2010年07月05日

奇跡の旅・ビアク島へ 5

ジャカルタの人口は、おおよそ、910万人。
その、北西部に、ブンジャラガンと言う地区があり、スラムが広がる。

スラムに住む人の数は、把握できないのである。
100万人いるといっても不思議ではない。
更に、低所得者は、人口の、大半だろうと、思える。

中華系が、一番、金持ちである。
一時期、中華系の排除運動があったが、それにより、資金が海外に流れた。
更に、中華系も、インドネシアに解け込む、努力をしていると、言われる。

インドネシアの歴史に関しては、前回、書いているので、省略する。
ただ、今回、私が、感じたことは、インドネシアという国の成立に、日本が、深く関わっていたということである。

つまり、ポルトガル領だった、東部ティモールをはぶく、現在の、インドネシア領は、オランダが、植民地として、支配していた。
それを、日本軍が、統治して、敗戦後、インドネシア独立の中で、オランダ領支配だった、島々が、団結して、共和国を建設したのである。

オランダは、日本敗戦後も、再び、植民地化を企むが、四年間に続く、独立戦争にて、また、世界の監視により、断念した。
その際に、日本兵の一部が、インドネシア軍と共に、戦った。
彼らは、英雄として、奉られている。

あるインドネシア人に、言わせると、戦いの方法を、日本兵が、教えてくれたという。

更に、独立後、日本の支援により、今も、インドネシアは、国として、成り立つのである。
日本の支援なくして、インドネシアの存続は、有り得ない。

さて、とんでもない、支援活動を終えて、私は、シャワーを浴びて、ベッドで、休んだ。

しばらくすると、あの、ボーイが、部屋に遊びに来た。

今度は、ホテル内の、色々な施設の話をする。

二階から、四階までが、カラオケである。
前回、コータが、そこに出て、情報を仕入れて来たが、ボーイから、話しを聞くのは、はじめてである。

カラオケは、夕方から、はじまる。
そして、気に入った女性がいれば、買うことが出来る。

私は、女の料金はと、尋ねた。
日本円にして、一万円から、二万円である。
前回は、コータが、二万円と、聞いていた。そして、ボッていると、言ったが、それが本当の料金だった。

ボーイは、イスラム教徒であるが、男との関係は、駄目だが、ガールとの関係は、問題ないと、言った。つまり、売春は、肯定するのである。

更に、私に、マッサージを勧める。
マッサージ料金は、時間によって違う。
だが、マッサージ嬢も、買えるという。

それも、一万から、二万である。

客の、半分以上は、それが、目的であると、いう。
つまり、買春である。

ボーイの、マッサージは、あるのかと、聞くと、無いという。
私は、ガールより、ボーイのマッサージがいいと、言った。
すると、マン エンド マンは、駄目だという。
いや、ボーイの方が、力が強いから・・・
大丈夫だ、ガールでも、力があるという。

そして、もう一度、写真を撮るという。
それは、私を撮るだけで、自分は、一度でいいと、言う。

私は、ボーイに、ユービュティフルボディ、上着を脱いで、写真を撮るというと、また、マンエンドマンは、駄目だという。

つまり、男同士の関係は、禁止されているという。
彼は、男同士に、敏感だった。少し、勘違いしていた。

というより、私が、勘違いさせたのか・・・

彼の、勤務時間が終わる、三時に近くなった。

私は、また、少し休んだ。

夜の食事は、そごうデパートで済ますことにした。
屋台で食べてもいいのだが、ビアク島に行く前に、もし、食中毒などになっては、大変だと、思ったからだ。

そして、また、電話に料金を入れる。

毎日、横浜支部と、実家、そして、バンコクのコータに、報告の電話をする。
単独行動であるから、皆、心配しているのだ。

六時を過ぎて、スラムの、電話屋に行き、お姉さんに、料金を入れて貰う。
そのまま、そごうデパートに向かう。

パダン料理を食べることにした。
そこは、四階にあり、デパートの屋台広場であるから、安い料金で、食べられる。

旅をしていると、あまり、多く食べなくても、いい。
食べるだけでも、疲れるのだ。

最後は、スーパーに降りて、水を買う。
兎に角、いつもの、倍の水が必要である。

通りの店で、5000ルピアで売っている水が、スーパーだと、半額以下である。
東南アジアは、すべて、水道の水は、飲めない。
その点、日本は、天国である。
水道水が、どんどんと進化して、美味しくなっているのだ。

水を買い、今日が、それで、終わった。



posted by 天山 at 00:00| 奇跡の旅ビアク島へ 平成22年6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。