2010年09月08日

あらっネグロス島へ 8

トゥマゲッティの、ホテルは、歴史的建物、ベル・タワーの通りに面した、道路を一つ隔てた、新しいホテルである。

だから、ガイドブックに載っていない。
一泊、900ペソ、1800円。
ツインルームで、広い。

最初に、もっと、安いホテルに向かったが、フロントの対応が悪いことと、部屋が、息苦しいので、変更した。

日本と違い、チェックインの時間が、早くても、入れてくれる。

そのホテルの一階にある、レストランに入って、食事をしていた時に、ホテル前に、二人の男の子、ストリートチルドレンが、現れた。

二人は、喧嘩をしているように見えた。
実は、じゃれあっていたのだが・・・

一人の、やられていた、男の子に、水を買って渡し、服を上げるから、待っていてと、言う。身振りである。
男の子は、頷いた。

そして、部屋に戻り、二枚の、シャツと、ズボンを持参した。
彼に、渡す。
すると、さきほど、買って上げた、ペットボトルの、水か無い。

どうしたの
指を差す。道路に、捨てられ、車に、破られていた。
どうして
すると、彼は、もう一人の、男の子を指差した。

あいつが、捨てたのか。
私は、その子を、呼んで、日本語で、叱った。
私の声は、大きい。それで、萎縮してしまった。
だから、彼を、呼んでも、その日は、来なかった。彼にも、衣服を渡したかった。

翌日、ビーチで、慰霊をして戻ると、彼らに、会った。
更に、もう一人の、男の子もいた。
彼らより、年上である。後で知るが、15歳だという。10歳程度にしか、見えない。

私が、掲げていた、日の丸を持ちたいと言う。
そこで、彼らに、渡した。
昨日、叱った、男の子も、けろりとして、着いて来た。

私は、裸足の、男の子に、サンダルを買うことにした。
近くに、市場がある。
そこまで、出掛けた。
そして、彼の好きな、サンダルを買って渡した。

一度、ホテルに戻る。
そして、昼の食事をするために、出た。
焼き鳥が美味しいと、聞いていたので、焼き鳥を食べることにした。

ホテル近くの公園の、前の店である。
すると、また、彼らが、現れた。

一緒に、食事をすることにして、私は、その店に誘う。
一人の、私が叱った男の子が、楽しそうについて来た。
そして、テーブルに着くのだが、二人の子は、入り口で、もじもじして入らない。

と、その時、店の奥から、走り出してきた、男がいる。
二人の子が、逃げた。

私たちも、外に出で、何が起こったのかを、見た。
小さな方の、男の子が、捕まった。
そして、何やら、男に、説教をされて、涙ぐんでいる。

コータが、その中に、割って入った。

彼らを店の中に、いれることは、出来ない。
物を買って、外で、食べさせるなら、良いとのこと。

昨夜、男の子は、店の厨房に入り、食べ物を盗んだというのである。

そして、それは、常態化していた。
どおりで、店に入らないはず。

私は、店に戻り、兎に角、一羽分の鶏肉を、注文し、ご飯を、五人分注文した。
彼らのために、ジュースを三本。
公園で、一緒に食べようと、思った。

開放された、男の子と、二人の子を、呼んで、食べなさいと、促した。
男に、叱られた子は、中々、来ない。
私が、何度も、手招きして、ようやく、来た。

三人が、食べ始めた。
食欲旺盛である。当たり前だ。食べ盛りである。

しばらくすると、店から、先ほどの、男が出てきて、私たちに、挨拶し、握手を求めた。
私たちは、子供たちに、食べさせて、食べなかった。

少し、離れた場所で、彼と、話をした。
彼の、名前は、ジョンソンさんである。

ミンダナオ島の、出身で、ここでは、農場を経営し、食堂を経営していた。

そこで、彼の話を、聞くことになる。
まず、私たちの、好意に、感謝した。
そして、話し始めた。

問題は、根が深いのです。
フィリピンは、貧しい。しかし、このままでは、いけない。
食べ物、衣服、その次に必要なものは、住まい。
子供たちに、それを、提供し、そして、教育が必要です。
そうでなければ、あなたたちの、好意も、単なる一時の、バンソウコのようなものになる。

その、通りである。

だから、私も、農場を経営して、働く場所を、提供し、親に働かせ、子供たちには、学校へやるように言うと語る。

つまり、ストリートチルドレンが、大人になっても、物乞いの精神から、抜けられず、子供が出来ると、子供を、働かせようとするらしい。

更に、施設を造り、何人もの人が、現状を打開しようとした。しかし、皆、途中で挫折する。それは、続けられなくなるからだ。

一人の人間では、無理である。
多くの人間が、関わって、運営しなければ、続かない。
今は、政府系の、施設がある。
そこに、支援を、是非して欲しい。

いつまでも、フィリピンが、このままでよいはずがない。
フィリピン人の、誇りを持つような、子供たちを、育てたい。

ジョンソンさんの話は、長かった。
そして、情熱に溢れたものだった。

私は、それを聞いていて、私の考え方と、方法が理想的だと、知る。
新しい建物を、造るのは、簡単である。しかし、それを、持続させることは、至難の業である。

だから、私も、建物や、施設を造らない。
すでに存在する、施設、学校に、支援するのである。

話している途中で、近くの人が、椅子を、運んで来た。
すると、これが、フィリピン人ですと、ジョンソンさんが、言う。

フィリピン人の、誇りを、取り戻す・・・

素晴らしいことである。

私は、次にこちらに、来た時に、あなたの店に立ち寄りますと、言った。
最後も、握手をして、別れた。

子供たちは、すでに、すべての食べ物を、食べていた。

私たちは、食事のことを、忘れ、一度、ホテルに戻った。




posted by 天山 at 00:00| あらっネグロス島へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。