2010年07月09日

奇跡の旅・ビアク島へ 9

まあ、それでも、この部屋に、二泊することにした。
この程度で、慌てていては、これから、まだまだ、ニューギニア戦線の追悼慰霊をするのであるから、驚くに当たらない。

時間は、朝の十時前である。
ではと、早速、ホテルの周囲を散歩することにした。
食堂も、見つけなければならない。

暑いのだが、日差しは、ジャカルタより、弱い気がした。

そこが、ビアク島の、メイン通りだと聞いたので、また、驚いた。
ホテルの並びに、スーパーがあり、その向かい側にも、スーパーがある。
そして、小屋のような建物が、続いて、音楽ショップや、携帯電話の店・・・などがある。

食堂が、一軒。
向かい側のスーパーの中にも、一軒あるのみ。

それで、おしまい。
歩いても、五分である。

仕方なく、向かい側のスーパーに入り、水を買う。
そして、色々な品物を見て回る。

以外に、食料品が多い。
ただ、果物が少ないのが、気になった。
輸入物が、大半である。

そして、島であるから、全体的に、値段が高い。
それは、何から何までに、言えた。

1,5リットルのペットボトルを、二本買い、一度、ホテルに戻る。

矢張り、汗をかく。
地元の人は、汗をかかないようだ。

水浴びに挑戦してみる。
大きな水槽のような場所に、水が溢れるようにある。
桶を使い、下半身から、かけてみる。

少し冷たいが、気温が高いゆえに、それほどでもない。
体全体に、水を掛ける。
少し、気合を入れた。
意外に、気持ちがいい。

と、それで、タオルが無いことに気づき、そのまま、全裸で、乾くまで、部屋の中で、立っている。
何とも、情け無い。

バリ島で、買った、シルクの腰巻をして、過ごす。

そろそろ、腹が空いてきた。
ホテルの並びにある、食堂で食べようと思う。

腰巻に、Tシャツを着て、出た。
五六人の男たちが、食事をしていた。

メニューを出されるが、全く、解らない。
いくつか、写真が出ていたので、そのから、選ぶことにする。
が、私が、食べたいものは、無いと、女の子が言う。

それでは、ナシゴレンである。
それか、ミーゴレンである。それしか、解らない。

ナシゴレンを注文したが、おかずと、ご飯が別に出てきた。

何とも、変な感じである。
勿論、店の方も、変な感じだろう。

見かけない顔、それも、外国人である。

ただ、おかずが、野菜中心だったので、良かった。しかし、辛い。

兎に角、島の食堂で、食事をしたということ。
日本円にして、百円と少しである。

部屋に戻り、夜は、スーパーの食堂で、食べてみようと、思った。
料理の写真が多いから、そこから選べる。

そして、突然、疲れを感じた。
飛行機に乗った疲れである。

ベッドに、体を横にすると、そのまま、寝てしまった。

目覚めたのが、三時過ぎである。
そこで、ロビーに出て、主人に、聞いた。

車で、一時間、島を案内してもらうと、幾らかかりますか。
英語である。
伝わったようで、一時間、60万ルピアだという。
そして、手配するよと、言う。
それでは、アフターね、と、言って、部屋で考えた。

一時間、六千円とは、高い。高過ぎる。

バンコクのコータに電話する。
ちょっと、一時間車をチャーターして、六千円だってさ
それは、ボッているね
そうだよね。そんなに高いはずないよね

主人は、ガイド付の料金を言ったのかもしれない・・・それにしても、高い。

それで、考えた。
明日、あの運転手が来る。
あの運転手に、こちらから、値段を言い、交渉することにした。

つまり、追悼慰霊に行き、そして、その翌日に、空港まで、送ってもらって、50万ルピアで、交渉してみる。
追悼慰霊の時間は、無視してもらう。つまり、二時間でも、三時間でも、料金は、同じということ。

ホテルの、主人には、頼まないことにした。
アフター、後でと言ったので、そのままにしておこう・・・

島では、五千円でも、大金である。
だが、島の人は、島以外から来た人から、お金を得る以外に、方法がないのである。

ここで、裕福に暮らす人たちは、政府関係者である。
つまり、公務員、警察、軍関係者。

電話の料金を入れるのに、五万ルピアのものを、ホテルの主人に頼むと、五万五千ルピアといわれた。
そして、ホテル前の看板を見ると、五万二千ルピアと書いてある。

ジャカルタでは、五万は、五万で、10万のものだと、二千ルピア安くなる。

嫌だーーーー
嫌な性格であると、我が身を思う。この、ケチケチした、性格・・・
まあ、自腹で、来ているのだから、しようがないが・・・

夜、スーパーの食堂に行く。
写真を指して、注文した。
ばっちり、である。

何のことは無い、ミーゴレンを食べた。
情け無い。

従業員の、男の子たちも、女の子たちも、実に、親切で、笑顔を絶やさないのが、いい。

おいしかった、と、日本語で言う。
サンキュー
意味、通じたのか・・・




posted by 天山 at 00:00| 奇跡の旅ビアク島へ 平成22年6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。