2010年07月16日

メーソートへ 2

タクシーが、走り出したので、すぐに、小西さんに、電話をする。

タクシーに乗りました
えっ、大丈夫ですか。メーターは、ついていまか・・・
いや、料金を交渉して決めました。顔つきも、悪い人ではないと思います
そうでか・・・

不安そうである。
だいだい、その付近に、タクシーなどは無いのである。

それに、運転手の写真付の、ナンバーが掛けてあります
と、私は、小西さんを安心にさせるために、言う。

兎に角、気をつけてください

本当に、ありがたい、心配である。
何があるか分からないタイであるから・・・

その後で、運転手が、バンコクから来たことを、知る。
通りで・・・
空港から、人を乗せて、ここまでやって来た。そして、バンコクへ戻る人を、待っていたのである。

お金のある人は、バンコクの空港から、タクシーで、ここまで来る。

身包み剥がされないで、済んだ。
メーソートに向かう道は、確かに、山道、だんだらである。
体が、大きく揺れるカーブが多い。

日本の、横浜支部からも、心配の電話である。

大丈夫です。とんでもない、道を走っていますが・・・

だから、帰りのミニバスの時は、酷かった。
メーソートから、タークまでの、二時間、拷問のようであった。

麻薬のルートであるから、途中で、検問がある。
ミャンマー国境の町は、皆そうである。

タイ人は、認識カードを、外国人は、パスポートを提示する。

元首相の、タクシンが、麻薬撲滅と称して、徹底的に、調査、人を殺した町が、メーソートである。

無実の人、1800名ほどを、殺したという。
町自体を、崩壊させるような、規模だったというから、凄まじい。
しかし、それは、麻薬のルートを、わが手に、治めるための、方法だったことに、市民は、気づいた。

メーソートの人々は、タクシンを信用していない。
北部の町としては、他の、北部の町のタクシン派とは、異にする。

彼が、タイに戻れば、殺されるでしょうと、言う。
それほど、酷いことをしたのである。

それを知らず、タクシンを支援する人々は、洗脳されている。
更に、バンコクでの、デモでは、参加者に、お金が、支払われた。
特に、水商売の女たちには、日当、2000バーツである。

6000円とは、凄い。
日当であるから、それで、相当、金になったという。

タクシン派は、すべて、金である。
そこで、内部分裂も、起こった。
幹部だった、元陸軍出身の、男が、殺された。

最高幹部は、南部に、豪邸を建てて、悠々と暮らすという。
南部であれば、北部、東北部の人たちには、見えないからである。

タイ政府は、兎に角、タクシンを、捕らえて、法廷で、裁くことである。
虐殺の罪で、死刑が、相当である。

タクシーは、メーソートの、バス乗り場に、着いた。
そこからは、地元の、三輪車タクシーに乗り換える。

あらかじめ、ホテルは、決めていたので、ホテルに向かう。

ようやく、ホテルに着いたのが、夕方の四時頃である。
コータが、心配する、広倉さんに、電話をすると、すぐに、来るという。

着替えをして、広倉さんに、お会いする。
右手を、事故で、失った方である。

ホテル二階の、レストランで、お会いする。

兎に角、無事で・・・
心配かけました

初対面から、そのお人柄が、伝わる。
私が、追悼慰霊と、支援に来たことを、すべて、納得して、全面協力体制である。

予定を、申し上げる。
車の手配も、更に、回るところも、考えていらした。

難民キャンプは、沢山あるという。
私は、メラキャンプしか、知らない。だが、この雨季の時期に、メラキャンプに行くのは、とても、時間がかかるらしい。

それより、市内に、多くの孤児たちの施設や、世話をしている、団体があるという。そこは、支援が必要とのこと。
それで、私は、広倉さんに、お任せることにした。

明日の一日で、すべてを行う予定である。

広倉さんは、汗をかきつつ、お話する。
大柄な体格で、心も、大柄である。
私は、父親の時代の、人々を思い出した。
父親の時代は、こういう人が、多かった。人のために、一生懸命になる人である。



posted by 天山 at 00:00| メーソートへ 平成22年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。