2013年11月21日

国を愛して何が悪い107

日本人から国家観が消え、祖国を嫌悪する若者が次々と輩出されるようになったのは、アメリカの占領政策だけが原因ではありません。アメリカはソ連の共産主義も最大限に活用して、日本を骨抜きにしました。左翼勢力と合体して徹底したマインドコントロールが行なわれた結果です。
前野 徹 歴史の真実

ということで・・・
如何に、極悪非道を行なったかということである。
共産主義とは、アメリカ民主主義の敵である。

ロシア革命の直後、レーニンは、ソビエトを守る意味で、コミンテルを組織し、全世界に支部を作る。
日本共産党は、その極東委員会日本支部として、誕生した。

レーニンは、帝国主義戦争と内乱、というスローガンを掲げて、戦時にあっては、後方をかく乱させ、民族国家、主権国家を敗北に導くという、ソ連の革命戦略を起こした。

以前に、書いている通り。
この共産主義運動は、第二次世界大戦より、多くの死者を出したのである。

コミンテルの、32年テーゼ、36年テーゼで、日本の左翼分子に与えられた役割は、天皇制打倒、そして、日本の転覆である。

この悪魔の思想は、キリスト教から生まれたということも、以前、書いている。
マルクスは、神学生だった。

敗戦後、GHQの後押しにより、革新勢力は、息を吹き返す。
社会主義者たちは、社会主義革命と、ソ連擁護を掲げて、政府を弱体化させるべく、行動するのである。

共産党、社会党が唱える、軍備、警察力の否定、集団安全保障体制の否定。

特に、左翼勢力が力を入れたのが、教育である。

このような、破壊的な共産主義が、世界的な規模になると、世界は滅亡しただろう。

敗戦直後の、1945年9月15日、東久邇宮内閣が、新日本建設の教育方針を出した時、即座に、占領軍は、それを認めず、教育改革を性急に実施した。

教育内容、教育関係者をチェックし、教科書、教材に関して、調査と取り締まりを行なう。そして、教員の自由な政治活動を保証するという。

教員の組合には、助成するという、抜本的改革まで、やってのけた。

従って、占領軍に従わない人の、教職追放指令が出され、更には、神道に関わる教育、行事などを、全面的に禁止した。
修身、日本史、地理の授業を停止し、教育勅語も廃止、日本の教育は、完全に解体されたのである。

恐るべき、戦略である。
逆に見れば、それほど、日本と日本人が、恐ろしかったのである。

白人の敵とされた・・・

この政策に、便乗したのが、左翼勢力である。
1945年に、全日本教員組合、日本教育者組合が、出来る。
更に、それが、統合され、1947年、日本教職員組合、日教組が、誕生する。

この、日教組が、悪魔の集団と成り果てるのである。

共産党、社会党支持を強めて、日本の解体に、参加する。
その裏には、ソ連のコミンテル、中国共産党が存在した。

その際、文部省が、しっかりとコントロールすれば・・・
少しは、救いがあったが・・・
利権を獲得するために、日教組と、組んだのである。

文部省の認可、検定・・・
規制があるところ、権益がある。
莫大な既得権益を確保するため、日教組を利用するという、官僚にあるまじき、体質になってゆくのである。

つまり、教育は、日教組に、乗っ取られたのである。
悲劇のはじまり・・・

思想、教育、ヤクザに成り果てた、日教組・・・

もう一つ、労働組合・・・
左翼勢力に、取り込まれる。

共産主義国家を見れば、一目瞭然だが・・・
汚職、賄賂は、当たり前。
組合貴族といわれる、人たちが現れる。

天皇制打倒、階級闘争・・・
それが、如何に、滑稽なものか。

占領軍は、それさえも、利用するのである。
労働運動が解禁される。
そして、彼らは、ある事無いこと・・・拡散させる。

戦前、戦中の支配層が、徹底的に糾弾されるという、状況も起きた。

日本史は、敗戦まで、すべて悪いものだと言うのである。
育てて貰った親に楯突く、子供である。

今も、変わりなく、やっている。

そこから、総評、後の、連合が出来る。
共産党、社会党、日教組、連合・・・
まともな国、まともな日本人が、育つ訳が無い。

その社会党の大勢が、民主党という、政党を作る。
その三年半は、地獄の政治だったことは、新しい。

売国奴や、アンポンタンが大勢出た。
賢い馬鹿という、奴である。

受験に通るが、頭が悪い。
先祖の因縁が悪い。

権利を声だかに言うが、責任は、取らない。
大きな勘違いの中で、人生を送る。

そして、反日の大多数が、それらである。
更に、国外にも、反日の輪を広げている。

心地よい言葉、自由、博愛、平等、戦争放棄、平和主義を好み・・・
妄想全開の様、あはれ・・・である。





posted by 天山 at 07:01| 国を愛して何が悪い3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。