2010年09月17日

天皇陛下について43

第一次大戦終了後及び第二次大戦修了後の各国の革命により、元首の語を使っていた国の憲法も改正され元首の語はほとんど世界各国からその影を没し去り、日本もその一つとなった。
里見岸雄

それでは、元首が、無くなったのかといえば、違う。

しかし、英国憲法に「国王は元首である」と書いてなくても、英国王は英国元首として、また、米国憲法に「大統領は国の元首である」と明規していなくても、米国大統領は米国の元首として、国際法上確認されているのである。現在では伊太利の1947年の共和国憲法が、その第87条に「共和国の大統領は国の元首であり且つ国民の統合を代表する」と規定しているのが、元首の文字を使っている憲法の唯一例となっている。
里見

元首と、書かれていなければ、元首が存在しないのではない。
英米仏独その他の、諸国は、日本も含めて、国家元首のない国となるとは、誰も考えないことである。

天皇は、憲法の定める通り、政治に関する機能を有しない。それ故、天皇が君主であり、元首であるということは、厳密には言えない。とは、へぼ学者が言うことである。

天皇の象徴とは、米国製の、規定であるが、それは、国内法上の地位であり、国際法では、象徴を、元首と区別し、認めているわけではない。

つまり、天皇は、象徴であるというのは、国内法であり、外国では、国交上、天皇を元首と認めて、対応している。
それは、敗戦後から、見ての通りである。

首相は、コロコロ代わろうが、天皇陛下のみは、不動の存在として、ある。
だから、天皇にお目通りすることを、海外の賓客は、求めるし、更に、喜ぶ。
また、日本国民も、それで、面目が立つ。

その、天皇の存在に、代わるものがあるだろうか。

更に、日本には、伝統として、上下の、関係がある。
上は、天皇であり、下は、国民である。

民主化、主権在民・・・
素晴らしい理想である。また、その理想を、取り入れた。
しかし、それは、それ、なのである。

日本民族の、知恵は、上、カミとして、天皇を戴くのである。

更に、理想なのは、天皇、昭和天皇自らが、主権在民を、民主化を、勧めた、求めたことである。

だから、こそ、多くの真っ当な国民感情は、天皇の存在意義を、十分に感じ取り、陛下として、崇敬するのである。

崇敬できないのは、先祖の因縁が悪い。いや、遺伝子が悪いのである。

革新的考え方を、持つといわれた、左派、左翼系の人たちは、そこが、分からない。
随分と、頭の悪いことである。

更に、ここで、天皇制廃止を、唱えた人たちが、敗戦後、日本にいたということである。

これも、天皇制という。
日本には、天皇制は、無い。

制度としての、天皇の存在は無い。

天皇の存在は、制度ではなく、自ずから成るものである。
民族の知恵だといった。

国民を、公宝、おほみたから、と、呼ぶ元首は、他国には、いない。
民ではない。
民は、公の、宝であると、高らかに、宣言した、すめらみこと、の、心は、国民をして、自ずから、成る存在として、天皇を擁立したのである。

便宜上、制度として、考えるのは、簡単でいい。
しかし、事実は、制度ではない。
制度とは、あらかじめ、その制度によるための、準備をして、制度として、機能するように、努力するのである。

それとは、異質である。

慣わし、であり、よすが、であり、拠り所、であり、祖霊に認められた、つまり、神意に認められた、存在であると、考えるのである。

ここで言う、神意とは、欧米の言う、神の意思ではない。
祖霊が、求めたものである。
日本は、祖霊を、神とする。

神は、カミ、カム、カマと、大和言葉からなる。

そもそも、天皇がその御一身をもって日本国を体現され、また国民の統合を体示なさるという性質、即ち象徴性は、憲法によってはじめて生ずるものではなく、遠いむかしから、いつの世にもあったものである。・・・

天皇が象徴であるということは、天皇の社会的機能であって、それは本来、社会的に存在する性質である。明治の憲法の下においても徳川時代においても、それより以前の時代においても、天皇はいつでも日本国の象徴であったのである。
里見

昔、人は、天皇を、天子様と、呼んだ、
天の子である。
その天を、象徴するもの、太陽を、祖霊と、見立てて、崇敬し、それに続く存在として、天子様を、頂いた。

敗戦後も、日拝といって、太陽を拝する行為が、あった。
もっとも、原始的で、いにしえを、思わせる、自然崇敬の形である。

そして、その先には、矢張り、日拝する、天皇の存在があった。
祖霊と、その子孫を、結ぶもの。
それが、天子様、天皇という、存在であった。

天皇は、いつの時代も、象徴であらせられた。
それを、別名、国体と、お呼びする。

日本国憲法が制定されたが、ゆえに、天皇が象徴とされたのではない。

事象の、徴ではない。
それは、国旗などの、日の丸のことである。

かむながらのみち、といわれる、人の道の、上にある、人格としての、存在。生身の人間が象徴なのである。

かむ ながら の みち
人が、より人になるための、ありうべく姿を、求める生き方である。

そして、日本人として、生まれた以上、現人神、ひととして、あらわれた、よりひととなるべき、生きるべき道を、生きるという、尊称として、それぞれを、そのように、観た。

ちなみに、天皇は、一人特別な存在として、現人御神、あらひとみかみ、と、お呼びする。



posted by 天山 at 00:00| 天皇陛下について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。