2010年06月25日

タイ・パタヤの闇 2

夕闇迫る頃、私たちは、昼間会った、足の悪い、女性の元に出掛けた。

彼女は、昼間の場所にいた。
更に、彼女と共に、二組の、親子連れがいた。
皆、カンボジア流民である。

早速、支援物資を出して、皆に、それぞれ、差し上げる。
今回は、女性物と、子供物を、厳選して、持参してきた。
それは、日本から、コータのところに、郵送したものである。

それぞれに、渡して、あなたたちの、友人はと、問うと、南の方向を示すので、そちらに、歩いて行った。

しかし、途中で、止めた。

後の、二泊をそちらにある、ゲストハウに泊まることにしていたので、道を戻り、いつも、支援していた、場所に向かう。

丁度、果物売り場の、広場がある、前の道に、何組か、いるのである。

矢張り、二組の、親子がいた。

早速、支援物資を出す。
少し、大きな子がいた。女の子である。
私は、衣服の他に、その子に、袋に入った、ハンカチを渡した。中を、見せてである。
とても、喜んだ。
そして、私を、じっと見詰める。

人通りが多く、中には、立ち止まり、私たちの行動を見ている人がいる。
一人の男性が、しばらく、見ていた。
私と、目が合うと、微笑んだ。

パタヤにて、このような活動をしている人は、いない。
更に、カンボジア流民に対して、何事かしている人は、いない。

私たちは、彼らが、どのようにして、タイ、パタヤに出て来たのか、知りたいと、思ったが、言葉が分からない。
そして、それが、秘密の事ならば、喋らないだろう。

どのようにして、入国して来たのか。
そして、パタヤの、警察は、何故、黙っているのか。

これは、想像であるが、日本の、ヤクザに似た、組織があり、その組織が、物乞い出稼ぎとして、連れて来ている可能性もある。

一度、タイの女性が、物は、上げてもいいが、お金は、上げない方がいいと、私たちに、アドバイスしたのである。
それが、そんな想像を、もたらした。

普通なら、強制送還される人たちかもしれない。
だが、そこが、タイの緩やかなところである。

適当なところと、言っても、いい。

陸路であるから、入国せずに、入るのかもしれない。

兎に角、それほど、カンボジアの国情が悪いということである。
貧しいのである。

プノンペンに出掛けたのは、今年の一月である。
地方からで出来た人々は、住む場所がないから、路上生活である。

街中は、まだ、何とか救いがあるが、地方に行くと、ど貧乏な生活であろうことは、想像に難くない。

街中でも、多くの孤児たちがいる。

地雷があるから、どこでも、行くことは、出来ないが、私は、地方に、出掛けたいと、思っている。

プノンペンの近郊から、シュムリアップ付近などである。
アンコールワットの遺跡に近い、地方である。
また、タイから、陸路で、入る事が出来る、場所である。

やることは、多々ある。
そのためには、資金が必要だ。
しかし、私は、多く、自腹で行う。

寄付や、支援金を御願いするが、真っ当に、それを、行動したことはない。

何故か。
単に、それが、嫌なのである。
人から、お金を貰ってするということが、嫌なのである。

更に、こういう、活動を始めたら、仕事らしいことは、あまり出来ない。
昔は、占いの原稿を多く書いて、生活していたが、一時期から、全く仕事がなくなった。
それから、そのままにして、仕事を得ることを、しなかった。

また、占い師生活で、仕事をすることも、なくなった。

コンサート活動では、利益を得ない。
だから、大半の、蓄えを、使ってしまった。

今は、全く、お金は、無い。
それなのに、このような、行動をしている。

お金を得るなら、所得税のかからない、お金が欲しい。
それは、限られている。
想像に、任せる。

人様から、お金を貰い、するべき、活動ではないと、思っている。
私が、すべて、私の自由で、行う行為であって、欲しいのだ。

勿論、寄付しますという、人がいれば、頂かないということはない。
だが、こちらから、御願いすることではないと、思うのだ。

何故なら、これは、私の道楽なのである。
であるから、賞賛される行為でもない。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。