2013年01月10日

もののあわれについて597

源氏「さてかかる故言の中に、まろがやうに実法なるしれ者の物語はありや。いみじく気遠き、ものの姫君も、御心のやうにつれなく、そらおぼめきしたるは世にあらじな。いざ類なき物語にして、世に伝へさせむ」と、さし寄りて聞え給へば、顔を引き入れて、玉葛「さらずとも、かくめづらかなる事は、世語りにこそはなり侍りぬべかめれ」と宣へば、源氏「めづらかにや覚え給ふ。げにこそまたなきここちすれ」とて寄りい給へるさま、いとあざれたり。




源氏は、さて、こういう物語の中に、私のような律儀な馬鹿者のお話しはあるかな。酷く、人間離れした物語の姫君でも、あなたのように冷淡で、空とボケた人は、まさかいないでしょう。さあ、二人のことを世にも珍しい物語にして、世間に伝えさせよう、と、にじり寄り、申し上げると、玉葛は顔を襟に引き入れて、そうでなくても、こんなに珍しいことは、世間の噂になりますでしょう、とおっしゃると、源氏は、珍しいと思うか。本当に、またとない気がする、とおっしゃり、傍にお寄りになった姿は、洒落者だ。

最後は作者の言葉である。
兎に角、養女にした姫に、言い寄るという、源氏である。




源氏
思ひあまり 昔のあとを 尋ぬれど 親にそむける 子ぞ類なき

不孝なるは、仏の道にもいみじくこそ言ひたれ」と宣へど、顔ももたげ給はねば、御髪をかきやりつつ、いみじく恨み給へば、からうじて、

玉葛
ふるきあとを 尋ぬれどげに なかりけり この世にかかる 親の心は
と聞え 給ふも、心恥づかしければ、いといたくも乱れ給はず、んくしていかなるべき御有様ならむ。




源氏
思いあまり、昔の本を探しても、親に背いた子の例がない。

不孝は、仏の道でも、固く戒めている、とおっしゃるが、顔を上げず、御髪を撫でながら、酷く恨みに思い、やっとのことで、

玉葛
昔の本を探しても、おっしゃる通り、ございませんでした。この世に、こんな親の心は。

と、申し上げるのも、気恥ずかしいので、あまり酷いこともしない。このようなことで、一体、どうなってゆく方なのでしょう。

最後は、作者の言葉。





紫の上も、姫君の御あつらへにことつけて、物語は捨て難く思したり。まのの物語の絵にてあるを、紫「いとよくかきたる絵かな」とて御覧ず。ちひさき女君の、何心もなくて昼寝し給へる所を、昔の有様思し出でて、女君は見給ふ。源氏「かかる童どちだに、いかにざれたりけり。まろこそなほ例にしつべく、心のどけさは人に似ざりけれ」と聞え出で給へり。げに類多からぬ事どもは、好み集め給へりかし。




紫の上も、明石の姫君のご注文にかこつけて、物語は、捨てにくく思っていた。このままの物語が、絵にしてあるのを、たいそう上手に描いた絵だこと、と御覧になる。幼い姫君が、気づかずに昼寝しているのを、昔の自分を思い出すように、御覧になる。源氏は、こんな子供同士でさえ、なんと、ませていたことだろう。私は、やはりためしになるほど、気の長さは、誰にも負けないね、とお話しする。なるほど、例の無い恋愛は、数々、進んでなさったことです。

最後は、作者の言葉である。
物語の主人公である、源氏を突き放して見ているのである。




源氏「姫君のお前にて、この世慣れたる物語など、な読み聞かせ給ひそ。みそか心つきたるもののむすめなどは、をかしとにはあらねど、かかること世にはありけり。と見慣れ給はむぞゆゆしきや」と宣ふも、こよなし、と、対の御方聞き給はば、心置き給ひつべくなむ。上、紫「心浅げなる人まねどもは、見るにもかたはらいたくこそ。うつほの藤原の君のむすめこそ、いとおもりかにはかばかしき人にて、過なかめれど、すくよかに言ひ出でたることもしわざも、女しき所なかめるぞ、ひとやうなめる」と宣へば、源氏「うつつの人もさぞあるべかめる。人々しくたてたる人の、こめかしきをいつけるしるしにて、後れたる事多かるは、何わざしてかしづきしぞと、親のしわざさへ思ひやらるるこそいとほしけれ。げにさ言へど、その人のけはひよと見えたるは、かひあり、おもだたしかし。言葉の限りまばゆく誉め置きたるに、し出でたるわざなり。すべて、良からぬ人に、いかで人誉めさせじ」など、ただこの姫君の点つかれ給ふまじく、と、よろづに思し宣ふ。まま母のはらぎたなき昔物語も多かるを、心見えに心づきなしと思せば、いみじく選りつつなむ、書き整へさせ、絵などにもかかせ給ひける。




源氏は、姫君の前で、この色恋沙汰の物語などを、読んで聞かせてはいけない。隠し事をする物語の中の娘など、面白いというのではないが、こんなことが、世間にあるのだと、思っては大変だ、とおっしゃる。でも、大変な違いだと、玉葛の方が聞かれたら、源氏を警戒するでしょう。
最後は、作者の言葉である。

紫の上は、浅はかな人の真似は、見ていても、たまりません。うつほ物語の君の姫は、たいそう落ち着いて、しっかりした人で、失敗はないみたいですが、愛想の無い返事も、しぐさも、女らしさがないようで、同じく、いけません。とおっしゃると、源氏は、実際の人間も、そのようだから。人間らしく、各自の考え方が違うので、うまくゆかないのだ。悪くないが、親が気をつけて、育てた娘の、おっとりしているのを、大切に育てたと思い、それでも欠点の多いのは、どんな仕方で育てたのかと、親のしつけまで、思いやられるのは、気の毒です。でも、そうはいっても、身分に相応しい感じがするというのは、育てがいもあり、名誉でもある。口を極めて、聞く方が、赤くなるほど誉めておいて、それでいて、しでかしたこと、口にする言葉の中に、なるほどと思われることがないのは、酷く見劣りすることだ。大体つまらない人には、娘を誉めさせたくない、などと、ひたすら、この姫君が批難されないようにと、何から何まで、考えている様子。継母の意地悪な昔の物語も多いが、継母とは、そういうものと思うのでは、紫の上には、良くないと思い、厳しく選り分けながら、清書をさせたり、絵などを、描かせるのである。

時々、作者の思いが入り、中々、読みにくい箇所である。

当時の物語は、読んで、それを清書し、更に、絵も自分で描くということなのだ。

こうして、物語が伝えられていたのである。
読むことは、書き写すことだった。




posted by 天山 at 23:49| もののあわれについて第11弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。