2010年10月09日

チェンマイの風 9

10月3日、日曜日、朝、10時出発。
昨夜のコンサートの熱も、覚めやらぬ間に、カレン族、トゥンルアン村へ、出発である。

途中、バンカート学校の、新しい寮生たちに、衣服支援を行う。
その、男子寮は、日本政府の支援で、造られた。

女子寮もあるが、今回は、男子のみに、支援する。

バンカート学校敷地には、タイ・ビルマ戦線の慰霊碑があり、先日、慰霊に訪れている。

その、慰霊碑を抜けて、新しい男子寮に、向かう。

すでに、私たちを待っていて、椅子が、並べられていた。

小西さんの車に、総勢、六人乗った。
後ろの荷台に、コータと、小西さんの奥様、お嬢様が乗っていた。
タイでは、珍しいことではない。
荷台に人が、大勢乗る。

支援物資があるので、バウンドがあり、乗り心地がよいと、コータは、寝ていたようである。

到着すると、先生と、少数民族の生徒たちが、やって来た。
私たちは、急いで、衣服を出した。
男子物を、分けてあったので、即座に、手渡す事が出来た。

机の上に、衣服を並べて、自分の好きなもの、また、家族のために、必要なものを、取るようにと、言った。
最初は、遠慮がちだったが、先生たちに、促されて、生徒が、次第に、衣服を物色する。

寒い季節のものを、主にして、今回は、持参した。
ジャンバーや、ジャケットなども、必要になってきたのだ。

タイ、ラオス、ベトナム、ミャンマーなどの、北部地帯は、寒冷化が進み、11月から、1月にかけて、気温が、一気に下がるという。

寒さで、死者も出るほどである。

それは、意外に知られていない。
東南アジアは、暑いとばかり、考えている人たちが多い。

生徒たちは、一つ、二つと、取り分けた。
一通り、行き渡り、一段楽する。
私たちは、もてなしの、水と、お茶を、頂いた。

そして、私が、挨拶した。
時々、こうして、衣服を持ってきます
皆さんと、友達になるのが、楽しみです
また、会いましょう

一人の生徒が、代表して、挨拶した。
このたびは、ありがとうございます
心から、お礼を申し上げます

その生徒は、チェンマイ大学に入学が決まったと、先生が、仰った。

少数民族の生徒たちは、すべて、奨学金などで、学校に通う。
優秀な成績なのだろう。
彼も、自力では、大学進学は、出来ないはずだ。

私は、昔、札幌で、アジア人留学生たちへの、ボランティア活動をしていたことを、話した。
北海道大学には、タイからの、留学生も、多かった。

今では、帰国して、チェンマイ大学の、教授になっている人もいる。

ただ、日本での生活と、アジア人に対する、差別意識に、挫折する留学生もいた。
甚だしい場合は、自殺である。
タイ人の、女性留学生が、自殺した。
勿論、そのことは、話さなかった。

日本人は、白人に対しては、歓迎するが、アジア人を、見下げてみる人が多い。
極めて、悪質な、差別意識である。

タイでも、少数民族は、少なからず、差別の対象にされている。
残念なことだ。

就職に際しても、タイ人でなければ、採用されないことが多いと、聞く。
であるから、少数民族の学生が、就職するには、余程の、学力と、才能が要求されるという。

チェンマイ最初の夜に、タイ舞踊の食事に出掛けたが、そこでは、少数民族の、踊りも、紹介された。
彼らは、その芸や、民芸品を売って、細々と、生活を立てている。
方法が無いのである。

または、女性は、マッサージ嬢になる。
それでも、駄目な場合は、体を、売る。

住む場所も、山岳地帯が多い。
町から、遠く離れた場所に住み、文明とは、無縁な生活である。
それは、一面、良い。しかし、文明化に、着いてゆくことも必要なのである。

学歴も、必要である。
里親制で、支援するのは、大半が、少数民族の、子供たちである。

自給自足の生活で、満足できるのは、ある程度の、年齢の人たちだが、若者は、町に出てゆかなければならない。
稼ぐことが、必要になる。

どうしても、お金が必要になるのだ。
その、丁度よい具合を、見て、民族の、誇りを失わない生き方が、求められる。

私たちは、また、国王賛歌を、そこで、歌った。

少なくても、味方がいると、思う心が、強くさせる。私たちは、彼らの味方になりたいと、思う。
出来ることしか、出来いのだが・・・
再会を約束して、カレン村に、向かった。



posted by 天山 at 00:00| チェンマイの風 平成22年10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。