2011年08月07日

霊学30

そもそも自己愛は自体愛的な原始的な自己感覚にその起源があるように、何か温かみがあって居心地が良くて、住み慣れていて、ある種のくさみがあるようなーーー言語以前のものでみちている自己感覚と密着したものであり、しかもそのような自分の隠れ家であり、安全装置であり、防御でもあるようなものです。
小此木

言語以前の自己感覚・・・
これは、心と深いつながりがある。
身体意識とも言う。

心は、脳が作った・・・という、人が多くなった。脳科学のお陰である。
しかし、脳以前の、感覚、それを、私は、身体感覚と呼び、それを、心のあり様として、捉える。更に、言語以前ということが、大切である。

言語というのは、左脳によるもの。
それでは、身体感覚は、右脳である。

では、心は、右脳か・・・
違う。
身体感覚のうちでも、それは、心臓である。

これに関しては、後々に、詳しく書く。

今は、自己愛である。

ところが、人間はプライバシイとか、秘密の自分とか、自分ひとりにしかわからないひそかな自己愛とともに、対人関係における相互性とエロス的コミュニケーションの中で、現実の経験の裏づけを受けて発達する社会に是認された自己愛=アイデンティティをもつようになる。
小此木

さて、ここでは、対人関係と、エロス的コミュニケーションである。
対人関係における、相互性とは、制度化したり、社会化したりした形での、維持するアイデンティティである。

それを、共有した人たちとの、連帯した感覚であり、その関わりが、アイデンティティとなるのである。
国家、宗教、主義、主張である。

単独では、アイデンティティにはならない。

エロス的コミュニケーション・・・
これは、また、大変なテーマである。
簡単に書いているが、これを、説明するために、費やす言葉は、大量になる。

エロスの定義から、始めなければ為らない。

ですから、人間が健康な自己愛をみたして発達させるには、このようなミューチュアルな関係を、どけだけ多く発見し、経験し社会化していくことができるかが課題になるのです。
小此木

そこで、フロイトの、自律性の発達段階が、出てくる。
肛門期、男根期・・・

小此木氏は、幼児的でプリミティブな自体愛を捨てさせて、その代わり、より発達した社会性をもった、自己愛を与えることが、子供の教育に必要であると、説く。

さて、相互性とは、対人関係や、社会に限らず、根源的には、自然と人間との間にも、成立する、調和した、感覚なのであるということだ。

人間の強さとは、相互性への、信頼をどのようにして、身につけるか、どうやって、相手、それは、自然から、人間、社会、歴史まで、含めて、相互性を見出すということ。そして、それを、確立してゆくかということになる。

相互性を持った自我と、社会の出会いに成功するか、否かが、その人物の人生の、別れ道になる、場合が、少ない。

そこで、この、自己愛の、本来のテーマは、現代人の、自己愛を、考えるものである。
つまり、病的な自己愛が、肥大化した人間の様を、考えることである。

健康な、自己愛ならば、語ることもない。
それが、損なわれ、傷つき、その防衛の代償としての、自己愛が、跋扈するから、問題なのである。

通常の、心理学の教科書をお勉強するなら、これを、書く必要は無い。
良い教科書は、多々ある。

その病的で、自己愛が肥大化すると、どうなるのかである。

そして、小此木氏も、それが、テーマなのである。

それを、知ることにより、自己回復を促す。
そして、健康な自己愛を、取り戻すことなのである。

端的な例を、上げる。

学業優秀で、見た目も、ハンサムな男が、ある程度の、出世をした。
ところが、彼は、成長の過程で、健全な自己愛を、創造できなかった。
非常に、現代に多く見られる傾向である。

最初から、勝ち組にいるような、錯覚から、言葉、態度に、人を軽蔑、卑下した見方をする。

最初から、つまり、生まれながらに、自分は、他の人間と違うのだという、明らかに、病的な自己愛を作り上げてきたのである。

その、最大の、根拠が、学歴、学業優秀なのである。
勿論、そのように、努力したのであるが、それが、唯一の自己愛の、拠り所となる。
そして、幾つになっても、対人関係では、納得しない、満足出来ない、人間関係しか出来ない。

それは、結婚生活でも、そうである。
妻は、我に従うべきモノ。
妻にさえも、歪んだ自己愛を、投影するのである。

更に、悪いことは、他人をも、歪んだ自己愛からしか、理解できないのである。
だから、指導的立場にしか、立てないのである。
だが、誰も、それを、望まない。
そして、悲劇が起こる。
孤立である。

それは、周囲の人たちにも、問題がある。
学歴の高い彼を、尊敬しなければならないという、無意識の意識が、働くからである。
誰も、彼のことを、批判出来ないのである。

だから、更に、孤立する。




posted by 天山 at 07:02| 霊学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。