2010年10月17日

チェンマイの風 17

翌日、午後三時、ホテルを出発。
何と、小西さん一家が、見送りである。

小西さんの車に乗り、空港に向かい、そして、搭乗手続きをして、最後の、お茶会である。

空港のレストランにて、全員が、名残を惜しむ。
無口な、奥様も、寂しいと、言う。
小西さんには、最後まで、このようにして、頂いた。

私は、小西さんを、武士であると、認識している。
それに、裏切られたことは、一度も無い。当たり前であるが、これほど、誠実に対応してくださる方は、今時、本当に、珍しいのである。

私たちが、乗り場口に入るまでの、見送りである。

頭を、下げるしか方法が無い。
四名で並び、深く、お辞儀をした。
ありがとうございます

そして、待合室に、向かう。
姿が、見えなくなるまで、小西さん一家は、見送ってくださった。
家族に、幸あれと、祈る。

そして、私たちは、一時間で、バンコク入りした。

辻さんと、千葉君は、初めての、スクンビット通りである。
そして、私たちが、いつも、泊まる、ゲストハウス、一泊、600バーツの部屋に泊まる。1800円。

日本人は、泊まらない、ゲストハウスである。
大半が、アラブ人、インド人である。
そして、近くに、アラブ人街がある。

ナナプラザ、高架鉄道、ナナ駅近くである。

すでに、夕食の時間で、荷物を置いた私たちは、アラブ人街に行き、インドカレーの店に、二人を連れた。

私も、コータも、大好きな店である。
インド人が、経営する、インドカレー・・・

千葉君の、表情が、楽しみである。

それぞれ、カレーを店先で選び、ナンを四枚注文する。

食べ初めて、千葉君も辻さんも、美味しいの、連発である。
千葉君は、一日半の滞在で、三度も、食べたという・・・・

ナンを追加注文した。
二枚。大きいが、すべて、食べた。

明日の夜は、空港で、過ごす。それも、二人には、初めてのこと。

その夜は、それで、精一杯。
うろうろすることなく、ゲストハウスに戻る。

ゲストハウスでは、馴染みの従業員、全員が、ミャンマーからの、出稼ぎの人たち、に、迎えられて、笑顔で、元気・・・日本語で、話す。向こうは、英語と、ミャンマー語で話す。

新しい、ボーイも、いた。
彼には、後で、コータが着ていた、ジャケットを差し上げた。

朝は、ゲストハウス裏、つまり、地元の人たちが、食べる食堂に連れた。
路面に出ている、出店である。

おかずを選んで、ご飯を貰う。
テーブルを、四人で囲み、食べる。
美味しい。そう、美味しいのである。
苦瓜のスープを、注文する。
それも、美味しい。

私が、支払いをした。150バーツ。450円。
私たちは、いつも、こういう食事をしていると、理解した、二人は、安さに驚いている。
そして、それを、楽しめるという、感覚。これは、テラの会の、醍醐味である。

その辺りは、通りに、日本と同じ価格の店が多い。しかし、行くことは無い。実際、何の面白みもないのだ。
地元の人と、同じように、鶏肉の焼いたものと、カオニャオ、もち米を買って、ゲストハウスで、食べることもある。それなら、100円以内である。

更に、昼は、少し歩いて、麺類の店が出るバザーがある。
昼は、銘々で、食べることにした。

その辺りは、道端に多くの、店が出る。
何でも、安い。
だが、アラブ人街では、それの、倍の値段だと、教える。
観光客値段になるのだ。

道を一本変えただけで、現地価格になる。

12時、チェックアウトなので、二つの部屋を、空港に出るまで、使う。
タイに、出たら、日本の価格を、忘れること。
タイの、価格に合わせて、考える。

辻さんの、部屋は、フロントの前の部屋であるから、実に安全である。
24時間、人がいる。

そうして、いよいよ、夜。
辻さんが、もう一度、カレーを食べたいと、言う。
千葉君は、昼もカレーを食べたというが、もう一度、行くという。
私は、付き合うことにした。
コータは、腹の具合が悪いと、部屋にいた。

私も、何となく、満腹感覚である。が、カレーは、食べられる。
そして、食べ終わり、折角だからと、アラブ人街を見て回った。といっても、大した広さではない。道、三本程度である。

そこから、出ようとした時、果物を売る屋台があった。
そこに、マンゴーが、並んでいる。
辻さん、千葉君が、それを、買う。
切ったものではない。そのままのものである。辻さん、三個、千葉君、五個。
えっ、もしや・・・
お土産という。

何も言うまい。

潰さないように。
タイの、マンゴーの美味しさに、憑かれた、二人である。

後で聞いたが、辻さんは、太ったらしい。
えっ、タイで、太る・・・
ストレスが大きかったのでは・・・
いや、楽しかったのだという。

二人は、来年の、話をしていた。
私は、来年は、一度休みたいと、コータに言った。疲れたコータも、そうだね・・・
慰霊と、支援と、コンサート、カレン村の訪問は、少し疲れる。それも、休みなしの予定である。

空港に出る時間まで、ベッドで、休むしかない。
食べ過ぎだ。




posted by 天山 at 00:00| チェンマイの風 平成22年10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。