2008年01月05日

トラック島慰霊の旅 5 平成20年1月23日

追悼慰霊の朝である。


八時頃に、ホテルのレストランに入り、朝食にする。

そこで、再度、おじさんに連絡して、駄目なら、漁師たちの所に行き、直接交渉しようということになった。


レストランの外に、海に面したコーナーがあり、そこで、分厚いパンと、サラダを食べる。

コーヒーを二度、お替りした。


その横に、ダイビング専門のショップがある。

私は、その店に近づき、周辺の海の図を見た。

艦船の沈んでいる場所に、赤い点がある。

夏島、竹島の付近に、それが多い。

さらに、日本の艦船だけではなく、ゼロ戦や、アメリカの飛行機、艦船も、沈んでいるのである。


その図の、写真を撮ることを、忘れたことが、残念である。


すると、一人の男が、来た。

ダイビングの店に入る。

一度、店の鍵を開けて、そして、出てきた。

私は、急いで、彼の元に向かい、話し掛けた。


少しの英語であるから、野中を呼んだ。

すると、色々と、説明してくれた。


海中を撮った、DVDもあるという。それを、見ると良いと、言われた。

そして、私は、遺骨を見ることを聞いた。


彼の話である。

遺骨を、見ることは、出来る。多くの遺骨のある場所もある。しかし、遺骨を見るための、ダイビングは、実に大変なことであると。

ダイビングの、経験が多くなければ、非常に危険であるという。

そこは、深い場所であり、また、艦船の中に入るので、迷路に入ることになり、一人では、無理だ。

遺骨を、見世物にしている場所もあるのかと、問うと、あるにはあるが、それも、知る人は少ないという。

チップを取って、見せるのかと、訊くと、ダイビングの案内は、料金がかかるという。当然である。それが、仕事であるから。


つまり、見世物にして、陳列しているという、意味にも、取れないこともないが、そこまで、ダンピングするには、相当の経験者でなければ、出来ないということだ。


単に、陳列して、見世物にしているという、表現は、当たらないのである。


一つの、有力な情報を得た。


DVDを、見るかと、いわれたが、時間がない。

私たちは、お礼を言い、部屋に戻った。

すでに、九時半近くになっていた。

おじさんとは、連絡がつかない。


私たちは、ホテルを出た。

港に向かう。


日差しが、どんどんと、強くなる。


港の前の、市場に行き、私は、花を探した。

しかし、花のみは無く、皆、花飾りである。

一ドルの、花飾りを二つ買った。


そして、すぐ横の漁師たちが、たむろする場所に行った。

皆、声を上げて、歓迎してくれる。

日本人かと、訊く。

頷くと、握手を求められる。


野中が英語で、海上に出たいと言う。

皆、オッケーと答えた。


一人の男が、バッジを出した。警察のバッジである。何か、免許のようなものなのだろうと、思った。

俺が行くという。

野中が、料金の交渉をした。

50ドルである。


野中が、30ドルでは、どうかと訊いた。

油が高いので50ドルでなければと、言う。

私は、それで、決めた。


船に乗ると、男が、油を買いたいので、先に、お金が欲しいと言う。

私は、すぐに、50ドルを渡した。


実は、漁師たちが、魚を捕らないのは、そういうことなのである。

魚を捕っても、油代にもならないのである。また、逆に赤字になるのである。

それより、ダイバーたちを乗せて、海に出ると、金になる。


実は、ホテルで、夕食に、シーフードと言ったが、魚が無いという。

不思議に思った。

目の前が海なのである。

魚がないことはない。

しかし、理由が解った。


男は、油と、缶ビールを10缶ほど買い、船に、戻った。


船外機が、大きな音を立てて、動き出した。

凪た海の上を、船がスムーズに滑る。


男が言った。俺は、船の沈んでいる場所を知っている、と。

そして、缶ビールをあおる。タバコを取り出して、私たちに、飲んでくれ、という。

勇ましい男である。


船は、春島から、夏島と、竹島の間に向かった。

ダイビングショップで見た、図の通りである。


ただ、私は、慰霊する場所は、私の、霊感、あるいは、勘で、決めたいと思っていた。


春島から、離れると、波が少しつづ、高くうねる。

それが、次第に、大きくなる。

船先が、どすんどすんと、落ちる。

前にいた私は、両側の、淵を掴んで、振り落とされないようにしていた。


20分程度、船が進んだ。

私は、あの辺りで、と、感じた。

目の前に、夏島が見える。

そこには、日本軍の多くの施設がある。皆、慰霊の人は、夏島に上陸して、慰霊碑に、向かうはずだ。


私が、ここでと、思い、後ろの男を見ると、男が、頷いた。

そして、指差し、浮き輪を指した。

白く丸い浮き輪である。


その下に、潜水艦が沈んでいるという。


その辺り一体が、戦場であった。


エンジンが止まり、男は、浮き輪に、船のロープを巻きつけた。


私は、すぐに、御幣と、日本酒、花を船先の、小さなスペースに置き、御幣を、持ち上げて、太陽にかざした。


そして、大声で、神呼びをした。

神呼びとは、皇祖皇宗である、天照大神、さらに、天津神、国津神、八百万の神、そして、この地の、産土の神、さらに、ここで散華した、多くの戦士たちの、命、みこと、である。

大祓い祝詞を唱える。

太陽に、その土地の、樹木の一枝を、掲げて祈るのは、伊勢神宮の所作である。

ただし、現在の伊勢神宮が、云々というものではない。

私の方法である。


太陽の、霊光を、願い、その力、霊力により、その場を、清めるのである。そして、さらに、祓うのである。


自然信仰の、そのままである。


祝詞を終えて、私は、静かに、申した。

ここに散華した、多くの命、みことに申すーーーーーー


波が荒く、体が、大きく揺れる。

両足に、力を入れて立つ。


どうぞ、靖国に、帰りたい方は、靖国に。故郷に、帰りたい方は、故郷に。母の元に、帰りたい方は、母の元に。次元を異にする霊界に、行く方は、霊界にとの、祈りの言葉を、宣る。


そして、太陽の霊を頂いた、この地の枝で、清めたまえ、祓いたまえと、繰り返した。


暫くの、私の所作である。花飾りを海に投じ、日本酒を撒きつつ、清め祓いを行った。


最後に、神送りの、言霊である、音霊を、唱えた。


そして、すべてを、皇祖皇宗に、お返しするため、御幣を海に投じた。つまり、すべては、皇祖皇宗のお力であるという意味だ。


すべてを、終えて、男を見た。

呆然として、私を見ていたようである。

私が頷くと、男も、頷き、浮き輪から、ロープを離した。


オッケーと、言うと、男は、エンジンを掛けた。ゴーバック。


船は、元の道を戻る。

私は、船先にいて、また、しっかりと、両側の淵に手を掛けた。


船が速度を上げた。

すると、私の口から、念仏が出る。

その、念仏は、三種類の、唱え方だった。

繰り返し、繰り返し、念仏が口から出る。


どうしたのか。

冷静になりつつも、口からの念仏を、私は聞いた。

なむあみだぶつ なむあみだーぶ なむあみだんぶー

なむあみーだーぶ

それは、島に着くまで、続いた。



posted by 天山 at 16:40| トラック島慰霊の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。