2010年10月15日

チェンマイの風 15

食事を終えて、本日は、学校での支援をして、そのまま、チェンマイに、戻る予定である。

私は、子供たちに、手渡して、終わると、考えていた。
子供たちは、おおよそ、70名という。
少し心配なのは、全員に渡せるかということだ。

船便で、送っておいた、ダンボール箱が、二つ、バッグが、四個である。

すべてを、車に積み込み、学校に向かう。
その前に、お母さんに、さようならの、挨拶である。
お父さんは、出掛けていたので、会えない。

小西さんの、奥様と、お嬢様も、一緒に、チェンマイに戻るという。
全員で、行動である。

帰り道にある、学校に到着する。
すると、何と、子供たちが、待っていた。
更に、手渡す前に、子供たちによる、私たちへの、歓迎の芸である。

民族舞踊の披露と、竹竿を使った、面白い遊び方を、見せてくれた。

女の子たちは、皆、白い民族服を着ている。

私たちは、四名が、並び、挨拶する。
そして、コータを中心に、王様賛歌を歌うことにした。

更に、辻さんに、さくらさくら、を、歌ってもらう。

五歳程度から、12歳程度までの、子供たちである。
どうも、学校入学前の子供たちも、いるようである。

聞いていた、人数より、多い。
果たして、足りるか・・・

いよいよ、一人一人に、手渡すことになった。
男の子と、女の子を、分けて、私が、男の子、辻さんが、女の子を担当する。

一人一人に、合わせた、衣服、ズボンなどを、手際よく、手渡していく。
小さな子供から、はじめた。

子供たちは、控え目である。
一人、一人に、手渡すという、私の活動。必ず、顔と顔を合わせる。
渡す時に、私は、オッケーと、声を掛ける。
子供が頷く。

次第に、汗だくになる。
日差しも強くなる。

一時間ほど、かかったかもしれない。
最後に、赤ん坊用の、物を持ち上げて、赤ん坊のいる人は・・・と、私が問いかけると、それが、通訳されて、女の子たちが、手を上げる。
その時は、少しばかり、取り合いになったのが、面白い。

そして、更に、大人物もあり、お父さんや、お兄さんのいる人と、問いかける。
手が上がる。

私は、大人物が、別にして、取り分けられているのを、知らず、それも、子供たちにと、思ったが、辻さんが、先生たちに、渡すものだと、教えてくれた。

先生たちも、必要だったのだ。

ということで、すべての、支援物資が、無くなった。

すると、小西さんが、子供たちのために、ギターや、歌を披露して欲しいと、言いに来た。

子供たちが、整列して、座る。

私は、千葉君に、ギター演奏を頼んだ。
野外での、演奏が、どのようになるのか・・・
ところが、ギターの音が、響くのである。
感動した。

更に、辻さんに、歌を披露してもらう。

最後に、先生たちも、呼んで、辻さんは、踊りをつけながら、大きな栗の木の下で・・・を、歌う。先生たちも、それを、覚えようとしている。

三度ほど、繰り返して、先生たちが、覚えた。
子供たちも、立ち上がって、真似をしている。

辻さん、が、後で言う。
バリ島の子供たちと、会った時に、カレンの子供たちも、この歌を知っていると、いいことだ・・・・と。
えっーーーーー

バリ島の子供たちと、カレンの子供たち・・・・
どうして、そんなことが、考えられるのか・・・

距離感覚からしても、会うのは、実に難しいはず。

辻さんの、飛びぬけた、その感覚は、素晴らしいのか、飛躍しているのか・・・
私は、絶句した。

まあ、兎も角、楽しく終わったので、考えないことにした。

車に乗り込み、さようなら、である。
皆さん、また、会いましょう。
子供たちが、手を振る。
先生たちは、頭を下げる。

また、会いましょう。また、逢いたい。

車は、チェンマイに向かった。
私は、急に、眠気である。疲れた。
しばし、揺れる車だが、うとうとする。

そして、ようやく、舗装された路に出た。
カレンの村に来るのは、大変である。
穴ぼこの路を、走るのは、とても、運転技術がいる。

チェンマイ市内に、入り、ホテルに向かう。
同じホテルではない。
コータが、見つけた、新しいホテルは、ナイトバザール周辺のホテルである。
夜が、騒がしい場所。

明日、三時まで、一つの部屋を使用するということで、三つの、部屋を予約していた。
一人、800バーツ。私とコータの部屋は、1100バーツである。
朝食が付いている。

ホテルに着いて、小西さん一家と、最後の、食事をする。
時間は、一時を過ぎていた。

食事を終えて、部屋に入ると、今までの、疲れが、一気に出た。
終わった・・・・・
終われば、あっという間の出来事である。

まさに、人生、そのもの。

いずれ逝く
この世のことを
捨ておきて
何事も無く
あはれ が残る




posted by 天山 at 00:00| チェンマイの風 平成22年10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。