2012年10月07日

天皇陛下について131

藤原氏一門の栄華により、当時の風潮は、贅沢だった。
そのため、宇多天皇は、先頭に立ち、倹約された。

石清水八幡宮へ行幸された時に、拝観者の車に、金の飾り物が沢山打ってある。それを御覧になり、あの金も、ことごとく抜き取らせよ、と、命じられたほどである。

その後、加茂の社に行幸された時は、目立つような車は、一つもなかったという。

宇多天皇の在位は、五年。
御位を貞仁王に譲られ、上皇になられる。

その翌年、ご病気になられ、崩御される。
御年、まだ40歳であった。

さて、少しばかり、当時の情勢を書く。

藤原氏の栄華の頃・・・
力をつけていたのが、武士である。
特に、源氏と、平氏である。
いずれも、元は、皇族である。

源氏は、第五十六代、清和天皇から出た。平氏は、第五十代桓武天皇から出ている。

将門の乱の時、その謀叛を朝廷に訴えたのが、武蔵介経基、つねもと、である。清和天皇の第六皇子、貞純親王の御子である。
この経基が、村上天皇の御代に、源氏を賜り、源氏の先祖となる。

平氏の先祖は、桓武天皇のひこ孫高望王である。
孫の将門の乱以来、一族として、一時衰えるが、将門を倒した、従兄弟の貞盛がいたため、この一門は、東国で栄える。

平忠常という者がいる。
高望王の、ひこ孫で、将門、貞盛の従兄弟である。

後一条天皇の御代に、安房の国司を殺した。
貞盛のひこ孫である、検非違使直方が、討伐に行く。だが、強い相手である。
朝廷は、直方を呼び戻し、源頼信に追討を命じた。
そこで、平定し、頼信は、忠常の兵士を、すべて家来とすることを許された。

平氏の根拠地である関東が、源氏の勢力の中に入るのである。
源氏が東国で盛んになる源である。

忠常の乱後、二十年、後冷泉天皇の御代に、陸奥において、安倍頼時の乱が起こる。
この時もまた、源氏が活躍する。
乱が起きた時、相模の国司であった、源頼信の子である、頼義が上京していて、即座に、追討しに出た。

頼義は、長子、八幡太郎頼家と共に、陸奥に下る。
頼時は、頼義の威名に、戦わずして降ったのである。

だが、再び、謀叛を起こす。
頼時の子である、貞任が殺され、平定するのに、九年を要した。
前九年の役、といわれる。

第七十二代白河天皇、1072年より、1086年。
源氏は、更に、後三年の役により、東国武士の間に、確固たる地位を築く。

平定したのは、義家である。

さて、白川天皇は、後三条天皇の長子である親王。
ご在位、15年で、御譲位される。
その後は、上皇の御所において、院政を行うことになる。

藤原氏の勢力は、もはや衰退の一途である。

白川上皇は、院政のために、朝廷とは別にして、院の御所に役所を置き、役人も別にした。
そこから命令を出されるから、藤原氏の専横は、抑えられ、勢力も削いだ。

しかし、天皇の政治が出来ない状態である。

院におかれた役所を院庁、役人を院司、院中を警備するため、別に武士をおいた。それが、北面の武士である。
院庁から出る命令が、院宣である。その威力は、天皇の詔勅よりも、上になった。
院政がある限り、天皇は、ただ御位に就いているだけと、なったのだ。

更に、白川上皇は、仏教を深く信じられて、御譲位10年で、法皇となられ、その後も、院政を続けられた。

それが、第七十三代、堀川天皇、1086年より1107年。そして、第七十四代鳥羽天皇、1107年より1123年。第七十五代崇徳天皇、1123年より1141年。
つまり、その御子と、御孫、そして、御ひ孫に渡る、三代、44年間、政治を支配したということである。

この間、仏教崇敬のあまり、国費は乏しくなり、御父、後三条天皇が改革したことが、覆るという事態になる。

つまり、親政14年、院政43年、57年、お一人で政治を支配したのである。

ただ、嘆いたことがある。
私の思うにならないことは、加茂川の水、すご六のさい、そして山法師の三である。

山法師とは、延暦寺の僧兵のことである。

武士が起こったと同じように、寺院の自衛のために、兵士を作ったのである。

また、僧兵同士の争いもあった。
つまり、寺院は、宗教の場ではなく、権力闘争の場と化したのである。

延暦寺の僧兵は、日枝神社の御輿をかついで、朝廷に直訴する。更に、興福寺の僧兵は、春日神社の神木をかついで、直訴するという。こちらは、奈良法師である。

朝廷は、源氏、平氏の二氏に命じて、対抗せざるを得ない状態になった。

それにより、武士の台頭が早まることになる。
いよいよ、武家政権の誕生となるのである。

僧兵の、悪行に関しては、省略するが、その行為は、僧にあらずの行動であった。




posted by 天山 at 04:30| 天皇陛下について3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。