2011年07月15日

最後の沈黙を破る。55

戦争犠牲者の追悼慰霊を、はじめて、丸五年が過ぎる。

アジア、太平洋の国、10カ国を廻った。
知らないことが、多いと知る。
更に、大東亜圏の広さである。

中国、モンゴルまでを入れると、相当に広い範囲である。

慰霊は、日本にても、出来る。
しかし、追悼慰霊は、その場に出かけなければ、ならないと、考える。

その戦いの場所に立ち、追悼する。

戦記を読む。
更に、現地の人に聞く。

不可抗力によって、兵士になり、その地で、斃れる。
赤紙一枚で、命を引き換える。

戦争とは、そして、あの、戦争とは、何かと、考える。

今でも、日本兵の幽霊が出るという、場所にも行く。
敗戦から、67年を経ても、幽霊として、出るという、悲しみ。

霊の存在の、有無ではない。
そのような話しが出るという、あはれ、である。

更に、場所によっては、戦士ではなく、餓死、病死である。

無念の想い・・・

言葉に出来ずに、歌詠みをする。

どうして、こんなところにまで来て、死ぬことになったのか・・・
当時の、若者たちも、そう、思ったであろう。

更に、私は、敵、味方関わらず、慰霊をすることになる。
それは、両者同じ、境遇だからだ。

見知らぬもの同士が、戦う。
憎みも、怨みもない者同士が、戦う。
この、不合理。

この、人間の蒙昧との、戦い。
私の中でも、戦いがある。

国のために、死ぬとは、一体、どういうことなのか・・・
日本は、あれから、67年、戦争をしていない。
それは、実に、珍しい。

アメリカは、毎年、戦争をしている。続けている。
その精神状態は、如何なるものか。

紛争、内戦は、至る所で、行われている。

いつまで、この、蒙昧が、続くのか。

戦争は、国際社会の、紛争の一つの解決手段であると、簡単に言う事が出来る。
しかし、それに関わるのは、生身の人間である。

一人の人間を殺せば、殺人罪である。
しかし、戦争では、多くの人を殺すことが、求められる。

私は、パプアの、ビアク島に出掛けた。
一万二千人の日本兵が、洞窟で、火炎放射器で、焼かれたという。

その洞窟に立った。

現在の、インドネシア、イリアンジャヤである。
ニューギニア戦線の最後の、激戦地だった。

洞窟は、インドネシア政府によって、見事に整理されていた。
それ以前は、遺骨が、そのままだったという。

私の知り合いではない、
一人の兵士の名前も、知らない。
しかし、同じ日本人として、私は、深く深く、黙祷した。

言葉も、無かった。

彼らの、家族の思い・・・
それも、胸を痛めた。

ここで、この場所で・・・

阿鼻叫喚の中で、死に絶えた兵士たち。
何を思ったのか・・・

すでに、過去のことである。
知らずに済むことである。

もう、忘れてもいい。

そして、忘れてください、とも、感じた。

あはれ

私は、洞窟の中で、君が代を、二度、斉唱した。

言葉にするのは、虚しい。

その行為が、衣服支援となった。

それは、現地の人々を巻き込んで行われたのである。
現地の人々も、多く亡くなった。
何の関係もないのに。

死ぬまで、私は、続ける。



posted by 天山 at 18:28| 沈黙を破る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。