2011年10月22日

性について。185

売春の根源としての環境は、次の三つの観点から考えられなくてはならない。まず経済的条件、次に品行、そして、知的水準である。
ガブリエル・マンシニ

この、最初に上げた、経済的条件、これが、最大のものであると、私は、思う。

マンシニも、思うように栄養がとれず、寒さになやみ、生活に安楽さがなく、男女関係がでたらめで、住む場所は不潔である、と言う。

東南アジアを廻った私は、それがよく解る。
その地域の、売春の根源的問題は、貧困である。

劣悪な生活環境・・・
あまりにも、酷い。

更には、児童までも、その対象にされる。

タイ、パタヤは、アジア最大の歓楽街である。
そこには、売春を目的とする、欧米人、アジア人、アラブ人・・・多数が、やってくる。

その、売春に関して、私が尋ねた問題は、タイ、東北部、イサーンから出稼ぎに出てきた女性が、最も多い。
第一の理由は、貧困である。

更に、離婚をして、子供を親元に預けて、仕事を探して出た。
マッサージは、手っ取り早い仕事であるが、そこが、売春の場所になる。
なる、というのは、最初は、マッサージであるが、それでは、自分の生活も立てられないほど、収入が少ない。

ある地元の、女性が、彼女たちは、可哀想だと言う。
少しのお金しか、入らない。
要するに、売り上げの、三割を貰う程度なのである。

次第に、そこから、売春という、手っ取り早く稼ぐ方法を、選ばざるを得ない。
子供と、親に、仕送りするためである。

売春をしない女性は、マッサージの中で、スペシャルサービスという、性器愛撫をして、チップを貰うのが、精々である。

パタヤには、そんな仕事を、求めて、ベトナム、ラオス、カンボジアからも、女性が入ってくる。
あるいは、ミャンマーからも、である。

地中海沿岸地方、ブルターニュ地方、郊外工業地域、過度の人口密度をもつパリの各区、貧困で山脈にさえぎられて孤立している小さな郡、こうした地域から若い女性が家族を離れて冒険に赴くのであって、彼女らはたいてい農家出身である。家族にふりかかったあらゆる種類の事故、たとえば夫を失って未亡人になったり、あるいは離婚に見舞われ。私生児を産み、アルコール中毒になり、怠惰な暮らしをし、犯罪の前科があり、また失業におちこむ、こうした出来事で、彼女らは貧困に打ちのめされているのである。
こうした娘たちこそ、まだ間に合ううちに救済の対象としてやらなくてはならない。
ガブリエル・マンシニ

学者というのは、分析に長けているが、救済の方法を、知ることがない。

上記、あらゆる、地域に言えるのである。

少数民族の人たちは、そのあまりの、貧困に、売春だけが、頼りという、人たちもいる。

タイから、ミャンマー国境を抜けて、ある少数民族の村に入れば、夜は、そこの、女性が相手をしてくれるという、勧誘が、多い。

料金は、2000バーツ、6000円である。
しかし、斡旋した者が、半分程度、頂くのである。

収入の無い、村では、それが、唯一の収入の道ということになる。
その問題は、文明化である。
国が、文明化を、目指しているから、昔ながらの生活では、生きられなくなったのである。

自給自足の生活の中に、文明化が、起こると、電気、水道・・・・
それらは、お金が必要である。

しかし、国は、彼らに、収入の道を作らない。
だから、どんどんと、立ち遅れる。

カンボジアなどは、最悪である。
子供、少女、幼女を買うたに、村に、男たちが、入る。
とても、とても、あこぎな人身売買をする。

その、少女、幼女を、目当ての、買春を目指して、来る、日本人の男もいる。
その、売春地帯は、町の中でも、最も危険な場所として、紹介されるが、違う。そこにこそ、児童買春の宿があるのだ。

日本も、敗戦から、米兵に体を売る、女たちが、多く存在した。
それ以外に、生きる道は、ないのであった。
親兄弟を、養うために、わが身を犠牲にした、女たち、である。

しかし、悲劇的な、側面だけでは、理解出来ない。
現在は、お金ほしさに、進んで、体をお金に還るという、援助交際なる言葉で、飾りつけた、堂々とした売春行為が、存在する。
それが、日本である。

売春の、質的問題が、発生しているのである。

ガブリエル・マンシニさんのような、学者では、分析出来ない、売春の時代に、相成ったのである。

だが、貧困は、今でも、売春と、不可分の関係がある。

売春の、根源的問題と共に、温床は、貧困なのである。
そして、それは、構造的な政治問題でもある。

人類が、消滅するまで、売春は、続く。
つまり、貧困が、続くということである。

生きるために、女は、体を開く・・・・
すると、現代は、男も、お金のために、股間を、空けるということになっているという、新しい時代なのである。

同性愛のコーナーで、売春を扱わなかった。
同性愛者も、売春の対象なのである。




posted by 天山 at 07:08| 性について4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。