2010年06月24日

タイ・パタヤの影

ビエンチャンから、バンコクへ戻り、そこで、少し休んで、パタヤに行くことにした。

丁度、バンコク騒乱のさなかである。
地下鉄が、全線、停止していた。

コータの、語学学校も、休みになった。
それで、最初は、一人で、行く予定が、コータも、一緒に行くことになった。

近くのバス乗り場は、騒乱のせいで、封鎖である。

荷物を持って、タクシーの運転手に、パタヤ行きの、バス乗り場を尋ねる。
別のバス乗り場があると、言う。
コータは、不審に思うが、兎に角、そこに行ってみることにした。

パタヤでは、カンボジア流民の親子に、支援するためである。

長距離バス乗り場である。
タイ全土に、出掛けるバス乗り場を、はじめて、見た。
とても、大きい。

いつもなら、タクシーを使い、パタヤに行くが、バスが、断然安いということで、バスにした。
一人、135バーツである。
タクシーなら、1500バーツが、通常料金である。
それでも、少し賢くなった、私たちは、1000バーツで交渉する。
高速料金を含めて、1200バーツ程度になる。

だが、バス料金は、実に、安い。
地元の人たちが、乗るのである。

ところが、バスでは、二時間半がかかる。
それでも、安いバスに乗る。
急いで行くことも、ない。

バスからは、バンコク市内の至る所で、火の手が上がるのを、見た。
タクシン派が、市内で、火を点けているのだ。

何とも、異様な光景である。
現実感が無い。

バスは、高架道を走るので、見晴らしがいい。
そこで、見つけた場所がある。
子供たち、ストリートチルドレンが、暮らしている、場所である。

高架下の野原に、住んでいるのだ。
これは、覚えておこうと、思う。
次回、彼らを、訪ねて行くことにする。

バンコクを過ぎたので、眠ることにする。

気づいた時は、パタヤの郊外だった。

パタヤについては、何度も書いている。
タイ、最大の歓楽街である。
安全、安心な、歓楽街ということで、私の好きな街の一つである。

バスを降りて、タクシーで、いつもの、ホテルに向かう。
いつも、450バーツで、泊まることが、出来たが、今回は、繁忙期で、600バーツになっていた。

二泊する予定である。
そして、次の二泊は、南の方にある、ゲストハウスである。
有名な、ウォーキング・ストリート付近である。

要するに、カンボジア流民が、多くいる場所の近くである。

いつもの、ホテルだから、従業員とも、顔馴染みである。
更に、お客とも、顔馴染みの人がいる。

そして、昼ごはんを、食べるために、と、出掛けた。
久しぶりに、ビーフステーキを食べることにした。
勿論、安い店である。

二人で、その店に向かった。
それなりの、大きなビルに入っている店である。
ところが、閉店である。休みではない。閉鎖したのである。

入れ替わりが、激しい。
それでは、と、大きな通りに出て、中華料理の店に行く。
そこには、一度だけ、行くことにしている。
料金が高いからだ。

パタヤに滞在している、間の、一回のみである。

ただし、兎に角、料理の量が多い。

焼き飯を、案の定食べ切れなかった。
それを、タッパに入れてもらい、ホテルに戻る。

その通りを歩けば、必ず、物乞いなどがいる。
一人の、足の悪い女性がいた。

カンボジアと言うと、頷くので、焼き飯を渡した。
あなたの、友達は、どの辺にいるのと、尋ねた。
少し、英語が通じる。
両方にいるということ。
つまり、この通りを歩けば、彼らに会えるということだ。

私は、あとで、あなたにも、衣服を持って来ると、身振りで、言い、別れた。

大体、夕方から、夜にかけて、物乞いたちが、通りに出る。
また、ストリートチルドレンは、ビーチ沿いに多くいる。

今夜から、回ることにして、ホテルに戻った。

兎に角、暑いのである。
ペットボトルの水を、大量に買う。
五リットルのペットボトルの水を買い、それを、小さなボトルに、移しておく。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。