2010年10月07日

チェンマイの風 7

第四回、日本の歌、メモリアルコンサートは、夜、六時開演である。
会場入りは、五時。

それまでに、時間がある。
ホテル前の、食堂で、四人で、食事を済ませてから、私は、少し休んで、矢張り、マッサージに行くことにした。

新しい店を探す。
沢山あるので、ひとつ一つの店の前で、中を確認する。
小太りの女を、捜す。
力があるからだ。

そして、若ければ、なお、いい。
と、一軒の店の前に、二人の女性がいた。

マッサージと、呼び掛けられる。
タイマッサージ、200バーツである。
料金は、店により、色々違ってきた。統一していない。

よしと、タイマッサージをすることにした。
一時間である。
力が強い・・・これは、良い。
だが、古典的なマッサージで、下半身を40分ほど、揉み解す。
足を徹底的に、揉むのだ。

それもいい。しかし、私は、上半身も、そのように、して欲しい。が、無理。
バンコクなどの、マッサージは、変化が、著しい。
日本人の体質を見抜いて、上半身を、しっかり、揉むマッサージも現れた。

日本人は、肩から、肩甲骨が、一番、凝る。
それに合わせた、マッサージの、技術が欲しい。

まあ、満足して、終わった。
チップを、20バーツ渡す。

ホテルに戻り、歌の歌詞の練習をする。
今回は、加藤隼戦闘隊を歌う。
軍歌である。
実に、勇ましい歌。

エンジンの音、轟々と、隼は行く、雲の果て
翼に輝く日の丸と、胸に描きし若鷲の
印は我らが、戦闘機

開戦により、マレー、ビルマ戦線で、武勲を立てた、加藤隼隊である。
だが、加藤中佐は、戦死する。
それを、映画にして、この歌をつけた。
当時は、国民の意気を高めるものだった。

子供から、お年寄りまで、幅広く集まると、聞いていた。
童謡から、歌謡曲、歌曲まで、実に幅広い、プログラムを作った。

私は、浮波の港、王将、加藤隼隊、男の純情、君忘れじのブルース、そして、人生の並木道である。

一部であるから、最初は、タイ国王賛歌、そして、君が代斉唱である。
その後、私の舞台になる。

四回目ということで、今までに無い曲をという、アドバイスを頂いていた。

男の純情、という、歌を入れたのは、意味があった。
前月、フィリピン、ネグロス島への、慰霊に出かけた。
誤って、バコロドではなく、トゥマゲッティに飛んだが、ネグロス島の戦記を読み、兵士たちが、励ましあうために、歌った歌の中に、それが、あった。
手記の作者は、その歌詞まで、入れていたので、相当の思い出があると、見た。
それで、ネグロス島の、戦禍を紹介し、この歌を歌うことにした。

男、命の、純情は
燃えて儚い、金の星
夜の都の大空に
曇る涙を誰が知る

戦死、病死、餓死・・・
そんな中で、歌を歌う。
せめてもの、慰め。
私は、そんな心境になったことはない。
彼らは、次に死ぬのは、俺だと、思いつつ、歌う。

ホールは、ホテルから、歩いて、すぐである。
出発は、四時半。コータは、四時に出た。
小西さんたちが、垂れ幕を張るために、四時に出ますということだったからだ。

辻さんは、絽の黒留袖、私は、緑の、絽縮緬を着た。
それだけでも、目立つ。
そして、お客様も、着物姿を喜ぶ。
中々、着物姿は、見られないのである。

ホールでは、すでに、小西さんたちが、第四回 天山 チャリティコンサート in チェンマイ、という・・・

驚いた。
天山である。
チェンマイ在住の、書家、書道師範の方が、いつも、書いてくださる。

天山の文字が、一筆で、書かれている。
勿論、その部分は、日本に持ち帰った。

来年は、第五回、天山チャリティコンサートになるのだろうか・・・

顔馴染みになった、皆さんと、会うのが、楽しみである。

辻さんが、リハーサルをはじめた。
千葉君との、共演である。
私は、外で、歌詞を覚える。

静かに暮れる、チェンマイの夕暮れ。

不思議なものである。そして、あはれ、である。あはれに懐かしい。



posted by 天山 at 00:00| チェンマイの風 平成22年10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。