2010年09月02日

あらっネグロス島へ 2

通常、セブ島といえば、セブシティから、突き出た、マクタン島のことをいう。
そこは、観光地であり、ビーチ沿いに、ホテルが立ち並ぶ。

私たちは、マクタン島ではなく、セブシティに、直行した。
ホテルは、街中を避けて、街の北寄りにある、ホテルにしていた。

一泊、900ペソ、1800円のホテルである。
ホテル周辺は、静かだった。
そこで、二泊し、ネグロス島への、飛行機のチケットを予約し、もし、必要なら、その地区でも、衣服支援をする予定だった。

フィリピン料理は、不味いと、思っていたが、セブ島に来て、その思いが、変わった。
意外に、薄味で、食べられるものである。

ホテル近くの、120ペソ、240円での、食べ放題の店に入った。
驚くべき、安さであり、更に、品揃えが、豊富で、驚いた。
私は、二食分を食べた。

その日は、それで、終わり。
翌日に、旅行代理店のある、ロビンソンデパートに、出向いた。

その時、道端で、寝ている、二人の男の子、ストリートチルドレンを見た。
私は、後で、彼らのために、衣服を持ってこようと、思った。

急ぎ、ネグロス島の、チケットを予約する。
その時、私は、ネグロス島の空港は、バコロド空港のみと、思い込んでいた。
その空港は、2008年に、日本の円借款により、建設されたものである。

ところが、その旅行代理店では、バコロド行きのチケットを、扱っていないのである。だが、それに気づかない。
兎に角、ネグロス島一本やりである。

6日に、行き、9日に、戻る。
そうして、予約した、チケットの内容に、気づいたのは、後のことである。

トゥマゲッティという言葉を、何度か、聞いたが、それが、空港のこととは、理解しなかった。
よく解らない英語だと思い、オッケーを繰り返していた。

さて、急ぎ、ホテルに戻り、男の子の、衣服を持参して、また、ロビンソンに、戻ろうとした。
ところが、通りを歩く、目の前を、五人のストリートチルドレンが、現れた。

そこで、すぐに、手渡すことにした。
彼らは、見つけた時でなければ、渡せないのである。

とても、喜んだ。
二人の少年の、ズボンは、破けて、一人は、チンチンが見え、もう一人は、尻の半分が見えた。

ところが、二人分として、持参したので、足りない。
そこで、彼らに、ここで待っていなさいと、言い、再び、ホテルに戻り、バッグに、多くを詰めて、戻った。

歓声を上げて、喜ぶ。
年は、見た目、八歳から、十歳程度である。だが、栄養不足で、見た目より、年齢が高い場合がある。

一通り、衣服を渡すと、少年の一人が、腹が空いていると言う。
そこで、じゃあ、何か食べ物をと、思った。
すると、また、少年が、すぐ近くに、食堂があるという。

そこに、行くことにした。

地元の人たちの、食堂である。
彼らを連れた、私たちを、食堂の、若い女性が、怪訝な顔をして、見る。

私は、ライスと、おかずを、選んで、彼らに、食べさせるように、言う。
すると、少年たちも、あれが食べたい、これが食べたいと、指定する。

私は、スープも注文した。
ところが、本当に、スープだけを、盛り付ける。
すると、一人の少年が、早口で、女性に言うと、スープに、肉の塊を入れた。

肉を入れてくれと、言ったのだろう。
言った者、勝ちである。

そして、清算をすると、全部で、125ペソ、250円である。
実に、安い。

コータが、彼らの写真を撮ると、皆、一人一人、ご飯を持ったところを、撮って欲しいと言う。
そんなところが、子供らしい。

そして、私たちは、ホテルに戻った。
しばらくして、あっと、気づいた。
私は、ロビンソンの傍の道端で、寝ていた、男の子に、衣服を渡すはずだったと・・・

そして、再度、二人分の、衣服を持って、出掛けた。
しかし、一人は、いなくなっていた。更に、もう一人の少年は、起きる気配がない。

彼の、頭の横に、食べ物が、置かれていた。
誰かが、置いたのであろう。
無理に、起こすのが、躊躇われた。

しばし、様子を見ていたが、全く起きないのである。

彼の横に、衣服を置いても、誰かが、取ってゆくこともあると、私は、諦めた。
そして、もう一度、後で、来てみようと、思った。

外に出ると、汗だくになる。
ペットボトルの水を、三本買って、ホテルに戻ることにした。

次に、街中の、ゲストハウスを探すことにした。
一泊、600ペソ、1200円の、ゲストハウスが見つかった。
私は、拙い英語で、予約した。
ホテルの予約は、すべて私がした。

それを聞いていた、コータが、完璧な英語と、褒める。
だが、通じる場合と、全く、通じない場合がある。

一番、がっかりしたのは、ネグロス島の、ホテルで、従業員と、英語で会話したときに、私は、日本語が出来ませんと、言われたときである。私の英語が、英語として、聞こえないということであった。
ジャパニーズイングリッシュだったのだ。




posted by 天山 at 00:00| あらっネグロス島へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。