2012年06月04日

国を愛して何が悪い14

日帝は植民地政策のひとつとして、朝鮮の土地所有権を明確にするための土地調査事業を行った。しかし、字の読めない人も多く、近代土地所有の観念もなかった朝鮮農民は、土地の申告をしなかったために、多くの土地は日本人地主の手に渡ってしまった。

とは、1908年に、東洋拓殖株式会社が朝鮮で設立され、農業拓殖を当初の主要事業としたものである。

上記の、韓国側の言い分は、全くのウソである。

字の読めない・・・
字を読めるようにしたのは、誰か・・・

更に、
これによって、朝鮮最大の日本人地主となったのが東拓である。東拓は、日本国内の食糧を確保するために朝鮮米を植えさせ、内地に輸出する産米増殖計画を行った。逆に朝鮮農民は餓え、土地・食糧を奪われた朝鮮人は日本本土や中国東北地方へ流出せざるをえなかったのである。
と、ある。

これも、真っ赤な嘘である。

餓えに苦しむ、朝鮮農民を救ったのは、日本である。

朝鮮総督府が、日本と朝鮮の土地兼併を嫌う当時の風潮を重んじ、東拓の土地買収を規制したのである。

更に、駐屯土と称される、国有地の処分において、東拓へは譲渡せず、自作農創設として、朝鮮小作人に分譲したため、東拓の移民事業は、挫折している。

結果、本来は、6千戸の入植を予定していたが、朝鮮に定着したのは、3883戸だけである。

そして、朝鮮半島における、東拓のような、日本人地主は、非常に少なく、土地が二束三文で手に入ったとしても、入植日本人の土地所有者は、半島全農地の一割にも、満たなかったのである。

騙し取った・・・
冗談ではない。

朝鮮の土地は、李朝末期には、土地の所有権は、ほとんど両班や、地主の手にあり、字の読めない小作人は、元々、土地など持っていないのが本当だ。

何故、ここまで、ウソを書き並べて、反日を育てるのか・・・
それは、正に、劣等感である。

逆立ちしても、日本のように、寛容になれない、その民族性の、劣等意識である。

逆に、朝鮮の農業が、遅々として進まなかったのは、朝鮮には、数千年の歴史があり、土地には、固定した地主が、すでに存在していたため、新田開発が、困難であったというのが、本当である。

日本農民が、朝鮮で開拓した農地は、良田ではなかった。
大河の遊水地で、交通不便、更に、塩害がある土地を、開墾地として、開拓したケースが多いのである。

日本人はわざわざ朝鮮に行って、こんな不毛の地を耕していたのだ。それなのに、東拓を含めた日本の農業移民が、朝鮮半島の美田、良田を強奪したなどとはよく言ったものだ。美田を占有していたのは、ほかでもない朝鮮人自身である。
黄 文雄

そして、この日本人の、地味で真面目な努力によって、何と・・・
朝鮮半島は、数千年の農耕国家では考えられないほどの、農業革命を起こすことが出来たのである、と、黄氏は、言う。

それもこれも、すべて日本人の手によって実現したことなのだ。


韓国人の無能振りと、どの時代になっても、腐敗する様を、以下、醜い韓国人の中で、朴テシュク氏が語るのを、書く。

やがて、夕暮れがせまり、登山客が下山しはじめました。そのとき、服装がみすぼらしい年寄りが、日本時代に架設した「漢江大橋や、京釜線、京仁線は完成してから七十年以上たっており、韓国動乱(朝鮮戦争)中には、連日、米軍機の攻撃を受けて壊され、修理さけたというのに、今までなんともないのに架設して十五年で落下するような橋をつくったのは、誰がなんと言っても、不実工事で人災だよ」と大声で話していました。
誰も、異論を差し挟む者がいませんでした。ところが、その年寄りが続けて「日本人はなんと言っても境遇に合わせて、正しいことをする」というと、若者たちが礼儀も心得ずに「老人様よ。日本は東亜を侵略し、数百万人を殺害した殺人魔だ」と、怒鳴りました。
老人は、無礼な若者たちに「君らは下山して、家に帰るまで、歩道のブロックを見なさい。大半が、無茶苦茶な不正工事だよ。その実例を見て、今の社会がいかにいい加減であるか、実感できるだろう」と、応酬しました。青年たちは聖水大橋も不正工事だと判明したら、自分たちもそう確信するが、「老人様は、なんで日本人を讃えるのか」と言った。

老人は「お前たちは知らないだろうが、日本人の役人が賄賂を取って、民願事項を決定した例はなかったよ。今のわが国の公務員は、賄賂がポケットに入らないから、伏地不動をしているではないか。毎日の新聞に伏地不動という新語がのって、国家公務員の執務姿勢を批判しているのを知らないのかね?」と激昂して、言い返しました。

つまり、韓国人は、朝鮮人なのであり、その癖から、抜けきれないのである。
癖とは、両班時代からの、癖である。

その、無慈悲な民族性、その民族の性格・・・

大統領になると、その周辺から、必ず、収賄の匂いが漂うのである。
そして、それ以下の権力を持つ者たち。

21世紀に入り、韓国社会は、暗闇である。
甚だしい、犯罪大国と化している。

あの、小さな国が、である。

儒教文化など、無いに等しい。
更に、文化、道徳など、どこ吹く風。

その、鬱憤を反日で、晴らすという、根性である。
未来など、描ける訳が無い。

韓国が成功しているものは、すべて、日本からの、借り物である。
サムスン電器は、世界に乗り出して・・・
ソニーの技術を盗んで、堂々の世界入りである。

勿論、私は、商売の世界であるから、それに関して、批判する何ものも、無い。
寛容なのである。




posted by 天山 at 00:00| 国を愛して何が悪い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。