2010年08月01日

千鳥ヶ淵、靖国神社へ

夏は、暑いと、知りつつも、暑い。

何を、着ても、暑い。
私は、出掛ける時は、着物である。
夏物、絽の着物と、絽の長じゅばん。
羽織は、暑くて、いらない。

東南アジアへ出掛けたら、下着もつけない。
浴衣のままで、行動する。
足袋も、履かない。

そうして、今も、足袋を履かなくなった。
北海道の冬も、足袋を履かずに、行く。

足袋は、白足袋である。
昔、茶の湯をやっていたせいである。

さて、千鳥が淵戦没者墓苑に、慰霊に出掛ける。

横浜支部の、辻さんと、コータと、三人である。

曇り空。
台風が、来ていて、日本海側、東北地方は、大雨の様子。

こちらも、時折、ぱらぱらと、降るが、大雨にはならない。

二時に、部屋を出る。
辻さんの車に乗る。

カーナビの通りに、走るが、随分と、時間がかかっている。
すると、辻さんが、このカーナビ、バカなのーーーと、いう。

ようやく、千鳥が淵に、辿り着いた。

駐車場には、他に、車が、三台である。

早速、御幣と、日の丸を、持って、向かう。
すると、若い親子が、虫捕りをしていた。

平和な雰囲気である。

今年は、千鳥が淵墓苑には、新たに、3937柱の、遺骨が、納骨された。
ここには、遺骨が、奉られてある。

行き先の無い、遺骨である。
総数、358,269柱である。

ちなみに、戦没者数、2,400,000名である。
そして、民間人を入れた、総数は、320万人である。

人類発生以来、最大の戦争である。

改めて、日本は、アメリカと、ど、えらいことを、したのである。
太平洋という、大海を舞台にした、最大の戦争を、この、小さな、島国、日本が、行った。

書きたいことは、多々あるが、慰霊のことだけを、書く。

私が、慰霊塔に向かうと、すぐに、担当の、おじさんが、やって来た。
ご苦労様です。今、明かりを点けます。

何か、勘違いしているのかなーーー
私を、誰だと、思っているのかーーー

平民なのに。

ところが、もうひとりの、おじさんも、やって来て、私が、祝詞を献上し、更に、清め祓いするのまで、見ていた。

そして、深く、黙祷する。

二人の、若い女性も、慰霊にやって来た。
その場に、菊の花が、置かれて、それを、捧げる。

私は、今回、新たに出来た、シベリア抑留戦没者の慰霊碑と、引き揚げによる、死者の慰霊碑を、回ることにしていた。

おじさんに、尋ねると、すぐ傍である。

一つの、囲いの中に、それぞれの、慰霊碑が、建立されていた。

数霊を、唱えて、お送りの、音霊を唱える。

すべて、私の、やり方である。
古神道には、方法とか、手順はない。

ちなみに、ひとりのおじさんからは、神道の方ですかと、尋ねられた。
いえ、古神道です。
しかし・・・
古神道というと、変な新興宗教に、間違われる可能性もあり、これからは、テラの会ですと、答えることにした。

更に、私の慰霊の写真を撮っていて、会報誌に載せても、いいでしょうかと、問われた。

古神道を、名乗る、嘘の古神道の、宗教がある。
古神道では、集団や、組織を作るはずがないのである。
勿論、建物も、建てない。

神道を、名乗るのは、神社神道と、教派神道があり、教派神道は、皆、新興宗教である。

明らかに、宗教団体であるから、古神道ではない。

教祖が、自分に、コンタクトしてきた、霊を、神と、勘違いして、立ち上げたものである。

憑依された、教祖もいる。
そんな、霊に騙されるほど、愚かなのである。

さて、三十分ほどで、慰霊の儀を終わり、次に、靖国神社に向かう。

途中、休憩所に入り、無料配布の、色々な、会報誌を貰う。
そして、慰霊名簿に、記入する。



posted by 天山 at 00:00| 千鳥ヶ淵、靖国神社へ 平成22年8月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。