2010年10月12日

チェンマイの風 12

カレン族の、酒は、日本酒と同じで、透明である。
焼酎に似た感覚の味である。
度数は、わからないが、40度近くあると、後で言われた。

それぞれの家の味がある。
それが、また、楽しみだということ。

強い酒とは、知らずに、盃を重ねる。
私は、酒を飲むと、物を食べない。
食べられなくなる。
だから、酒好きだといわれるが、旅の間は、飲みたいと思わないのだ。

壁の無い、台所付の、部屋で、飲む。
次第に、体が熱くなるので、私は、上着を脱いだ。

料理が出される。そして、ご飯である。
とても、美味しそう。
辻さんは、美味しい、美味しいと、食べ始めた。

私は、時々、辻さんの、盃から、千葉君の盃から、酒を入れた。
辻さんは、あまり飲めないはずと。

更に、千葉君も、酒は好きではない。
しかし、二人共に、酒も飲む。

次第に、開放的になる、私。
酒を飲むと、楽しくなる。

宴がたけなわになると、千葉君のギターを、辻さんが、希望する。

静かな、カレンの村に、ギターの音が響く。
すると、隣の家から、こちらに顔を向けて、聴いている姿あり。

私も、と、影を慕いて、を、歌うことにする。
千葉君の伴奏である。

扇子まで、持ち出して、私は、皆様に披露するように、歌う。
更に、足まで、打ち付けて。

床は、隙間のある、板で、出来ているのに・・・
危ない。

だが、酒に酔った私は、楽しい。
隣のおじさんが、やって来た。

そして、何と、先ほど、伺った、奥さんのお母さんの、お父様、つまり、奥様の、お爺様も、やって来た。

言葉が通じなくて残念だ・・・と、嘆くが、酒に酔った私には、言葉はいらない。
お爺様と、盃を酌み交わす。
お爺様に言った。
死んだら、話ができます
それを、奥様が、通訳して、大笑い。

前回は、二つのお祭りで、様々な、カレンの家の酒を、飲んだ。

飲み方の、基本は、注がれた酒は、一気に、飲み干すのである。
勿論、強要は、されない。

飲めない人は、別の人に、飲んで貰う。

結局、私は、酒だけを、飲んで過ごした。
皆、腹いっぱい食べたという。

夜の、九時を過ぎて、皆、解散である。
お爺様を、小西さんと、コータが、送る。

三人の男は、蚊帳を吊った、布団に寝る。
と、私は、もう少し、酒が飲みたいと、台所に行き、盃に、酒を注いだ。
そして、寝る部屋に戻り、一口飲む。
ああ、もう駄目・・・
もう、飲めないのである。

限界である。
私は、延々と飲むことが、出来ない。
体が、受け付けないのである。

千葉君が、蚊帳に入る。
コータと、少し話すが、何を言っているのか、自分でも分からない。
辻さんは、一人部屋である。

小西さんが、おやすみなさいと、声を掛ける。
お世話になりましたと、私。
すでに、相当に、酔っているのだ。

少し腹が、空く。
持参した、裂きイカを食べる。
そして、ポテトチップス・・・

電気が、消えて、真っ暗である。
いよいよ、蚊帳に入り、寝ることにする。

枕元には、携帯電灯がある。
深夜目覚めて、私は、小便をするために、家を出た。
危ない。
階段を、転げ落ちる感覚である。

真っ暗闇の中で、家の前に、小便をする。
何も見えない。
だが、ふっと、空を見て・・・
その、星空の美しさ。

なんて、美しいのだろう。
忘れていた。夜空のことを・・・

音もなく、闇の世界。
しばし、佇んだ。
生きている。ここに、こうして、生きている。
生きていることの、充実感である。
しかし、まだ、私は、酔っているのだ。

フラフラした、足取りで、階段を上がる。
もう一度、寝ることにする。

そして、朝の、音、鶏の鳴き声で、目覚めた。
だが、まだ薄暗いのである。

皆の、寝息が聞える。
辻さんの部屋からも、息が聞えるほど、静かなのである。

私は、携帯電灯を取り出して、タバコを探し、更に、水を取り出した。
水を飲み飲み、タバコを吹かす。
いよいよ、酒の酔いが、回って、水で流すしかない。

明るくなったので、外に出た。
ひんやりとする、朝風。
寒い時期は、気温が、5度まで、下がるという。
それでは、冬物が必要である。

コータが、篠笛を持って、降りてきた。
更に、お母さんも、出て来た。

朝の風景が始まる。

山の中で、自給自足の生活を続ける、カレンの人々。
更に、とても、長生きであるという。
よほどのことで無い限り、病気はしない。

病気をしても、検査するだけで、治療はあまりしない。
だが、病気が進行しないようだ。

昨夜の、お爺様も、ガンだが、生き続けている。

怪我をしても、そののまで、治るというから、凄い。
自然力である。
自然の気を、全身に浴びて生きているのである。




posted by 天山 at 00:00| チェンマイの風 平成22年10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。