2010年07月14日

奇跡の旅・ビアク島へ 14

西パプアは、オーストラリアから、200キロと、離れていない。
1963年、ニューヨーク合意後、インドネシアに、引き渡された。

元オランダ植民地だった、西パプアを巡る、オランダと、インドネシアの、長きに渡る、論争に、終わりを告げた。

そして、1969年、インドネシアが、選び出した、1025人という、パプア人の投票が、行われる。その投票で、インドネシアの一部として、留まることが、確認されたという。

この投票は、西パプアのインドネシアへの、引渡しを監視した、国連事務総長補佐の、ごまかし策であると、言われる。
たった、1025名の投票であるから、実に、おかしなものである。

そして、事件が起こった。

1989年7月、インドネシア軍による、100名以上の、虐殺である。

何故か。
西パプアの、独立を阻止するためである。

その犠牲者の、ほとんどが、女性だったという。

その7月6日に、起きた、虐殺は、実際、40年以上に渡る、インドネシア警察と、軍による、日常的、致命的脅迫と、暴力の結果である。

証言
ビアクの女性たちは、毎日、肉体的、あるいは、性的な暴力に、晒されていた。
そうした生活が、40年以上も続いた。
遠くの村々で、インドネシア軍が組織する、毎月のダンスである。そのダンスの際、あるいは、その後、しばしば自宅で、女性たちが、兵士に、強姦される。
家族や、夫は、何をすることも出来ない。

証言
朝の五時、軍が、数日前に、掲げられた、独立パプアの旗を守るために、港で寝ていた、若い人たちに向けて、発砲をはじめた。
ビアクの街の人たち全員が、銃をつきつけられ、狩り出された。
港にて、丸一日、身体的、性的な、虐待を受けた。
そこには、小さな子供もいた。
100人以上、ほとんどが、若い女性で、乳児や、子供を連れている者もいた。
そして、二隻の船に乗せられ、そこで、裸にされて殺され、体を切り刻まれて、海に投げ捨てられた。

虐殺後、三日間、数百人が、警察署と、軍基地に、拘留された。
インドネシア軍が、病院にけが人の処置をさせなかったため、治療もなく、家に帰らなければならなかった。
いまだに、行方不明の人たちもいる。

ビアク島の、コミュニティは、西パプア全体に広まっていた、独立デモに、参加していた。

当時は、スハルト大統領追放の後で、開放感と、希望が、広がっていた。

新大統領ハビビは、東ティモール独立を巡る、対話を促していた。

ビアクの女性たちは、旗、バナーを作り、港に、独立パプアの旗が、掲げられた。

7月2日、インドネシア軍は、この旗を撤去し、祝福を止めようとしたが、圧倒的な、デモの参加者により、諦めたのであるが、6日、朝五時に、デモ参加者と、ビアクの人々に、軍事攻撃を開始したのである。

身体障害を持つ人の証言
船に、無理やり乗せられたが、船員に同情されて、海に投げ入れられた。
船に乗せられた人たちに、何が行われたのかは、誰も知らない。
誰ひとりとして、生きて帰ったものがいないからだ。
それからの、数週間、遺体が、海岸に浮かんでいたという。
その中には、手足を切り取られた者、胸を切り取られた女、ペニスを切り取られた男などがいた。
別の島に流れ着いた、二人の女の遺体は、足を縛られ、性器に新聞紙が、詰められていた。
海岸に流れ着いたり、魚取りの網にかかった、小さな子供の遺体を含む、合計70名の遺体を確認したという。

さて、1975年に、インドネシア軍により、五名の、オーストラリアTVクルーが、殺された。
駐ジャカルタのオーストラリア大使館付謀報オフィサである、ダン・ウィードン少佐が、まとめた、公式の諜報報告を認めたにも、かかわらず、オーストラリア政府は、インドネシアの虐殺を、公に、非難することを、拒んだ。

オーストラリア西パプア協会が、情報公開を申請するという努力にも、関わらず、その報告は、公開されていない。

2001年、11月、サン紙・ヘラルド紙に掲載された、記事の中で、オーストラリア国防軍の諜報仕官、アンドリュー・プランケット大尉は、ビアク虐殺は、東ティモールの、リハーサルであったと、語る。

更に、大尉は、「オーストラリア政府が、ビアクにおける、インドネシアの行為に、公式の抗議を行うかわりに、目をつぶったことで、その後の、インドネシア軍による東ティモールでの、虐殺に、青信号を与えた」という。

実は、これには、大きな問題が、隠されてある。
東ティモールの、資源の権利を、オーストラリアが、所有する。それにより、インドネシアに、所有権などでの、支援をするのである。

独立により、その権利を無くすのであるから、インドネシア軍に、青信号を出したということである。

特に、石油は、インドネシアと、オーストラリアで、100パーセント、所有していた。

1975年、インドネシアによる、東ティモール侵略と、その後の、不法占領は、アメリカの、フォード大統領と、キッシンジャー国務長官が、ゴー・サインを出していた。
インドネシアは、その翌日に、東ティモールに、全面侵略を開始したのである。

後進国の、悲劇である。
そこに、大国の傲慢がある。
しかし、それらは、皆、世界に公開されずに、実行された。

日本政府も、インドネシアに、全面的支援をして、事態を把握しなかったのか、知らない振りをしたのか・・・

国際法など、完全に無視である。



posted by 天山 at 00:00| 奇跡の旅ビアク島へ 平成22年6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。