2010年10月13日

チェンマイの風 13

道に迷い、ビルマからチェンマイに向かっていた、一人の若い日本兵の、追悼慰霊は、朝の光の中で、行いたいと、考えていた。

皆が、起きてきたので、食事の前に、慰霊をしますと、言う。
私は、早速、慰霊の準備を始めた。
それは、小西さんの、家の庭で、行うと、考えた。

その兵士の埋められた場所が、解らないのであれば、何処でも、同じであると。

ところが、小西さんが、その山裾まで、行くという。
奥様が、その場所を知っているのだそうだ。

それではと、車に乗り込む。

ところが、中々、その場所に到着しない。
どんどんと、山奥に入り、田圃が、広がり、川が流れる場所まで来た。

更に、車を降りると、奥様の案内で、道無き道を、歩く。
川も渡る。
四本の竹で出来た、橋を渡る。

ゆらゆらと、揺れる橋を渡る。
そして、更に、田圃の中を、歩く。

目の前に、小高い山が見える。
それに、向かって歩く。
私は、その山裾に、埋葬されたと、思った。

朝露の中を歩く。

奥様が、あの、山の辺りですと、言う。
私は、この辺で、いいですよと、声を掛けた。

丁度、太陽が、昇り始めて、光に満ちている。

昨夜、酒を飲みすぎた私は、あまり、声が出ない。

日の丸を、辻さんに、掲げてもらい、御幣を、奥様に、預けて、皆で、太陽を拝する。

そして、慰霊の儀である。

神呼びをする。
祝詞を差し上げ、更に、その途中で、亡き兵士に、語りかけた。

ここで、亡くなられた、あなたのことを、忘れません。
私たちは、そのために、やってきました。
どうぞ、私の音に乗って、古里、父母の元へ、また、靖国へ、あなたを、待つ人たちの、ところへ、お戻りください。

清め祓いの、言霊、音霊を、数霊を唱えて、更に、祝詞を続けた。
そして、お送りの、音霊で、深く追悼と慰霊の儀を、行う。

私の心に、入ってきた、イメージは、感謝の思いと、空を見上げて、亡くなられたということである。

インド、インパールから、撤退し、ビルマの山を越えて、タイに入り、チェンマイを目指した。多くの兵士が、そうである。
だが、隊から、離れて、一人、黙々と、歩き続けた。
タイの、国境を抜けて、歩きに歩いたが、その場所が、解らない。
力尽きて、カレンの村に入り、懐かしい、田圃の中で、息絶えた。

はかなくもあはれ

せめて、村人に出会っていれば、助けられたはず。
村の中に、入らず、迷い、田圃の中に、入ってしまったのである。

あはれである

深く、黙祷を捧げて・・・

退路は平坦な水田地帯がひろがり、日中の撤退はおそらく死をまぬがれない。満月にちかい月が煌々と冴え渡り、付近を青白い風景に浮き出させた。
弓兵団インパール戦記 井坂源嗣

撤退しつつも、敵と戦わなければならなかったのである。

戦う武器のない兵隊ほどつらく悔しいものはない。小銃弾の一発も撃たず、壕の中にじっとひそんでいた。
井坂

日の出とともに、地獄がやってきた。日本軍全体が夜は極楽、昼地獄と思うようにならざるをえなかった。私は頭にも草で偽装をほどこし、壕に入って敵の方向をにらんでいた。二昼夜一睡もできずにいる疲弊しきった私の右背後から、太陽がしだいに高くなってきた。
井坂

いまは亡き戦友よ、ほんとうに魂があるのなら、おれの背中に乗って、一緒に戦いのないところまで行こう。ひとりでに出る涙を、汗を拭くふりをして手でこすった。遠い南の山々が雲か霞か涙のためか、おぼろになって見えなくなった。
井坂

豪雨のシッタン平地の湿原と、濁流渦巻くシッタン河を渡るにさいし、敵の空陸からの火力をあび、悲惨に状況のもとで精根つきた彼ら各兵団は、膨大な犠牲を出すにいたった。終戦を目の前にして兵士たちの多くが、無惨な姿でビルマの露と消えた。
井坂

とくに悲惨だったのは、患者部隊であった。シャン高原を横断して、タイのチェンマイに出ようとした兵隊は、食糧医薬品もないまま、自力で行軍を強いられ、山中に倒れていった。われわれの通過したあとの道すじには、病魔と戦いながらつぎつぎと体力を消耗し、倒れ伏した兵隊が、屍を山野にさらしていたと聞いた。
井坂

「ただいまより、謹みて、天皇陛下のお言葉をお伝え申し上げる」
奉読されたのは、終戦の詔勅であった。日本は降伏したのだ。奉唱なかばにして熱い涙がとめどなく流れ落ち、胸もとまでも濡らした。
「何のために、苦しい戦いをがまんして頑張ったのだ。戦友の隊員たちは、何のために死んだのだ。それなのに降伏とは、われわれはもう生きる必要はないのか」
今後における将兵の心得を訓示する連隊長の言葉は、とうてい耳には入らなかった。
夢であってほしいと思って・・・・
事実は完全な日本の敗戦であり、軍旗もすでに奉焼を終わったと知らされた。軍隊も解体し、日本もいつか見た夕日のごとく沈んでなくなるのか。全員、茫然自失の状態で宿舎に帰る。
井坂

撤退に際しても、多くの日本兵が亡くなったのである。
あはれ・・・である。




posted by 天山 at 00:00| チェンマイの風 平成22年10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。