2011年01月06日

神仏は妄想である 316

神の死とは、いないものはいない、というニヒルに徹することである。・・・
しかし、神がいないというかまえ方を、神の死の神学者は捨て身でしてみようというのである。ここでは、一種の実存的なニヒリズムがある。あるといわれているから、自分にはわからないが、あるのだろう、というのではなくて、たとえ、あると言われても、自分にはないとしか思われない、という個人的・自伝的な「告白」が、ここには提出されている。いままで、神の死を言った人は少なくない。ニーチェもカフカもカミングスも「神の死」について語ってきた。しかし、まじめな神学者が、まじめに神がいないというのは何事なのか。
ここには、恐らく、ラディカルな神学者の自らの内的苦悩がかくされていよう。「神」の死を言うことは、したがって、ただの思いつきではなく、人々が言いたくても言えなかったこと、自分が感じているがゆえに黙すわけにゆかぬこと、などを、いわば預言者的に表明したことになるのである。
小原 信 改行は、私

旧約聖書に登場する、神のように、五千年来、神が、登場することがなかった。
更に、新約聖書のイエス以来、二千年間、イエスは、登場することがなかった。

雲に乗って、天から、イエスは、やって来ない。

もう待ちくたびれた。
あの、ヤハウェは、どうした。エホバは、どうした。

その間に、幾多の信者たちが、死んだか。
そして、彼らは、本当に天の国に、入ったのか。
誰も解らない。

大半の、霊位が、教会の上空に、漂っている。
これは、私の霊学からである。

勿論、極楽を目指した、霊位も、寺の上空に、漂っている。

いわゆる「神」はわからない。求めれば得られるともかぎらないのである。神は眠っているのか。旅にでたのか。死んでしまったのか。たしかに、神の死は、しばらく前から、思想上の大きな問題であり、謎であった。ブーバーは「神の日蝕」と言い、ティーリケは「神の沈黙」と言い、シモーン・ヴェイユは「神を待つ」と言う。
遠藤周作の「沈黙」は、日本的状況のなかでの神の不在を説明するのに大きな役割をはたした。
小原 改行は、私

さて、延々と、小原は、神の死、に関して、書き続けている。

一つ、誤りがある。
遠藤周作が、日本的状況の中で、神の不在を説明するのに、大きな役割を果たしたというが、それは、違う。
日本には、欧米の、キリスト教の神観念は、無い。

その、神観念が無い日本で、神の不在も何も、あったものではない。

遠藤周作の、誤りであり、勘違いである。
遠藤の、考える神など、日本には、存在しないのである。

それを、何故、神不在の、云々と、評論するのか・・・
実に、ナンセンスである。

更に、遠藤の、神や、イエスは、遠藤の、神や、イエスであり、彼、個人の妄想である。
更に、歴史的にも、誤っている。
完全、完璧に、甚だしい、勘違いによって、書いたものである。

何故、遠藤の、書いた、イエスが、私を踏みなさい、あなたの痛みを、私も、また、痛む・・・などという、アホなことを、書いたのか。
あれは、限りなく、日本的情緒の、情緒酔いである。

浪花節とでも、言う。
イエスが、浪花節であるわけが無い。

小原氏も、ここにおいて、神観念を、混ぜて論じている。
キリスト教の、神の死、のことであろう。

ここで、はっきり、言っておくが、遠藤周作は、キリスト教の、神というものを、全く知らないという。
更に、彼の中には、キリスト教の、神は、存在していないのである。
その、一連の作品の中には、一度たりとも、キリスト教の神、そして、イエスは、皆無である。

彼の、イエスの生涯、なども、全くの、出鱈目である。

勿論、文学作品としては、評価するものもあるが、神とか、イエスに関しては、素人丸出しである。
あれにより、神や、イエスを知ったと、思った人たちは、改めたほうがよい。

神の死の神学者は、ばくぜんと、神がいる、とは思わないのである。そうではなくて、神がいないという無を徹底させて、いままで多くの人がぼんやりと期待していたり、べったりと盲信的に信頼していた神をなぎはらってしまうのである。
小原

神学者のくせにけしからんとか、神学者だからまさかそんなことは言えない、というのは、人間疎外であり、自己疎外なのだ。私は、真剣に神の問題を考えるがゆえに、自らの立場をかえりみずに、神はいないと言い切った、神の死の神学者に拍手を送りたい。真実の不信仰は虚偽の信仰にまさるからである。
小原

真実の不信仰は、虚偽の信仰に、勝る。
そても、事実を、表明している。

ここから、はじまる。
いよいよ、新しい時代が、はじまったのである。

ということは、既存の、信仰は、改められなければ、ならない。

イエスは、新しい時代は、新しい皮袋が、必要だと、言う。
その通り。
イエスの時代から、二千年を経ているのである。
新しい、時代が、到来したのである。

それは、すべての、宗教に言えること。

滅びに瀕する、日本、仏教にも、言えるのである。
仏教は、死んだ。



posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第7弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。