2011年05月10日

天皇の島ペリリュー島へ10

ホテルには、日本人が、コロール島に戻る日までに、私を含めて、四名だった。
二人の男性は、ツアーに参加した、戦跡の写真を撮る人と、ダンビングに来た人、そして、政府関係の仕事をしている、男性である。

それぞれの、人のことは、省略する。
ただ、政府関係で、中部太平洋の島国に、漁業指導や、資源調査をしている、男性は、私と同じ、定期便で、コロールに戻った。

朝、10時出発の定期船である。

私は、9:45に、ホテルを出た。
ママさんが、いいですよと、言うが、私の荷物の一つを持ち、見送る。
また、来てね
待っていますよ
なんとかこんとか・・・

子供たちが、喜んだよ・・・
ママさんの、一番下の女の子も、その中にいたのである。

ネクストタイム・スティヒア
と、私は、言って、お別れした。

矢張り、船は、難民船の如く。
荷物と、人と一緒である。
そして、なんと、一緒に乗ってきた人たちが、乗っていた。

あらっ・・・
皆さん、私のことを、覚えていて、挨拶。
なんとかこんとか・・・なんとかこんとか・・・
どうぞ、と、差し出された、お菓子は、手作り。

この、定期船は、荷物だけではなく、本島に手紙も、運ぶ。
一人のお婆さんが、手紙を持参して、受付の男の子に、渡している。

ハンサムな受付の男の子は、非常に、ニヒルだ。
女の子にも、興味を示さず、淡々として、業務をこなす。
そして、一人の囲いを作っている。
何とも、南国のムードではない。

ただ、私が、
ユーハンサムボーイと、言った時だけ、笑った。

船が出発した。
私は、その時、操縦室の横に、腰掛けていた。
船長が、なんとかこんとか・・・それで、なんとかこんとか・・・と、言って笑った。
私も、笑った。

だが、長くは、そこに居られない。
揺れと、振動が激しいのである。

矢張り、一番下の、荷物を積んである場所に、移動する。
そして、ゆっくり進む、浅瀬の時は、少し寝た。

三時間半の我慢と、思った。が、三時間で、到着した。

船の中で、ホテルで一緒だった、政府関係の仕事をしている方から、重要な、情報を得た。

それは、中部太平洋の島国の、衣服事情である。
何と、大半が、古着を、売っているそうである。
アメリカの古着が、大量に送られて、それを卸で買い、古着店として、堂々と、営業していると、言う。
それなので、古着も、関税の対象になったという。
これは、ボランティアで、差し上げる衣類だといっても、信用されないという。

商売だと、決め付けられて、関税の対象になるから、注意してくださいとのこと。
更に、日本の古着も、送られてくるようになったと言う。

それは、膨大な量であると、言う。
古着でも、新品と、同じ感覚なのである、と言う。

今、支援が必要なのは、バングラディシュ、パキスタン、ネパールだと、教えられた。そこは、寒い時期があるからだと、言う。

東南アジアも、山岳地帯は、寒くなっていますと、言うと、へーと、驚いていた。

バングラディシュと、ネパールには、行く予定である。
ただ、パキスタンは、非常に、難しい。危険である。

危険を、恐れはしないが、パキスタンの情報が、無いのである。

さて、船が港に着くと、ホテルのドライバーが、待っていてくれた。
ありがたい。
本当なら、自分で、タクシーを頼まなければならないのである。
ホテル従業員の、協力である。

ドライバーが、荷物が、一つ足りないと言う。
私の荷物の数まで、覚えていた。
支援物資を渡したので、一つのバッグは、バッグの中に入れてある。
それを、英語で、話すのが、面倒で、オッケー、オッケーを、繰り返した。

昼の、一時を過ぎていた。
丁度良い、時間である。

フロントのお嬢さんは、笑顔で、迎えてくれた。
そして、今回は、三階の部屋ではなく、二階の部屋であり、何と、灰皿が用意されていた。
見られたのである。私が、部屋で、タバコを吸っていたのを。

しっかりと、ゴミ袋に、隠したのに・・・

ここで、二泊して、帰国することになる。
私は、早速、買い物に出掛けた。
スーパーと、弁当屋である。

弁当屋では、そこで、食べることにした。
チャーハンと、おかずを選ぶ。

おかずの、コナーには、色々な、種類がある。

そして、何と、私が、選ぼうとすると、店のお姉さんが、美味しいのは、豚肉の煮た物だと言う。
別に、それを、売りたいために言うのではないことは、解った。
他のものも、まだ、大量にあるのだ。

それでは、と、豚肉の煮物を選んだ。
本当に、美味しかった。

あまりに、素直で、何となく、ほのぼのとした、気分になった。

ホテルに、戻り、その夜の、食事は、初めて、韓国料理の店に行くことにした。
それまで、ゆっくりと、休むことにした。




posted by 天山 at 00:00| 旅日記 天皇の島ペリリュー島へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。