2010年07月07日

奇跡の旅・ビアク島へ 7

ビアク島へ、出発の朝、チェックアウトの、追加料金を払うために、フロントに、下りた。
夜の、六時まで、部屋を使用する。

飛行機の、出発時刻は、夜の、11:55である。つまり、飛び立つのは、翌日である。

部屋に戻り、荷物の整理をする。
出来るだけ、少ない手荷物にする。

大きなバッグに、すべてを詰める。
つまり、荷物は、二つになる。
機内持ち込みは、一つにした。それは、正解だった。国内線の、荷物は、一つのみ。

さて、また、電話に料金を入れるために、出掛ける。
お姉さんは、疲れて、寝ていたが、私が行くと、いつものように、電話機を持って、料金を入れてくれた。

私は、その後、少し、散歩した。
勿論、スラム街である。

次回は、海岸に近いスラムに、支援したいと、思う。
スラム街といっても広大な広さなので、戸惑う。

屋台で、食事をしたい誘惑にかられるが、やめておく。
ビアク島に、行くまでは、倒れていられない。

そのまま、そごうデパートに行き、朝と昼ごはんを、一緒にして、四階の、屋台コーナーに行く。

牛肉の炒め物と、ご飯がついた、セットを注文する。
そして、デザートに、ソフトクリームを食べた。
暑い国では、塩と、砂糖が、必要である。
それらは、汗で、流れてしまう。

さて、チェックアウトである。
すべての、領収書を持って、フロントに出し、清算する。

そして、顔見知りの、夜の部の、ボーイに、タクシーを頼む。

ネクストタイム、スティーヒァーというと、ありがとうと、応えた。

タクシーに乗り込み、夜の、空港へ向かう。
ところが、空港への道は、とても、混んでいた。

途中から、進まないのである。

運転手の、おじさんは、済まないと、言う。と、私は、感じた。

オッケー、オッケー
通常の二倍の、時間がかかった。
どうせ、深夜便であるから、余裕である。

ようやく、空港に到着して、カートに、荷物を積み込んで、時間を待つことにした。
そして、夜の食事は、空港の中で、する。

スカルノ・ハッタ空港は、沢山の、乗り場がある。
今回は、国際便のある、F2という、空港である。
そこが、一番、広い。

一階にも、二階にも、レストランが沢山ある。

七時を過ぎていたので、私は、カートを押して、一階に下りた。
その中で、安い店を探した。
何でもある、レストランに入る。

入り口に近い、テーブルに着いた。
注文したのは、チキンの焼きそばである。

私の座席の横を、ふっと、見ると、三人の子供たちが、靴を磨いていた。
その店に入る客の、靴磨きをしていた。

丁度、私のテーブルの横である。
何気なく、見ていると、一人の少年が、何か言う。

全く、解らない。
しかし、腹を押さえて、口に、指を当てる。つまり、食事をしたいという、仕草である。

オッケー
私は、三人に、焼き飯を、ご馳走することにした。

17,13,10歳の、少年たちである。
日本では、考えられないことである。
空港で、勝手に、レストランに入り、仕事をするという・・・

私のテーブルに、彼らは、椅子を三個置いた。
他の客が、不審そうに見ていた。

私たちは、四人で食事をすることになった。
言葉が分からないが、色々と、話をした。

13,10歳の子は、学校に行っているという。17歳の子は、靴磨きで、生活している。

幾らでしているの
五万ルピア、つまり、500円である。

ただ、驚いたのは、彼らの、食事の量である。
注文した、焼き飯が、彼らには、多いのである。つまり、彼らは、いつも、少しばかりの、食べ物で、過ごしているということだ。

そこに、別の少年が来た。
友人だと言う。同じように、靴磨きをしているという。
私は、その子に、カメラを渡して、四人の写真を撮ってもらった。

彼らは、いつも、ここで仕事をしているから、また、来てという。
オッケー
今度は、ズボンと、シャツを持ってくるね

なんだか、親戚の子のような、気持ちがした。
このような、子供たちは、空港の中に、沢山いる。
ある子は、ゴミ箱から、ペットボトルを集めている。
皆、自分たちの、生活を、自分で、支えているのである。

日本なら、養護施設に、預けられる子供たちである。

さて、私は、長い時間を、空港で、過ごさなければならない。

ガルーダインドネシアの、マカッサル経由、ビアク島行きである。



posted by 天山 at 00:00| 奇跡の旅ビアク島へ 平成22年6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。