2008年01月07日

トラック島慰霊の旅 7 平成20年1月23日

ベッドに寝て、暫く、放心していた。

うとうとしたが、眠ることは、なかった。


不思議な感覚である。

今まで、どこに旅しても、感じなかったことである。


追悼慰霊は、目的を達することが出来て、良かったが、私の方に、何か、問題がある。

私の満足感であると、客観的には、言える。


実は、慰霊の際に、嫌な気分、変な気を、全く感じなかったのだ。

逆に、私が、清め祓いされているような感じだ。


そして、部屋に戻った私の、心境である。

世の中、つまり、世界のこと、日常のこと、私の属する社会のこと。それらが、どうでもいいことに、思えた。

そして、それが、実に、明確なのである。


このまま、日本に戻らなくても、いい気持ちなのである。

これは、つまり、一つの、死である。

死の感覚である。


戦争で無くなった方は、すでに、清められている。

納得して、死んだ。その時、納得出来ずとも、今は、納得している。

何故か。

日本兵の幽霊が出るという、噂も無いという。

自然である。

自然が、彼らの霊を、清め祓ったのである。


美しい珊瑚の海と、朝風夕風の清らかさ。潮の流れによる、清め祓いである。


清め祓いの私の方が、清められ、祓われていた。


膨大な数の方が亡くなっていれば、海難事故が起きる。しかし、世界中からダイバーが来て、海に潜っても、何も無い。安全である。

要するに、気が、いいのである。

数知れない、遺骨があっても、である。


日本の寺や、それに属する、納骨堂に入っても、その気が、乱れ、濁るのであるが、それが、全く無いのである。


他の慰霊する、土地とは、違う。


改めて、私は、日本の伝統にある、自然と共生、共感する、古神道の、考え方を、得心した。

死は、隠れることなのである。

消滅することではない。


ここで、少し霊というものについて、説明が必要である。

古神道では、四位一体なのである。つまり、一霊には、四つの、魂がある。

三位一体という、キリスト教の教義は、無い。神学という、言葉遊びの世界で、成り立ったものであり、父と子と聖霊とという、一体は、こじ付けである。


和、荒、奇、幸、の、四つの、魂により、霊というものがある。

数霊、かずたま、というものが、言霊を支える重要なものである。

それが、四である。

偶数であるということは、分離するということである。

奇数は、分離しない。偏るのである。

中国思想も、三という、数を、完成の数であり、安定の数とするが、違う。


さて、四つの、魂の、荒魂、あらみたま、が、最後に、この世に残る。

昔の人は、49日は、あらみたま、なので、と、慎重に過ごした。それは、仏教ではなく、日本の伝統の考え方である。


荒魂が、活動すれば、幽霊にもなる。不思議な力も、現す。

それが、無いのである。


そして、私が感じた、死という感覚である。

追悼慰霊をした、私は、彼らに、死という感覚を、教えられていた。


簡単に言えば、私が、この海に来て、私の属する社会生活すべてを、捨てても、いいと思う。どうでもよくなる。その感覚に、死というものが、似ているということ。

最終の自己完結なのである。


これで、よろしいという、思い。

つまり、完結したのである。


彼らの、御霊が、そのようであるということ。


それには、どれ程、多くの人の、祈りがあったか、知れないのである。

彼らの、親兄弟から、親族、友人、知人と、彼らに対する篤い思いは、距離を超えて、きた。その、祈りに、彼らは、満足した。更に、自分の死をも満足した。


国のために、死んだ、という、明確な意味意識である。

大義というものが、如何に、必要かということだ。


だから、テロ行為も、終わらない。

大義があるからだ。

明確な、死ぬことの、意味意識があるからだ。

勿論、テロ行為のそれは、誤りである。だが、大義という、意味では、同じである。


私は、とんでもない、感覚に、立ち往生した。


本当に、このまま、死んでも、良いと、思った。


一霊四魂、ということを、観念として、理解してもよい。

私は、それを、説明する必要を、感じないからだ。

知らなくていいのである。


死ねば、解る。


ここでは、総称して、霊という。


一般に、言われる霊というものは、幽体の霊のことで、肉体に似た姿であるから、幽霊というのである。

そんなものは、即座に脱ぎ捨てて、霊になったのである。


それは、覚悟の問題である。

未練なく、死を受け入れたのであるから、当然、即座に霊になる。

見事である。


若くして命を捧げた彼らの、救いは、国のために死ぬという、一点にあった。それは、国という言葉で、彼らの思いを、総称したのである。


太平洋戦争で、最も、意識したものは、国である。

日本史上、初めての体験である。

国とは、何か。


我らの部落でも、我らの町でもない。

国というものである。


その、国というイメージの、幻想を、天皇という存在が、支えていた。

軍国主義というが、それは、一部の人のことである。

多くの兵士に、軍国主義などない。


軍部が、教育した、国家神道、そして、天皇陛下の、現人神などは、吹けば飛ぶようなものであった。


父や母に、続く、先祖、そして、長い年月の先祖の歴史に、天皇という存在を、置いたのである。

皆、天皇を、天子様として、奉じていた。

そして、国という意識、幻想を作り上げていた。


この戦争で、その国という意識が、明確になった。

国とは、私のことであったという。


世界では、類を見ない、国家幻想を作り上げていた日本という国を、改めて、意識したのである。


軍というものは、暴力であった。

暴力の何ものでもない、存在である。

それにも、耐えられたのは、国が、私だったからだ。


その私には、父や母、兄弟や、友人、愛する人、すべてが、含まれていたのである。


そして、彼らは、死んだ。


朝風、夕風を受けて、美しい珊瑚礁の海で、清められ、祓われて、先祖に続く者として、上昇した。


そして、追悼慰霊に来た私に、死という感覚を教えた。


死者は、言葉にしない。

ただ、伝えるだけである。


遺骨は、一つの物となった。

自然の中に、同化して、何事も無い。

それで、善し、なのだ。


今回、私は、日本人の慰霊のみを、行為した。

多くのアメリカ人も亡くなっている。

共に、国のために、戦った。

大義のために、戦った。

同士である。


憎みあう必要の無い者同士が、国のために、戦った。

平和であれば、友人にも、なれよう。

皆々、演じて生きた。


死を前にした時、人間は、真実を知る。


以下省略。



posted by 天山 at 16:41| トラック島慰霊の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。