2010年07月15日

メーソート・ミャンマー難民を訪ねる

深夜バスで、九時間かかる。
それでは、大変だと、飛行機にする。

バンコクから、スコータイまで、エア・バンコクで、飛ぶ。
一時間と少し。
そして、バスに乗り、メーソートに向かう。

スコータイまでの、飛行機は、何の問題もなかった。
朝、七時の飛行機であるから、私たちは、朝四時に、起きて、出掛けた。

その前に、私は、バンコクで、暑さに慣れるために、四泊している。
また、バンコクで、カンボジア流民の親子に、衣服支援をしていた。

スコータイの、バス乗り場に到着して、その人の多さに驚いた。
何と、明日から、三日間、タイの三法祭という、お祭りがあり、皆、帰郷するという。

だから、バスは、満席で、乗れません、である。

私たちの、荷物は、大きなバッグが、三個、小さなバッグが、二個、そして、それぞれの、バックが、一つずつ。合計、七つのバッグなのである。

次のバスを待つことにした。
ところが、受付の、お姉さんが、混んでいるが、乗れると言う。
これ幸いと、乗ることにした。

そして、到着したバスは、満席であり、すでに、立っている人もいる。
更に、私たちの、荷物である。

バスの下の、荷物入れに、入らない。
おじさんは、両側のバスの、下を開けて、何とか、こんとか・・・不思議だが、入れてしまった。

ただ、入れた場所を覚えていなければならないと、思った。

乗車するが、座れる席は無い。
混雑する、バスの中で、立つ。
これが、また、大変に辛いものである。

だが、一時間程度で、降りる人もいて、漸く、席が開いた。
立つ人は、全員が座ることが、出来たのだ。

スコータイから、タークという、街に向かう。
時々、止まるので、約二時間ほど、かかった。

更に、バスは、二等エアコンバスである。
つまり、日本からの、払い下げのバスなのである。
乗り心地は、良くない。

タークに着いた。
兎に角、荷物である。
一つでも、忘れられない。

外は、熱風である。
私は、紗の着物を着ていたが、汗だくになる。
裸になりたい・・・

さて、そこからが、問題である。
メーソートには、ミニバスが、走る。
しかし、メーソート行きの、チケット売り場は、混雑の限り。
百名ほどが、並ぶ。
皆、帰郷する人たちである。

コータは、これじゃあ、乗れないと、いう。
しかし、ここに泊まるわけにはいかない。
今日中に、メーソートに行かなければならない。
そういう、予定である。

コータの、タイ語学校の、休みを利用して来ているのである。

すると、先ほどの、バスで一緒だった、おばあさんと、孫の二人連れが、私たちに、声を掛けた。

混んでいるから、娘に電話して、迎えに来るように、頼んだので、一緒に、乗せてあげるというのだ。

ありがたい、と、思った。

私は、バスの中で、男の子に、お菓子を、差し出して、食べていた。
席に座るのも、一緒だった。

ところが、メーソートの、広倉さんから、電話が入る。
そして、迎えに行きますと、いう。
また、小西さんからも、電話が入る。

私が、事情を説明すると、小西さんは、それは、勧められないという。
タイでは、何があるか、解らない。特に、タークから、メーソートの道は、山道であり、どこに連れられていかれるか、知れないし、身包み剥がされることも、あり得るというのである。

そんなことは、無いと、思うが、両氏が、心配するので、コータと、考えた。

ミニバスは、期待できないとすると、迎えを頼むか・・・
しかし、ここまで来て、また、メーソートに戻るというのは、大変なことだと、感じる。

私は、トイレに行った。
そこで、一台のタクシーを、見つける。

コータ、タクシーがいるよ
ちょっと、アンタ、交渉してみて

コータは、タイ語の会話は、ほぼマスターしている。

700バーツで行くといっている
少し、下げてくれと、言ってみて

戻ったコータが、それ以下に出来ないという。

ああああーーーーしょうがない、それで、行こう。



posted by 天山 at 00:00| メーソートへ 平成22年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。