島に、英仏が、それぞれ、進出しあうことを相互に容認する内容である。

東北部とは、イサーンのことである。

1909年の、領土、割譲によるまで、東北部は、タイではなかったのである。
およそ、100年前に、現在のタイの地図に、入ったのである。
不運である。
その時、ラオスから、タイとなった東北部に、人々が、流れたという。
先祖に、ラオス人が、多いはずである。


posted by 天山 at 12:20| H20.02 タイ・ラオスへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。