2010年07月18日

メーソートへ 4

ホテル並びの、食堂に出掛けた。
タイ料理なら、なんでもある。

コータは、タイ語を書く、読むことが出来るようになっていた。
凄い。
勉強すれば、誰でも、そうなる。
だが、私は、駄目。決して、覚えない。

コータに、こんなものを食べたいと、言うと、メニューの中から、選んで、注文してくれる。

あんたーーー凄いねーーーーである。

勉強って、するもんだねーーー
どうして、大学の時に、勉強しなかったのーーー

東洋哲学、仏教である。
教授たちと、馬が合わなかったという。
そりゃーー馬が合わないよ
自分が、教授だと、信じているからね
インドに行くこともなく、仏教云々・・・なんて、私と同じじゃないのーーー

実は、コータの卒論を読んで、こんなんで、卒論になるのと、思った。
勿論、その時は、凄いねーーーと、褒めたが・・・

食堂には、数名の女の子が、忙しく働いている。
運ばれてきたものを、見て、私も、タイ料理に慣れたと、思った。

タイで、和食を食べたいと、思わないのである。

タイでは、タイ料理。
辛いっっっっっ、それがいい。

料金も、百円程度。
毎日来ても、すべての、料理食べられないね
と、私が言う。

ちょっと、美味しいよ、これ
本当に、美味しい。
口に合う。

スプーンと、フォークで、食べる。
時には、箸も使う。

食べ終えて、市場に向かう。
水を買うためだ。

コータは、一度出掛けて、付近を歩いているので、どんどんと、市場に歩く。
大変、混雑している。

肌の白いのから、黒いのまで、いる。
色々な人種が、混じっている。

水を売っている店は、閉まっていて、コンビニに入る。

1,5リットルを、三本買う。
それは、明日の分である。
沢山買っても、重たいから、度々買うことにする。

それで、ぐったり。
飛行機、バス、タクシーと、乗り物に乗った一日。
もう、いいわ
寝る

シャワーを浴びる。
何と、お湯が出る。

暑い日差しの中を歩いても、熱いシャワーが、気持ちいい。
熱を発散して、皮膚が、冷たくなっているのだ。

コータも、早々に、ベッドに着いた。

翌日の朝、早く目覚める。
そして、また、あの食堂に行く。
食堂は、朝の七時から、夜の七時まで。

朝は、スープライスがいい。
タイ語では、何というのか、忘れた。
一度、二度、三度と、聞くが、忘れる。

もち米の、カオニャオだけは、覚えた。

私は、一人でいると、兎に角、ゼスチャーで、通す。

相手も、私の言いたいことを、真剣に見詰めて、理解しようとする。
あんかけそばの時は、とんでもないことになる。

ホテルに戻り、準備をする。
私は、浴衣を着た。

カメラは、三台である。
フィリピンの時に、盗まれたことから、三台用意するようになった。

支援物資を渡している、姿を写すのは、支援をしてくれた人が、あっ、私の送ったものだと、感激して欲しいと思い、沢山撮る。

十時前に、フロントから、電話があった。
広倉さん、中野さんが、到着した。

広倉さんは、タイ人ですから、時間は、少し遅れると、思ってくださいと、言っていたが、早く来た。

中野さんの、長男と聞いていたが、本当は、次男の方である。
長男さんは、早くに、亡くなったという。

広倉さんは、私たちの、荷物が多いので、部屋まで、やってきた。
お嬢さんも、一緒である。荷物運びに、連れてきたのである。
おおよそ、70キロの支援物資を、皆で、運ぶ。



posted by 天山 at 00:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。