2010年10月04日

チェンマイの風 4

私たちが、施設に到着すると、職員の方々が、出て来られた。
挨拶をする。

すると、すぐに、施設内に放送が流れた。
ニープンという、日本人という言葉が、分かったので、日本の皆さんが、来ましたので、集会室に集まってください、とでも、知らせていると、思った。

私たちも、集会室に、支援物資を、運ぶ。

校長先生が、いらした。
二度目の再会である。

お元気ですか
日本語でいう。
あちらも、タイ語で、答える。

今回は、50名ほどの、女子が、残っていた。
他の女子たちは、休みがはじまり、帰郷しているもの、近くの大学に出ているものである。

施設で、暮らしつつ、学び、ある者は、近くの大学へ行く。

お寺によって、運営されている、施設である。

男子は、僧侶になって、寺で生活できるが、女子には、それが無い。それゆえ、お寺に、交渉して、女子のためにも、施設を創ってくださいとの、願いに、寺が応えたのである。

だが、男子が、先行で予算を使う。その、余りで、経営されるから、貧しい。

皆、少数民族の、女子たちである。

全員が揃った。
私は、以前、民族服を着ていたことを、言うと、校長先生が、何か言う。
すると、生徒たちは、もう一度立ち上がり、集会室を出た。

民族服に着替えてきたのである。

最初に、私たちは、タイ国王讃歌を歌うことにした。
コータみが歌詞を暗記しているので、私と、辻さんが、メロディーを唱和した。

全員が起立した。
タイの場合、国歌と、国王讃歌の際に、起立しないと、罰せられるのである。
長いものだと、懲役4年の刑を受ける。

それが、終わり、辻さんに、さくらさくらを、歌ってもらう。

それから、支援がはじまる。
私が、挨拶した。
今回は、寒い季節の衣服を多く持ってきました。
あなたが、必要なければ、家族の方で、必要なものを、二つ取ってください。

今回は、辻さんが、女子用の下着を、持参したことも、いう。
そして、下着の貰わない人には、私が、用意した、ハンカチ、ミニタオルを、差し上げることにした。

左側の列から、衣服を取ってもらう。
最初は、控え目だったが、慣れてくると、色々と、衣服を手に取り、探し始めた。

辻さんは、パンティの前に立ち、必要な人に、色など選ばせる。
私は、衣服の前に立ち、サイズを合わせてあげる。

静かだった、会場に、少し声が響くようになる。

中に、男子物も混じってあり、私は、それを掲げて、ブラザーのいる人は、貰ってくださいと、言った。
英語の授業があり、少しの英語は、通じる。
勿論、私の英語は、実に、怪しいが・・・

遠慮しつつ、手を上げる生徒たち。
それを、手渡しする。

手渡し。
それが、確実な、方法である。
手から、手へと、確かに渡す。

支援した下さった方々の、ためにも、その基本は、変わらないし、変えない。

それが、どんなに大変なことでも、である。
その、手間暇かけることに、私の支援の実がある。

誰に、渡ったのか、解らないような、支援はしない。

手と手、顔と顔が、見詰め合う、手渡しの凄さである。

相手は、私のことを、忘れない。
私が忘れても、相手は、忘れない。

すべての生徒が、衣服を取って、元の場所に着いた。

それでは、ギター演奏と、歌を披露します。
コータの訳である。

ところが、私が、日本の天皇陛下と、タイ国王陛下は、とても、親しい、友人ですから、私たちも、親しく付き合いましょうといったが、コータは、天皇と、タイの、お釈迦様は、友人で・・・

小西さんの登場である。

更に、私は、日本人と、タイ人は、とてもよく似ている。
曖昧で、争わないところ・・・

でも、戦争の時には、一緒に戦いましょうね。
その部分は、カットされた。

千葉君の、ギターソロが始まった。
真剣に聴く生徒たち。

そして、辻さんの、万葉集の歌である。
千葉君のギターと、コータの、篠笛、そして、私は、踊ることにした。
全員の、出演である。

勿論、私が、一番目立つ。
何せ、皆の、前に出て、踊る。踊る。

後で、辻さんから、先生のための、裏方だったと、言う。
辻さんの、前を、行ったり来たり・・・

皆の目が、私に向かう。

すべてが、終わり、記念写真を撮る。

若い女の子の、エネルギーを、久しぶりに感じた。

残った、衣服は、他の生徒たちに、差し上げてくださいと、校長先生に言う。

皆さんは、私たちを、見えなくなるまで、見送ってくれた。

日本語、英語、タイ語、それぞれの、民族の言葉が、入り乱れる、お別れである。

車に乗り込むと、矢張り、汗だくだった。



posted by 天山 at 00:00| チェンマイの風 平成22年10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。