2010年10月02日

チェンマイの風 2

チェンマイ、二日目の朝、9月30日である。

朝食は、ホテル並びの、現地の人の食堂に行く。
その食堂は、朝の7時から、夕方で、閉まる。
長期滞在の、欧米人にも、人気があり、昼前後は、混み合う。

本日は、追悼慰霊を主とする、予定である。

出発は、午前11時。
まず、チェンマイ市内の、ムーンサーン寺の敷地内にある、野戦病院跡に、出掛ける。

車は、小西さんに御願いして、大型のバンを頼んでおいた。
日の丸と、御幣の、神紙を持参する。

寺の敷地内であるから、派手なことは、出来ない。
静かに、黙祷と、清め祓いをする。

慰霊碑のある、前の建物には、当時の、日本軍の物が、展示されてあるというが、その日は、開いていなかったので、慰霊だけにした。

昼間は、矢張り、暑い。
自然に汗が出る。

私は、単の着物を、浴衣の扱いで、着た。

辻さんは、浴衣である。
コータと、千葉君は、写真を撮ったり、ビデオを撮る。
今回は、初めて、ビデオ撮影をした。

勿論、私は、ビデオがあろが、なかろうが、やることには、変わりない。

ムーンサーン寺を出て、バンカート村に向かう。
そこには、タイ・ビルマ戦線で、亡くなった、12000名の兵士をお奉りする。
私たちは、何度も来ている。

辻さんと、千葉君は、二度目である。

とても、綺麗に整理されていた。
更に、慰霊碑を囲む壁が、新たに白い壁に、塗り替えられていた。

多くの人たちの、慰霊の思いもあり、霊的にも、清々しい。

御幣を立てて、祝詞を唱える。
いつもの通りである。

その途中で、あるお方が、お見えになった。
尊い霊体である。
と、私は、感じたので、少し、後ろに下がった。

そして、更に、祝詞を続けた。

四方を、清め祓いして、深く黙祷する。

遺体を井戸に、投げ入れられた兵士の遺体は、そのまま、井戸の中である。
更に、まだ、すべての遺骨が、集められてはいない。
もう、どこにあるのかさえ、解らない。

その周囲の遺骨に対して、追悼の鐘が、建てられた。

私たちは、その、鐘楼に上がって、鐘を突き、慰霊の思い深く黙祷する。

タイ・ビルマ戦線とは、インパール作戦のことである。
それが、一つ、そして、もう一つの、ビルマ戦線の、犠牲者もいる。

インパール作戦については、以前の旅日記に、詳しく書いている。

今回は、カレン村にて、道を誤り、若い兵士が、亡くなったとされる、山裾で、慰霊を行った。その際に、少し、それに触れることにする。

車のエアコンが、弱く感じられるほど、暑い。
朝夕は、涼しいが、矢張り、昼間は、気温が上がる。

次に向かったのは、生き残った兵士、藤田松吉さんが、建てられた、慰霊碑である。

ランプーン県パーサン郡にある。
私たちは、昨年も、訪れている。

あまり、知られていない、慰霊碑である。

藤田さんは、自ら、戦友の遺骨を集めたという。その遺骨を、納めていた塔でもある。
今は、すべて、千鳥が淵墓苑に納められたという。

藤田さんの、遺骨のみが、お奉りしてある。

今回の、私の目的は、藤田さんの、慰霊碑に、結界を張ることだった。
タイでは、霊的存在を、すべて、ピーと呼ぶ。
それは、良いもの、悪いもの、関係なく、人々は、畏敬し、恐れる存在である。

精霊もあり、人霊もある。

慰霊碑に、それらが、取り憑かないように、である。

通常の、慰霊の儀を行い、最後に、結界を張るための、行為をする。
更に、近くの川に、昔、礼拝されていた、霊的存在に対しても、ある、行為をした。
皆が、忘れてしまっているのである。

藤田さんは、カトリックだったので、辻さんに、ピエ・イエズを歌ってもらった。
私も、キリエ・レイソンを唱えた。

いつもより、時間がかかった。
そして、最後に、御幣を川に流す。
その川の主に、特別な挨拶をした。

昔、その川の主は、その地域の守り神として、皆の信仰を集めていたのである。

祠の跡も無い。
タイの人も、近代化の波に飲まれて、昔の風習を忘れる人もいる。

時間は、二時半を過ぎていた。

そのまま、ホテルに戻り、三時過ぎに、ホテルのレストランで、遅い食事をした。
私とコータ、辻さんと、千葉君、そして、案内の、小西さんである。

辻さんと、千葉君は、食事の際に、いつも、ココナッツジュースを頼んでいた。
自然の、スポーツ飲料である。
更に、その中の、白い実を、スプーンで、取って、食べる。

タイの、果物は、豊富だ。
私も、色々な果物を、食べる。
日本では、あまり、食べない。タイの、果物の、美味しさに適わない。

食事の後は、全員自由である。
皆、一眠りしたようである。



posted by 天山 at 00:00| チェンマイの風 平成22年10月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。