2011年01月01日

明るい悲惨、ビサヤの私

寒い時期、暖かい国、フィリピンの、セブ島、ネグロス島へ出掛けるという、楽しい思いを抱いて、部屋を出た。

中は、夏物の、絽の襦袢に、単の着物、袷の羽織・・・
変な、気分である。
夏、春、冬物を、着ているのである。

そして、セブ島・・・
ああ、朝夕が、涼しい、いや、寒い。
夜は、もっと、寒い。

フィリピンは、今は、乾期の時期と、思いきや、セブ島、ネグロス島は、雨季なのである。

雨が降ると、益々寒い。
日本の冬物の、ジャンバーを着ている人もいた。

勿論、気温は、寒いといっても、20度はあるはず。

私は、暑い国というイメージを強固に持っていたので、寒くても、半袖。さらに、タイパンツ姿である。

そして、悪いことに、泊まるホテルは、古くて安いか、ゲストハウス。
夜も、送風が必要なのである。
臭いから・・・

イメージというのは、恐ろしい。
南国なのだという、思いが、薄着にさせる。
後半、くしゃみをして、鼻水が出て、ああ、今は、寒いと、納得した始末である。

飛行機は、セブ島直行便。
最初は、セブシティに入る。

前回も、泊まったホテルである。
観光地は、マクタン島である。

セブシティに泊まり、ネグロス島に行く、二日前に、マクタン島に、移ることにした。

一月の第三日曜日は、年に、一度の、お祭り、サントニーニョ祭があるという。
それで、ホテルの値段が、高くなっていた。

900ペソが、1000ぺソである。2000円。

ツーベッドルームである。
バッグを、六個。とても、大変な荷物。支援物資である。

コータのバッグの、半分も、支援物資。
兎に角、支援物資である。

だが、国内線に乗る前に、少し、支援をして、少なくしなければならない。
その前に、日本でも、荷物の分量が多く、機内持ち込みにしたほど。

50キロ以上は、持ち出したことになる。

セブシティでは、二日の間に、以前のストリートチルドレンに、逢うという。
とても、嬉しかった。

まず最初の、子どもは、すぐに、私を見つけた。
一緒に食事をすることになる。

着いた、翌日の朝のこと。

それで、彼の友達にも、パンを買って渡した。
驚いたのは、彼は、自分の注文したチキンと、ご飯を、三分の一食べると、他の、友達に、渡したことである。

さらに、私に、何も要求しないのである。

それは、翌日の、子供たちも、そうだった。
六人組みの、ストリートチルドレンが、目に入った。
見覚えのある顔。

あーーーー
元気・・・

一人の子が、私に、服を貰ったと、言う。
そうそう。
しかし、何も、要求しない。

彼らは、金にするために、ダンボールを集めて歩いていた。

その時に、渡さなければ、時期を失うストリートチルドレンが、私に、何も要求しないという・・・
実に、驚いた。

その驚きは、この旅の、驚きと、重なる。
多くの、驚きがあった。

私は、彼らの友達になっていたのである。
だから、要求しないと、気づく。

新しい子供たちは、私に、手を出す。物乞いである。
翌日も、その場に、行くと、子供たちが、手を出すので、パンを買う。
どこかで、私の行動が、見られている。
さらに、大人までも、手を出す。
ストリートアダルトたちである。

お金ではなく、食べ物を上げると、ストリートアダルトたちも、ニセモノの、バイアグラや、コンドームなどを、売りつけないことも、知った。

コータと、食事をした後、コーヒーを飲みながら、ホテルに戻る途中、向こうから、中学生くらいの、女の子三人が、やってきた。

私は、子供たちに上げた、パンの残りを、一つ持っていた。

ばったりと、私たちの、前に来た。
そして、手を出す。
パンを一つ渡すと、コーヒーも、欲しいと言う。
それが、とてもスムーズで、堂に入っていた。

私も、コーターも、コーヒーを渡した。

サンキュー
すれ違いざまの、行為である。

セブシティは、そんな、子供たちと、大人たちで、溢れている。

だが、観光地のマクタン島は、まだ、酷いのである。




posted by 天山 at 00:00| 明るい悲惨、ビサヤ諸島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。