2010年07月17日

メーソートへ 3

ここで、私たちの、活動のために、車を用意してくれたのが、最後の残留日本兵といわれた、中野弥一郎さんの、ご子息の方である。

広倉さんは、その、中野弥一郎さんと、友人だった。
家も近い。

この、中野弥一郎さんについては、本に書かれている。
様々な、マスコミの人たちが、彼を、追った。

しかし、私が目を通したものは、左翼的考え方を基本にして、彼を描く。
つまり、反日的考え方である。

だから、
誰も、天皇陛下ばんざいなどといって、死んだ兵士はいませんよ
などという、言葉が、軽々しく書かれる。

確かに、天皇陛下ばんざいより、かあさん、お母さんが、一番多いと、思われる。
更に、妻の名、子供の名・・・

当たり前である。

それを、あえて、天皇陛下ばんざいなどと・・・云々と、書く、ジャーナリストたちの、神経は、病んでいる。

私が、中野さんの家に行き、その遺骨の前で、慰霊の儀を行った。
その多くの写真の中に、昭和天皇の、お写真があった。
タイの、高僧たちと、並んでいた。

日本兵は、そして、当時の日本人の、天皇陛下に対する、思いを、今、現在の人は知らない。知るはずが無い。

天皇陛下が、存在しなければ、戦地を放棄したであろう。

こんな、馬鹿馬鹿しいことが、あろうかと、思ったはずである。
玉砕せよ、との、命令に、従わず、生きた者は、自決させられた。

実に、人の命が、軽い。
兵士は、馬以下だったという。

戦地で、上官に、人の命の尊さを訴えた、軍医などは、張り倒され、更に、自決を迫られた。

こんな、馬鹿馬鹿しいことが、あろうか。
人の命を、何と考えていたのか。
それを、天皇陛下を、利用して、語った軍部の、傲慢は、計り知れない。

天皇陛下について、という、エッセイで、私は、天皇陛下の、お姿を、書くので、そちらを、参照してほしい。

さて、中野さんの、ご子息の方に、朝、十時に来てもらうことにした。
そして、出来る限り、時間をかけずに、予定を終わらせることにした。

熱中症で、倒れては、更に、皆さんに、迷惑をかけると、思ったからだ。

それでは、ということで、広倉さんと、別れた。

私は、疲れて、ベッドに、横になった。
コータは、街の中を見てくると、出かけた。

少しして、私は、急ぎ、支援物資の整理をした。

回るところは、難民無料クリニックの、メータオ・クリニック、小学生、中学生の難民孤児院、ノーン・ブアデン、幼児の孤児院、バーン・メーパである。

メータオ・クリニックは、日本人の、支援団体が、行っている。
そこで、ボランティアをしている、女医さんにも、お会いする予定である。

バッグに、詰め直す。

勿論、いくらあっても、足りない。
後で知ることになるが、孤児院は、二十箇所以上あるという。

更に、難民キャンプも、十箇所以上あるという。
その中には、車で、四、五時間かかる、場所ばかりである。

中には、山の中腹にある、キャンプもあり、酷い貧しさにあるという。

それほど、多くの難民が、タイに逃れているのである。

ミャンマー軍事政権は、悪魔の、巣である。
少数民族は、家畜以下なのである。

その、悪行を、書くべきか、否か。

このまま、筆に任せる。

コータが、戻ってきた。

ちょっと、近くに食べ物屋ある
ホテルの並びにあるよ
じゃあ、夜は、そこで、食べよう。水も買いたい

その、ホテルの並びにある、地元の食堂には、毎日通うことになる。

兎に角、水は、大量に必要である。
脱水症状などに、なっていられない。

部屋では、エアコンで、汗はかかないが、一歩外に出ると、汗だくになる。
絶えず、汗をかく。
雨季だというが、あまり、雨に当たらなかった。

日本の、梅雨時期の似た、蒸し暑さであり、兎に角、暑い。
イスラムの、女性たちが、すっぽりと、体全体に、布を巻くのは、意味がある。暑さと、紫外線対策である。

私も、イスラム女性のように、布を、すっぽりと、被りたいと、思った。

そして、部屋では、リラックスするため、女性用の、ワンピースを買って、部屋で着た。
体全体を、蔽う、暑い国特有の、薄手の、布である。

日本でも、時々、それを着ている。
時に、荷物が来たときも、その格好で、出て、驚かれる。

もう、どうでもいい、年になった。

ただ、コータには、頼むから、住んでいる、マンション近くを、それで、歩かないで欲しいと、言われた。
日本の、変なレディボーイだと、思われるし、あんたの父親は、アレかと、聞かれるのは、困るという。
一応、コータと、私は、親子である。
法律上も、親子。
だが、コータは、私を、先生と呼ぶ。
それも、皆が、不思議がる。

それも、どうでもいい。

この世は、どうでもいいことが、多すぎる。




posted by 天山 at 00:00| メーソートへ 平成22年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。