2011年01月03日

明るい悲惨、ビサヤ諸島 3

日本にて、セブパシフィックを予約していた。
セブ島から、ネグロス島の、バコロド行きである。

朝、8:30発である。
ホテルから、6:30に出発する。
タクシーを予約していた。

300ペソだと言う、運転手。
またまた、はじまった。
兎に角、タクシーは、吹っ掛ける。

だが、それも、理由が解っている。
タクシーは、自分の持ち物ではなく、借り物であり、一日当たり、セブシティだと、1400ペソ、マクタン島だと、700ペソで、借りているのだ。

それでも、空港までは、近いし、高い。
コーターが、250ペソと、値切った。
すると、素直に従う。

そして、運転手が、話し始める。
仕事の大変さである。

二時間半かかる、町から、出稼ぎに来ているのである。
子どもが、9人で、また一人生まれると言う。

余計な話しだが、いつも、思う。
産児制限の教育がされていないのである。
更に、カトリックの国。
これが、問題である。

快楽のセックスは、禁止であり、妊娠した場合は、生むべし、である。

コンドームの配布も、ままならないのである。

カトリックは、これで、多くの支持者から、見放される。
このままでは、貧しい人々の養成を、推し進める。
せめて、若者に、避妊の教育を推進するべきである。

ストリートチルドレンの多くは、若い親から、生まれる。そして、育てられなくなり、町に放り出すのである。

よほど、頭のおかしい人でない限り、性欲というものは、健全にしてある。
それを、抑制せよというのは、無理。

性欲を、快楽と、決め付ける、宗教の教義は、実におかしい。
快楽あっての、人生である。
それは、無軌道ではない。健全な、欲望である。

だから、こそ、避妊の教育と、推進が必要なのである。

貧しい国は、特にそうである。

更に、問題なのは、子どもは、多い方がいいのである。
何故か。
死ぬからである。
病に罹っても、病院に行けない。つまり、治療無しで、死ぬ。

子どもが、多ければ、その中の一人でも、成功すれば、儲けものである。

海外に出稼ぎに出て、どれほど多くの、家族、親族が助かるか、である。

一人の、収入を当てにする。
フィリピンの、最悪の国情である。

運転手が、私たちの、活動を聞いて、言う。
私の町に来てくれ。
貧しい人で、溢れている。私たち家族は、政府に、貧しい者として、認められていると。

ああーーー
そう、どこに行っても、そう言われるのである。

搾取と、賄賂の国。
人命軽視の国、フィリピンである。

権力と、金を持つ者だけが、生き残る。
更に悪いのは、権力、金を持たない者は、人間として、認められないのである。

罪に問われても、権力と、金を持つ者は、罰せられないという。

5000円でも、金のために、人を殺す国。
民主主義とは、笑わせる。

これは、スペインの植民地時代からの歴史を書いて、説明しなければならない。
だが、省略する。

私たちは、たっぷりと、運転手の、話を聞かされて、空港に到着した。

国内線乗り場は、すでに、人が沢山いた。
早い時間の、飛行機もある。

前回、間違って出かけた、トマゲッテイ行きは、私たちの、一時間前に、飛ぶ。

水を持って乗り込めるので、私たちは、何本もの、ペットボトルを持参していた。

大きな物は、5リットルボトルである。
コータが、それ駄目じゃないのと、言う。が、私は、水は、いいんだから、駄目と、言われたら、文句を言う。

私は、常に、大声であるから、嫌われるか、銃で、撃たれるだろうと、思っている。

まあ、5リットルのボトルは、他のボトルに移せたので、問題なかった。

バコロドまでは、35分で、着く。

8:00までに、登場口にということで、無料インターネットと、タバコを吸うために、喫煙室に出たり入ったりする。

登場口には、人が並ぶからと、私は、8:00になっても、うろうろしていた。
すると、アナンスである。
驚いた。
私と、コータの、名前が、呼ばれた。
急いでください
えっ
何で・・・

それもそのはず。
登場口は無い。
飛行機には、バスで、移動するのだ。

焦って、行くと、ムッとして、係員がいた。
バスが、私たちを、待っている。
すでに、他の客は、飛行機に乗り込んでいた。

これが、タイならば、乗せてもらえなかった可能性がある。

私たちが、乗り込むと、扉が閉まった。
そして、すぐに、飛行機が動き出した。

はい、時間です、ではない。客が、全員乗ったら、出発なのである。




posted by 天山 at 00:00| 明るい悲惨、ビサヤ諸島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。