2011年08月09日

がんばらなくていい東北 松島被災地の旅 5



 われ言はん言葉もなくていたづらに口を閉じたり、いと口惜し―――『笈の小文』の一文である。松尾芭蕉が旅の第一の目的地、松島についたときの心中を吐露したもの、と言われる。

 芭蕉は松島の風光明媚さに心をうばわれ、このように思った。
 私は、松島海岸から一本道を奥に入った、東名の被災ぶりを見て、同じことを思う。
 表す言葉がないのである。美しさの極みも言葉にならないが、もの凄まじさの極みも、同じく言葉にならない。

 言語化の野心を今はあきらめ、率直に旅の先をしるした方がいいだろう。
 東名の集落を一周したあと、川を渡って、活動場所である永松さんの実家へもどった。
 すでに炊き出しははじまっていた。
 それまで人を見るのがまれだったのに、どこからともなく現地の人々が集まってくる。
 庭にはブルーシートがひかれ、キャベツやチンゲン菜などの野菜、台湾から来た台湾茶などの支援物資が積まれている。ひと家族一個まで、と立て看板がある。とはいえ決まりはゆるやかなようで、人によってはいくつも持って帰っていた。活動の最後に、少し余りが出るほど、野菜類は豊富だった。

 山形の新庄から来たらしい、そばの炊き出し隊がそばをゆでる。中華そばのような麺である。大鍋もあり、手馴れた様子だった。

 ゆで上がるまでに少し時間があった。
 永松さんが、子供たちとすいか割りをやるという。
 道の真ん中にビニールシートが敷かれ、すいかが置かれた。
 そこで問題が起きた。すいかがあっても、叩く棒がない。
 
 何かかわりになるものが無いか、探し出す永松さんだった。
 木刀のような、ちょうどいい棒…
 いざ探すとなると、見つからないものである。
 庭の脇に、角材があった。長すぎるので、ボランティアの男の人が、ひざを使ってへし折った。少し細すぎて、すいかが割れるか、心もとなかったが、仕方ない。すいかと棒がそろい、すいか割り大会がはじまった。

 子供たちが、大盛り上がりしている。
 一列に並び、自分の番をいまかいまかと待っている。
 両脇には親御さんが立ち見している。

 活動のはじまる前、永松さんから、かるく今回の目的をうかがっていた。
 何とか人の集まる機会をつくりたい。互いに情報交換ができる場が欲しい。
 情報交換が、被災地において、どれほど重要か、翌日にくわしくきいた。

 炊き出しや、支援物資の手渡しを通じて、散り散りになった人と人をつなげようとしている、と私の目にはうつった。

 すいか割り大会がはじまった。
 子供たちの歓声があがる。
 しかしふと、何かが足りないと思った。
 盛り上げ役が永松さん一人しかいない。
 催しものにつきものの、司会役などがいないのである。永松さんは主催者、場所の提供者、さらに司会の、一人三役以上やっている。そこで私は思いついて、二階へ上がり、手荷物から笛を取り出した。

 超初心者なので言うのもおこがましいが、私はお祭囃子の笛吹きである。
 こういう子供たちの賑わいには、BGMがあるとなおよい。
 もちろん無いなら無いでいい。しかしあると、ちょっとは雰囲気が出る、はず。
 
 おかめ、ひょっとこを踊らせる、ノリのいい曲を吹き出した。永松さんは、やってくれとも、やるなとも言わない。もともと笛を吹くのは私の日課なので、自然とそれをやったまでのこと。

 きかせるでもなく、子供たちの、棒を振り上げ、振り下ろすに合わせて、笛を吹く。太鼓のばちの上げ下ろしと同じなので、何のことはなく合う。まさかこんなところでお祭囃子の経験が生きるとは。

 てきとうなところで吹き止め、笛を手にして立っていると、おじいさんが寄ってきた。「あんた、神楽やるのかい」ときた。神楽というか囃子をやります、というと、「神楽の囃子かい」と、うなずいている。少し違うが、まあいい。こちらにも神楽あるんですか、ときくと、あるある、という。意外なところから、現地の人との交流がはじまった。

 おじいさんは笛を手に取り、穴は七つか、と眺める。その一言で、祭りのわけ知りとわかった。日本の祭笛には、大きく分けて七つの穴があるものと、六つのものとがある。たとえば大阪のだんじり囃子だと六つである。それぞれの地域によって、七つと六つの違いがある。
 つまりおじいさんのやる神楽(?)では、笛の穴は六つなのだ。
 仙台のお祭でやるという。笛はやるんですか、ときくと、やらないと言いつつ、穴をふさいで息を吹きこむ。音が出た。普通、笛は、多少なりと経験がないと、少しも鳴らないものだ。おじいさんは笛の経験があるのが、それでわかる。

「長いね」とおじいさん。
「ええ、うちの方では、長くて大きい方が音が大きいというので」
「いやいや、そんなことはない。短くても、高い音がよく鳴るもんだ」

 大先輩から言葉をもらい、嬉しくて何度も相づちを打った。

 芸というのは、こうして人との交流のきっかけになる。そばがゆで上がった。おじいさんは、「いい匂いがしてきた」と、笛を返してそばを食べにいった。花より団子。やっぱり万人を喜ばすのはおいしい食べ物だ。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。