2008年07月18日

アボリジニへの旅 18 平成20年7月

朝、六時半少し前に、タクシーが、到着した。
準備万端にしていた、私の耳に、クラクションの音がした。

さあ、出発という段になり、電話代の、清算をしていないと、気付く。
あわてて、フロントに行く。
約、10分かかった。
前日の夜に、言うべきだった。

次のときも、私泊まる、と英語でいい、おばさんに別れを言う。おばさんも、何やら、よく喋り、別れる。

それにしても、高い電話代である。一度のコールでも、200円である。総計、2000円以上であった。

タクシーに乗り込み、出発である。
車は、私たちの一台のみ、道を走る。
すぐに、ゴーブ空港に到着した。

空港に入るチェックを、受ける。それが、ケアンズでは、簡単だったが、異様に、丁寧である。色々とチェックされた。
鞄の中に、何かある。刃物のようなもの。
必死で、探した。爪きりである。
すると、今度は、ライターがあると言う。
また、鞄の中を、くまなく、探す。ようやく、一つのライターを、見つけた。
一人、一個だけであると、言う。

今までは、どこの検査でも、指摘されないことを、言われた。
要するに、職務に忠実で、客が少ないので、暇なのである。

私たちは、早く来たようである。その後、続々と、人が来た。
問題なく、ゴーブを離陸した。
朝ごはんは、機内食である。丁度分量が良い。

ケアンズに無事到着して、次は、国際線乗り場に移動である。
もう二度と、来ないと、写真を撮る。
そして、少し、ラウンジで、コーヒーを飲み過ごした。

出国手続きの前の、手荷物検査は、スムーズである。
私は、来た時の、着物に、着替えていた。
白の夏大島である。足袋は、履かない。素足である。

日本では、変だが、海外では、平気である。
素足が、一番よい。

待合室で、休む。
私は、ソファーに寝た。
飛行機が、落ちない限りは、生きて日本に帰る。飛行機が、落ちるか否かは、私の問題ではない。
戦時で、兵士が、死ぬために、出たのと、訳が違う。
予定時間より、早く案内があった。

飛行機に、乗り込む。そして、飛び立つ前に、私は、座席移動した。と、男性乗務員が、元の席に戻ってくださいと言う。安全ベルトのサインが消えた後で、移動してくださいと言うのだ。

今までにはない、対応である。
何でも、座席は、離陸するために、バランスを考えて配置しているとのこと。
満席ではないから、最もである。
片方だけに、客を、乗せたら、離陸する時のバランスが悪い。

私は野中の横に戻り、また、シートベルトを締め直した。

お客が、全員乗ると、出発するのである。そこが、日本と違う。日本では、時間通りである。待つのである。しかし、あちらは、もう全員乗った、出発ということになる。

一度、千歳空港で、とんでもないことをやった。
搭乗手続きも過ぎ、登場時間も過ぎて、出発10分前に、飛行機に乗ったことがある。

知人と、食事をしていて、時間を勘違いした。
バスに乗ってから、気付き、もう、その飛行機には、乗れないはずの時間と、なった。
しかし、私は、やった。
航空会社に電話し、バスが遅れたせいで、ギリギリになってしまう。しかし、それに、どうしても、乗りたいと、言った。

相手は、どうなるかは、到着してからと、私の名前を訊いた。
受付カウンターに行くと、一人の社員が待っていた。
その人に、着いて、そのまま、飛行機に乗った。
諦めるには、早い。ギリギリでも、何とか成ることもある、と、知った。

海外に出た場合は、言うことなのである。
言わなければ、解らない。
以心伝心は、通用しない。
兎に角、言う。特に、クレームの場合は、言う、言う、言う、のである。

私は、日本語で、まくし立てる。
そして、ジャパニーズであると、言う。日本語の出来る人を呼べ、と、言っているつもりだが、単に、私は、日本人を、繰り返しているのである。

いつか、バンコクの悪徳タクシー運転手と、やり合う時がくると、今から、準備している。
コレ、もしかして、生き甲斐なの、と、思いつつ。

最後まで、粘ること。諦めない。
スカーレット・オハラのように、決して泣きません。明日、タラに行き考えるという、心境にならなければ、駄目である。

なんーで、乗せないの。どうして、行けないの。何々だって、言ってるでしよー
それでも、バンコクの、トゥクトゥクのおじさんは、首を縦に、振らない。
後で、解るのだが、私の発音が悪くて、行き先が、解らないのである。それで、行けないと言うのである。

気付いて、愕然とする。
今に、私は、バンコクで、有名日本人になると、思う。
大声の、気違い日本人として、である。

飛行機の、揺れが気持ちよく、よく寝た。
着陸、30分前に目覚める。
機長が、英語で、何やら、挨拶している。
その後、日本語のアナウンスが流れる。
要するに、また、カンタスに乗れということである。

ドンという衝撃で、着陸。
死ななかった。
また、生きられる。

これは、奇跡だ。
こんな重いものが、空を飛ぶのである。
落ちない方が、おかしい。しかし、落ちずに、到着した。
奇跡だ。

入国審査の前に、検疫というものが、書かれてある。
今度、調子が悪い時、お世話になろうと思う。
血液検査などしてもらう。
健康診断の代わりである。
しょっちゅう、行き来するのである。検疫検査の人とも、仲良くなろう。

最後の、税関通過である。
用紙に書き込むようになった。
検査官に、何か訊かれる。
観光ですか。
国際ボランティア、テラの会です。
ご苦労様です。
それで、終わる。

追悼慰霊と、言うと、きっと、怪しまれるので、そう言うことにしている。

そういえば、ケアンズで、犬に迎えられた。思わず、頭を、撫でようと思ったが、犬に無視された。
何だーと、怒ると、野中が、無視されなければ、とんでもないことになるよと、言われた。麻薬を見つける犬なのである。

あっ、そ、と、昭和天皇のように、答えて、撫でるくらい、いいだろうと、思いつつ、出たことを、思い出した。
麻薬犬と、仲良くしたいと、思う。しかし、仲良くすると、とんでもないことになる。この、ジレンマである。


posted by 天山 at 17:07| アボリジニへの旅 平成20年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。