2010年09月09日

あらっネグロス島へ 9

これから、私は、セブ島を拠点にして、フィリピンの、各島へ、慰霊と、支援に出掛けるだろう。

日本軍は、フィリピンの島々で、戦争を繰り広げた。

しかし、何故、フィリピンは、貧しさから、抜けられないのか・・・

様々なことが、考えられる。

その歴史は、スペイン植民地時代に、さかのぼる。
長きに渡る、スペインによる、植民地の間に、フィリピン独自の、文化や伝統が、破壊された。

それは、特に、カトリックによるものである。
最初は、イスラムの島々が多かったが、武力で、キリスト教を押し付けた。

今でも、キリスト教に、虐殺された、ミンダナオ島の一部が、反政府となって、抵抗している。

更に、アメリカによる、統治である。
すべて、アメリカ式に、変えられた。
アメリカの文化が、最高という意識は、今でも、ある。
だが、アメリカの文化といっても、伝統ではない。
実に、そこの浅いものである。

そして、第二次世界大戦の、一時期、日本軍が、統治する。
その時に、少しばかり、日本軍は、フィリピン、独自の、伝統と、文化を、回復するようにと、指導した。

だが、それも、一時的なもの。
日本の敗戦で、もう一度、アメリカ支配に陥る。

アメリカは、フィリピンに、莫大な資金を投資した。しかし、それらが、国民に行き渡る前に、消える。
つまり、政治家により、搾取される。

アメリカ軍の、駐留も、無くなった。
要するに、捨てられた。

今、フィリピンの歴史的遺産といえば、すべて、スペイン時代に、建てられた、教会である。
その長きに渡る、支配のうちに、フィリピン人は、何かを忘れた。

熱心な、カトリック信者が、多いが、それは、当初、押し付けられたものである。
だが、時代を経て、ついに、拠るべき所が、教会となったのである。

貧しい人々は、すべてを、搾取されている。

政治からも、教会からも、である。

更に、お金がなければ、教会で、葬儀もできないのである。

私は、何度も、人々が、教会ではなく、地元で、葬儀をするのを、見た。
路上に、遺体を置いて、カンパを募る。
墓の費用である。

フィリピンの歴代大統領は、悲しいかな、一部を除いて、すべて、身内に、支援金を流した。
国家の予算が、個人的に、流用される。
政治家もまた、同じく。

政治の伝統のようである。

多くの島があるが、島は、兎に角貧しい人たちが多い。
だが、その中でも、富裕層がいる。
すべて、中華系である。

地方の議員を、抱きこみ、彼らの、希望通りの、法整備を、作っている。
金の流れが、彼らに向かうように、である。

レイテ島に、出掛けた時に、バイクタクシーの、運転手に聞いた。
それは、毎日、借りるのであり、自分で、持つことは出来ない。
そのように、法律が、条例が、作られている。

その、バイクタクシーを、貸すのが、中華系である。

人々は、二重、三重に、搾取されている。

革命を起こすしかない。
しかし、革命も、瞬時にして、終わる。

軍隊が、一体となって、起こさなければ、無理である。

だが、その軍にも、汚職が広がるのだろう。
不穏分子は、密告される。

さて、歴史の、種を探しても、詮無いこと。

現在の、アキノ大統領が、どこまで、フィリピンの民衆の、期待に応えるか。

フィリピンは、スペイン統治時代の、その前の歴史を、学び、フィリピンの、誇りを、取り戻して、欲しいと願う。

英語教育に、力を入れたが、それは、海外に働きに出るために、必要なもの、のみである。
英語教育が、国の力には、ならなかった。
それより、自国の言葉を、しっかりと、身につけて、そこから、物を考える力を、養うべきだった。

今でも、エリートたちは、アメリカを目指す。
しかし、目指すアメリカには、何も無い。

フィリピンの希望は、日本である。
伝統の国、日本が、フィリピンの、希望になりえる。

ミンダナオ島の、反政府軍は、必ず、政府との話し合いに、日本を指定する。
何故か。
他の国は、すべて、キリスト教国である。
イスラム国家は、ひとつもない。
そこで、日本を指定し、日本の、冷静な対処に、期待するのである。
日本は、世界の平和に、貢献できる、唯一の国となる。

宗教の国で無いということだ。
日本は、伝統の国である。
その、日本の役割が、世界平和の貢献に、大きく寄与できる。

私は、実感として、それを、感じる。

新しい時代は、宗教闘争の時代ではない。
長い歴史を有する、世界が、納得する、伝統を有する、日本が、希望となるのである。




posted by 天山 at 00:00| あらっネグロス島へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。