2010年09月03日

あらっネグロス島へ 3

セブシティの中心部、その中でも、更に、中心の、ダウンタウンの、ゲストハウスに泊まる。

近くに、メトロ・ガイサノという、デパートがあり、少し歩くと、フィリピン最古の教会の一つ、サント・ニーニョ教会がある。
更に、新しい教会も、その傍にある。

その、界隈が、ストリートチルドレンの、溜まり場であると、知ることになる。

彼らは、夕方から、動き始める。
まず、真っ当なのは、教会にお祈りする人たちに、ロウソクや、花輪を売る。
更に、ゴミ箱から、食べ物を、探す子供もいる。

親のいる子もいるが、兎に角、貧しいゆえに、自分の食べる物は、自分で、確保しなければならない。

矢張り、広い意味での、ストリートチルドレンである。

私たちは、二日で、三度の、支援を行った。

夕暮れから、夜にかけて、行う。

最初は、新しい教会辺りからはじめて、サント・ニーニョに向かう。
小さな子供たちが、多い。
一人に渡していると、次から次と、子供たちが、現れてくる。

よちよち歩きの、幼児は、母親に言われて、私たちの元に、来る。
下半身が、裸の子が多い。

今回は、子供用を、多く持参した。
渡した子供たちは、とても、喜んだ。

さて、そこから、サント・ニーニョに向かうと、10名ばかりの、子供たちが、下水道から、吹き出す水で、水浴びをしているではないか。

水道管から、水が洩れて、下水道に流れているのである。

驚いた。

女の子たちも、全裸である。
これは、写真に撮ると、掲載できないかもしれない・・・と、思いつつ、衣服を取り出して、手渡しをはじめた、が、足りない。

男の子も、女の子も、どんどんと、私の傍に来て、ズボン、シャツと、ねだる。
しかし、足りない。

私は、皆に、明日、ここに、もう一度来るから、ここで、待っていてと、英語で、話した。
中に、英語が解る子がいて、皆に、お知らせしていた。

必ず来るから

裸の女の子に、腕を取られて、抱きつかれそうになった時は、少し、ドキドキした。
これは、少女売春が、可能であろうと、想像した。

それは、セブ島に来る前に、その、情報を得ていたからである。
フィリピンの法律では、19歳から、売春は、可能であるが、それ以下の年齢は、罰則がある。

帰国して、写真を見て、矢張り、危ないと、思った。

私が、子供たちに、渡している間に、とても、セクシーに写真に、収まる女の子が、写る。

翌日、その場所に出掛けると、昨日とは、少し顔が違った、子供たちもいた。
兎に角、手渡しをはじめると、昨夜の、子供たちも、やってきた。

幼児を、おんぶした、女の子が来た。
男の幼児は、全裸である。
一切の、衣服が無い。

彼女に、幼児のもの、彼女用のものを、手渡した。
とても喜ぶ。
幼児は、彼女が、衣服に夢中になるので、泣き始めた。
私が、幼児を、後ろから、抱えるようにして、抱くと、泣き止む。
その写真もある。

怒涛の如くの、手渡しを終えると、昨夜の、顔見知りの子達が、食べ物が欲しいと、言う。
そこで、何を食べたいのかと、尋ねると、フィリピンで、展開している、ハンバーカーの店の名を言う。

そこで、五名を引き連れて、その店に向かった。

コータに、ハンバーガーを買わせ、私は、水を買うために、別の店に行く。

水を渡し、ハンバーガーを渡して、終わりである。
ところが、後から、一人の男の子が、着いて来た。
私たちの、帰り道、一緒に着いてくる。

私は、口に手をやり、食べ物ほしいのと、聞く。
彼が、頷くので、近くの、パン屋さんに、立ち寄り、二つのパンを買って、与えた。

とても、名残惜しそうに、私を見つめる。が、連れてゆくことは、出来ない。

手を振り、別れた。

ストリートチルドレンは、地元では、相手にされない。
差別の対象なのである。
それが、悲しい。

確かに、彼らを相手にしていれば、毎日、毎日、彼らのために、何かをしなければならなくなる。そんな暇は、誰にも無い。
自分のことで、皆、一杯である。

私は、彼らを忘れるが、彼らは、私を覚えている。
それが、次に、行くときの、救いである。

衣服を渡すと、必ず、食べ物を、求められる。
食べ物は、一日、最低、一度は、必要である。
衣服は、長く持つが、食べ物は、毎日のことである。
深く、考えさせられる。

子供たちだけでなく、青年、大人も、ゴミ箱から、食べ物を探す光景を、目にする。
老人福祉は、無い。
道端に寝る、老人の気持ちを思うと、心が乱れる。

マニラも、大変だが、島々も、大変である。
兎に角、貧しい。
更に、貧しい者は、差別される。



posted by 天山 at 00:00| あらっネグロス島へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。