2010年07月20日

メーソートへ 6

次に、向かうところは、ミャンマー難民の、孤児たちの家である。
小学生から、中学生までの、おおよそ、70名が、暮らすという。

ノーンブアデン孤児の家である。

車が、山の中に入る。
そして、細い、林の中を通る。
こんな、山奥に・・・

ようやく、建物が、見えてきた。
中野さんの、説明によると、フランスの団体が、食料支援をすることから、はじまったという。

住まいと、学習する、建物がある。
だが、写真を見て欲しい。
建物といっても、皆、手作りである。

まず、二三人の子供の姿が、見えた。
今日は、日曜であるから、皆、建物の中に入っているのか・・・

平倉さんと、奥様が、早速降りて、施設の代表の、女性と、話し始めた。

誰が、声を掛けたのか、子供たちが、続々と、集まってきた。

サワディー・・・
だが、誰も、声を上げない。
子供たちの、顔は、神妙である。
更に、笑わない。

私は、早速、バッグを開けて、支援物資を、出した。
ここでは、奪い合いはないと、それぞれの、大きさの、シャツを、木製のテーブルの上に出した。

好きなものを、取ってくださいーーー
私の日本語を、コータが、英語に、そして、中野さんの奥様が、タイ語にし、代表の方が、ビルマ語にした。

子供たちは、静かに、衣服に手を出す。
矢張り、小さな子供たちからである。

大きな子供たちは、その背後にいて、見詰めている。

私は、今回、子供用の、靴を、多く持参した。

その、靴を子供たちの前に、並べた。
さあー、自分に合うものを、取ってください。

英語、タイ語、ビルマ語に、訳されて、子供たちに、伝わる。

いよいよ、子供たちが、動き出した。
靴である。
日本の靴。

履いて、歩くと、光を放つ靴もある。
子供たちは、驚いて、少し歓声を上げた。
それも、小さな子供たちである。

大きな子供たちは、騒がないし、冷静である。

次々と、私は、物を出した。
三枚の、子供用の、毛布を取り出すと、後ろの女の子が、手を挙げる。
何という、子供たち・・・

すると、また、手を挙げる子がいる。
次々に、手渡す。

一番の、感動は、ぬいぐるみ、だった。
何も無い場所・・・・

私が、沢山の、小さな、ぬいぐるみを、取り出して、頬に当てて、一緒に寝てくださいと、表現した。

小さな手、手、手である。
私が、渡すまで、待っている。
後ろのほうからも、前に出てきて、手を、出す。

一人一人に、手渡す。

それにしても、後ろにいる、大きな子供たち、中学生であろう、どこかで、見た、表情である。
思い出した。
オーストラリアの、アーネムランドの、アボリジニの中学、高校生の、顔である。

自分たちの、現状を把握し、絶望した、表情である。
彼らは、自分たちには、国籍も無い、親も無い、そして、未来が、全く見えない・・・
それを、知ったのである。

アボリジニの大きな子供たちも、絶望感が、漂っていた。
私たちの、民族は、もう、駄目だ、希望などない・・・という、悟り。
仕事も無い。ただ、政府が、出すお金で、暮らしてゆくだけ・・・

ミャンマー難民の孤児たちの場合は、それより、悪い。

兎に角、その場から、動くことが出来ない。
国籍が無いのであるから、その町から、出られない。
そして、何も出来ないのである。

更に、諦め。

ぬいぐるみを、差し上げた後で、子供たち、小さな子供たちに、微笑みが、あった。

私は、日本語で、また、ここに来ます。待っててください。また、沢山の、プレゼントを、持ってきますと、言った。
それが、英語、タイ語、ビルマ語に、訳されて、子供たちに、伝えられた。

私が、片付けでいるのを、子供たちは、静かに見ていた。
そして、解散である。
中野さんも、平倉さんも、後ろで、それを、見詰めていた。
奥様が、色々と、気遣い、通訳、写真まで、撮ってくれた。

そして、私に、英語で、もっと、小さな子供たちの、施設に、行きましょうという。
幼児用もあり、それは、大賛成だった。

その後、平倉さんが、学校というか、学習する建物に、案内してくれた。
その、屋根である。
大きな、葉を使い、屋根を作っている。

山から、大きな葉を、取ってきて、このように、屋根にします。乾くと、ある程度固まり、雨漏りは、しません

机も無い。
ただ、敷物を敷いただけの、部屋。
小さな黒板がある。

白人の先生が、二人来ています
そうですか

私は、日の丸を掲げて、写真を撮った。

うーんと、唸るだけ。

次は、慰霊碑に行きますと、平倉さんが、言う。

代表の方に、挨拶して、私たちは、車に乗り込んだ。

さようなら
何人かの、子供たちに、声を掛けた。
手を振り、見送ってくれた。

また、林の中を、車が走る。
その時、別の車が来た。
あれが、食料を運んでいる、車ですと、中野さんが、言った。



posted by 天山 at 00:00| メーソートへ 平成22年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。