2010年07月04日

奇跡の旅・ビアク島へ 4

食事をして戻ると、すべての手続きが終わっていた。
そして、おばさんが、笑顔で、ディスカウントと言い、返金してくれた。

これで、ビアク島行きが、決定である。
日本から出る時は、どうするかと、少し迷っていたが、もう、後戻りは、出来ない。

何せ、ビアク島の、情報が何も無いのである。
ホテルや、ゲストハウの、情報も無い。
出掛けて、野宿する覚悟が、出来たのである。

出掛けてからの、勝負である。

書類を貰って、ホテルに戻る。

あの、ボーイが、部屋に後で行くと言う。
さて、手伝ってくれるのか・・・

時間は、12時を過ぎていた。
この後、スラムに、衣服支援である。

暑い時間帯と、ボーイの仕事が終わる、三時以降にすることにした。

ボーイが、やって来た。
彼も、あまり英語が出来ないので、丁度よい。

前置きの話が長かった。
彼は、ジョグジャカルタの出身である。
あの有名な、ボロブドール遺跡や、プラン・バナン遺跡のある場所である。
一度、私も、出掛けた。

ジャカルタでは、兄弟二人で、働き住んでいる。
一月の、給料は、日本円で、8千円である。
実に、少ない。それでは、生活が出来ないと、思う。

彼は、言った。
あなたの、三泊分が、僕の給料と・・・
うーん・・・

写真を撮り合うことになった。
記念写真である。
彼は、思わず、ポーズをつけたから、面白い。

そして、本題である。
実は、スラムに、入り、人々に、衣服を渡すと、言った。
ガイドを、して欲しい。そして、写真を撮って欲しい。

ところが、話しをはぐらかされる。
どうも、乗り気ではない。
チップも差し上げるから。でも・・・

つまり、スラムに入りたくないのだ。

そういう人たちとは、別の世界にいると、彼は、信じている。
確かに、暗黙の、境界線がある。
スラムの人々も、こちらに、出ることは無い。

これは、駄目か・・・

無理強いは、出来ないので、話をやめた。

もう、一人で行くしかない。
彼が、出て行ったので、私は、出掛ける準備をはじめた。
一時過ぎである。
暑くても、いい。

ホテルを出て、以前から、気になっていた、高架下に向かった。
子供たちが、遊んでいる。

そして、よく見ると、高架下にも、小屋が、立ち並んでいる。
近づくと、その小屋の間に、道があり、何と、そこから、スラム街に入られるのである。

驚いた。
びっしりと、小屋が立ち並ぶ。
道が狭く、四方に伸びている。
ここから、膨大なスラム街に、なっているのである。

私は、三人の子供たちが、遊ぶ道に、バッグを置いて、子供たちの服から、取り出した。

それからである。
どんどんと、人が集ってきた。
いつもの通りである。

子供のたちが、群がり、そして、大人も、混じる。
おおよそ、半分ほどの、衣類を、手渡しして、私は、場所を移動することにした。

その、支援の様子は、若い男に、カメラを渡し、撮って貰った。
地元の人に、カメラを渡すと、撮られるほうも、気を許すので、そのままの、姿が、映る。

さて、次の道へと、向かうが、子供たちも、大人たちも、後をつけてくる。
どんどんと、その数が増える。

一度、バッグを置いて、取り出すが、混乱の極みである。

そこで、一人のおばさんが、私を、高架下に誘う。
高架下は、広いから、よいという、訳である。

高架下に出て、私は、子供たちに、並びなさいと、身振りで、言う。
子供たちは、素直に、二列に、並び始めた。
大人も、協力してくれる。

ところが、その間に、大きなバッグから、若い男たちが、走り来て、一つ、また、一つと、支援物資を、取り出して、走り去ったのである。

最後の、袋を、取られて、私は、やっと、それに気づいたのである。
子供たちに、気を取られている間の、出来事。
しかし、子供たちは、見ていたはずである。

つまり、支援するものが、無くなっていたのである。
このスラムには、盗みをする、若い男たちが、いるのである。
スリの、集団がいる。

それでは、どうなったか・・・
私は、子供たちに、両腕を上げて、何も無いと、知らせた。が、子供たちは、納まらない。

百人ほどの子供たちの、群れが、私を襲う形になった。

逃げた。

逃げながら、写真を撮った。

中には、赤ん坊を抱いた女もいて、私に、下さいと、頭を下げるが、差し上げるものがないのである。

逃げた。

高架下を抜けても、子供たちが、追ってくる。
逃げる。

そして、ある地点まで来ると、子供たちは、ぴたっと、動きを止めた。
そこが、境界線なのである。

スラムと、通常の世界の、境界線。

着物を着ていなくて、よかった。
ほうほうの体で、ホテルに戻る。

ぐったりした。
そして、怒りが湧いた。
半分は、盗まれた。

だが、彼らが、自分の周囲にいる、子供たちに、渡すことを、願った。
しかし、それは、甘い考えである。
きっと、彼らは、それを、金に換えるだろう。
スラムの中にある、店に、売るはずである。



posted by 天山 at 00:00| 奇跡の旅ビアク島へ 平成22年6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。