2010年06月20日

神仏は妄想である 279

再度、歴史的に、仏教の変化期を、俯瞰する。

仏陀が、教えを述べて、約1000年、つまり、五世紀以降の、インドでは、ヒンドゥー教優勢が、明らかになってきた。

原因は、仏教が知的水準の高い人々を、布教の対象にしたことで、都市型宗教となり、僧院中心の活動に、始終して、農村や、一般庶民への、浸透をはからなかったことである。

更に、異民族の、侵入と、東西の交易の退潮は、都市の衰微をもたらし、僧院の、支援者であった、商人たちも、没落してゆくのである。

仏教は、出家型の宗教であり、現世の問題に、遠い。

現世を、肯定的に、捉える、ヒンドゥー教とは、対照的だったのである。
現世の森羅万象は、そう思うだけである、という、仏教の見解は、空理空論と、みなされた。要するに、空の思想などである。

苛烈さを増す、現実を目の前に、打つ手が無いという、状態であった。

当然、次第に、人々の支持を失う。

それを見て、現実に対処しようと、大乗仏教が起こるが、それは、ヒンドゥー教に対抗するものでもあった。

他者救済、利他行による、解脱があると、大乗は、説いた。
世の中に、積極的に、働きかけるものである。

しかし、ヒンドゥー教から、多くの、儀式を取り入れて、堕落する。

更に、ヒンドゥー教が、まだ、手を出していない、領域に、入ろうとした。

儀礼と、共に、ヒンドゥーの人気ある、神々を、仏教に帰依するという形で、取り入れたのであるから、呆れる。

日本に、流れ着いた、仏教の、守護神たちは、すべて、インド魔界の、神々である。

諸天善神などとは、真っ赤な嘘。
諸天魔神である。

法華経などは、無反省に、それらを、取り入れて、守護の神々としている。
要するに、研究が足りないゆえに、法華経が、カースト外の人たちが、書いたものだと、知らない。

法華経の中にある、御伽噺は、すべて、インドの常識を知っていれば、見抜けるのである。
カースト外だから、書ける、お話が、沢山ある。

更に、法華経を支持する者には、沢山の褒美が与えられ、法華経をけなし、攻撃する者には、罰が与えられるという、とても、低能ぎみの、脅しが多い。

それで、お話であるから、どのように、解釈してもいい。
そこで、文底にあるものなどという、解釈が、出てきて、仏教とは、思えない、教えを堂々となすのである。
日本の、法華経系の新興宗教は、特に、その傾向である。

結局、大乗仏教も、頭でっかちになり、釈迦仏陀が、説いた、行というものとは、遠くなっていった。

そこで、行の中心を、ヨーガに置くことになる。

呼吸抑制やイメージ操作など、各種の身体的技法を駆使する瞑想法を抜きにして、仏教が求める理想の心身は成就できない。
正木晃
ということで、大乗仏教は、再度、ヨーガに取り組むことになる。

であるから、大乗仏教の中に、密教が、芽生えるのである。

五世紀以後の、インドのヨーガは、大転換を迎えていた。
性欲に代表される、生命エネルギーを抑制して、寂静たる、解脱の境地を目指すという、旧来の道から、生命エネルギーを、活性化させて、更に、そのエネルギーを純化することで、解脱に至ろうとする道である。

この、事態を受けて、仏教密教は、霊と肉との、関係の再構築を企画した。

それは、霊は、霊のみによっては、不可能であり、肉の変革が、霊の変革を可能にするという、結論である。

いかに、大乗仏教が、釈迦仏陀の、教えを歪めることになったのかは、おおよそ、この時点である。

儀礼主義、象徴主義、曼荼羅に結実した、壮大な神々の、パンテオン、そして、霊肉の関係から、生まれた、修行法である。

これらを、駆使して、究極の仏、大日如来と、我が身が、同一であると、認識するという、妄想である。

五世紀から、七世紀に、行われた、大乗の密教は、おおよそ、釈迦仏陀とは、関係なのない、教えに、成り果てた。

その証拠は、初期の、密教は、呪術による、現世利益が、主であった。
解脱という、妄想には、達していない。

解脱という、妄想に達したのは、六世紀以降である。

中期密教という。

この辺りの、密教が、日本密教に取り入れられた。
大日経と、金剛頂経である。
だが、密教経典としては、修行法が、十分に確立されていない。
空海は、それを持って、すべてだと、信じた。
そして、勝手な解釈、勝手な、修法をもって、真言密教を立てる。

ところが、密教は、後期になって、完成するのである。

金剛頂経の、路線が、生成発展してゆくことになる。

そして、ヒンドゥー教が、躊躇していた、性のタブーにも、果敢に挑んだのが、大乗仏教者である。勿論、釈迦仏陀の教えなどに、おかまいなく、である。
そこでは、壮大な性愛の、エネルギーの全開があり、とんでもない、代物となって、現れることになる。

性的エネルギーを持っての、呪術であり、涅槃の境地である。
人間の妄想力には、本当に、感服する。




posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。