2014年02月01日

もののあわれについて656

かくて西のおとどに、戌の時に渡り給ふ。宮のおはします西のはなちいでをしつらひて、御髪あげの内侍なども、やがてこなたに参れり。上も、このついでに、中宮に御対面あり。御方々の女房、押し合はせたる、数しらず見えたり。子の時に御裳奉る。大殿油ほのかなれど、御気配いとめでたし、と、宮は見奉り給ふ。大臣「思し捨つまじきを頼みにて、なめげなる姿を、進み御覧ぜられ侍るなり。後の世の例にやと、心せばく忍び思ひ給ふる」など、聞え給ふ。宮、「いかなるべき事とも、思う給へ分き侍らざりつるを、かうことごとしうとりなさせ給ふになむ、なかなか心おかれぬべく」と、宣ひ消つ程の恩気配、いと若く愛敬づきたるに、大臣も、思す様にをかしき御気配どもの、さし集ひ給へるを、あはひめでたく思さる。




こうして、西の御殿に、戌の時刻に、お出向きななった。
中宮の、お出であそばす西の対の噴水を整えて、御髪上げの役の、内侍なども、真っ直ぐに集まった。紫の上も、この機会に、中宮にご対面になる。お二方の女房が、一緒に来ているが、数えられないほどに、多い。
子の時刻に、御裳を、お召しになる。大殿油は、かすかだが、姫の様子は、とても美しいと、中宮は、拝見される。
源氏は、お捨てされまいと信じて、失礼に当たります姿を、進んでお目にかけました。後の世の先例になろうとか、狭い考えで、密かに気にしていました、などと、申し上げる。中宮は、どういうこととも、判断いたしませんでしたが、このように、たいそう、らしくおっしゃられるのでは、かえって、気が引けますと、何でもなく、おっしゃる様子が、とても若々しく、愛敬があるので、源氏の大臣も、理想通り、立派なご様子の婦人方が、お集まりだが、お互いの間も睦まじく結構だと、思うのである。

姫とは、明石の姫君である。
中宮は、秋好む中宮である。

後の世の例・・・
中宮が、太政大臣の姫君の、裳着の役を勤めたことである。




母君の、かかる折だにえ見奉らぬを、いみじと思へりしも、心苦しうで、参うのぼらせやせましと思せど、人のものいひをつつみて過ぐし給ひつ。かかる所の儀式は、よろしきにだに、いと事多くうるさきを、片端ばかり、例のしどけなくまねばむもなかなかにや、とて、こまかに書かず。




母君、明石が、このような機会にさえ、姫君にお目にかかれないのを、辛いことと、思っていたのも、気の毒ゆえ、参上させようかと思うが、人の陰口を恐れて、そのままになった。こうした邸での儀式は、普通の場合でさえも、何かと、煩雑で、面倒なものだが、一部分だけを、いつもの通り、まとまりなく写しても、どうかと思い、詳しくは、書きません。

最後は、作者の言葉。

片端ばかり、例のしどけなくまねばむもなかなかにや・・・
とて、こまかに書かず

時々、作者が、このように書き付ける。

いつもの通りのことで、詳しく書き付ける必要はないというのである。

物語の一つの特徴である。
当時の人ならば、想像がつく。
だが・・・現在の人は・・・

ただ、他の部分によって、少しばかり、想像することが、出来るが。
それも、また、面白い。




posted by 天山 at 01:56| もののあわれ第12弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。